« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月28日 (火)

コロナウィルスなんかに負けるな!

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりせん。まだまだ予断を許さない状況です。

兵庫県山岳連盟も活動の全てを休止しており、神戸登山研修所も3月2日から休館が続いております。このような状態がいつになったら収束の方向に向かうのか?

今は荒れ狂う嵐の中で耐えるビバークと思って下さい、闇夜でも必ず朝は訪れ明るい陽光が降り注いでくれます。

いつも私は言ってきました。

「自分を守る事が人を守る事になる」

強い意志でコロナウィルスとの闘いに勝利しよう。

Screenshot_20200424145431-003

緊急事態宣言が発令され外出自粛を要請される事態となりましたが、その数日前にNHK神戸放送局のスタッフと須磨アルプスへ収録に向かった事は前回のブログで紹介しました。4月20日それが放送されました。本来なら13日が放送予定日だったのですがコロナウィルス関連のニュースで延期となっていたのです。

 Screenshot_20200424145601-005

Screenshot_20200424145920-003Screenshot_20200424145847-003

この番組は平日の18:30からNHK総合で流されている「Live Love兵庫」の新コーナーとなった「兵庫山歩道」です。

兵庫県内の山々を紹介して行こうという新企画です。

その第一回が「須磨名水の森から須磨アルプスを歩く」だったのです。

しかし、このような時期に「山登り」を番組として放送して良いものかどうかNHK内部でも判断に迷ったそうです。

広阪アナの、

「こんな時だからこそ清々しい心和む映像を送りたい」

この思いで放送されたんですね。

気になる視聴者からの反応ですが、批判的なものは一切無く、コロナウィルス関連のニュースばかりで暗い気持ちの中、清々しい楽しい内容で良かったと好評で次回も期待しているとの意見も寄せられたそうです。

しかし一方では、

・日本山岳・スポーツクライミング協会

・日本勤労者山岳山岳連盟

・日本ガイド協会

・日本山岳会

の4団体が連名で登山行為を自粛するよう登山スポーツ愛好者に向けて発信しました。

この時期、遭難事故が発生すると関係機関そして医療関係にも大きな負担となる、そういったリスクを回避する意味合いもあっての声明なのです。

Kimg0099-002

特にこのようなクライミングはリスクの大きな山岳スポーツです。

コロナウィルスの終息が見られるまで我慢してくださいね。

しばらく岩場へ行くことも出来なくなりました。我慢、我慢です。

 

Kimg0096-002

環境省からの委嘱を受け、何年か続けてきた「自然公園指導員」を引退しました。

ある日、こんな感謝状が郵送されてきました。

人様から感謝されたり表彰されたり私の人生には縁がありません。

酒飲みで女癖も悪く気が短くて暴れたし、登山と出会わなければただの駄目人間でしたわ。

昔の私を知る人は大笑いするやろなぁ。

「お前にこれは似合わんわ!」

 

 

2020年4月 8日 (水)

「兵庫労山」に掲載された記事

やけに外が明るいので窓を開けてみた。

「オオッ!綺麗やな!」

月光に満開の桜が浮かび上がっていました。

そうです、今夜はスーパームーンでした。

夫婦でしばらくこの夜桜を眺めておりました。

Kimg0094-3

昨年秋の事でした、勤労者山岳連盟兵庫県連の最大組織である会員800名を有する「明昭山の会」の原水名誉会長より色々と聞きたい事があるので会いたいと連絡があった。

そして機関紙「兵庫労山」の蟹澤編集長とお二人で神戸登山研修所にお越しになられました。

原水名誉会長は私が所属したクラブ雲峰元会長で創立者でもある松田大先輩の山仲間です、私のサークルHMA構想にもご理解と賛同を頂き背中を押して頂きました。私が尊敬する数少ない岳人のお一人である。

Img_0001_20200407140701

Img_20200407140701

後日、「兵庫労山」3~4月号が届けられました。一読して恥ずかしくなりました。こんな事を話したかな?格好よく書き過ぎですね。

労山、岳連の組織を越えて目指すべき方向は基本的には一緒です。共に安全登山を啓発し、次世代を担う新たな指導者を育成し、登山界発展の一助となれば嬉しいですね。

2020年4月 5日 (日)

テレビの収録にお付き合い

兵庫県山岳連盟が主催するサークルHMAにNHK神戸放送局の広阪アナウンサーも所属されています。

彼から番組として取り上げたいので市街地近くで意外と世間に知られてなくて、初心者でも簡単に歩け、そして見どころ満載、こんなハイキングコースは有りませんかと相談を持ち掛けられた

P4020019-2

なかなか難しい注文です。正直なところ私はハイキングコースや野に咲く草花に関しては詳しくないのです。クライミングエリアや沢なら相談に乗れるのですがね。

色々と考えてみて数少ない知識の中から「須磨名水の森」から横尾山を経て須磨アルプスの「馬の背」を越え板宿八幡神社までのルートはどうだろうかと提案してみました。

P4020021-3

4月2日10:00 レポーターを務める広阪さん、ディレクターの吉田さん、カメラマン、音声、私を含め総勢6名が集まり収録スタートです。

この辺りは苔が美しい緑の回廊、この風景もカメラに収まりました。

P4020024-3

この貯水池は須磨離宮の水源となっているので「天皇の池」と呼ばれています。エメラルドグリーンの澄み切った水面に樹木が映り神秘的な池です。ここも収録されました。

Photo417-3

「天皇の池」を少し遡った上流にある砂防堰堤から伏流水が染み出しています。この水が「須磨の名水」です。ここも今回の収録対象です。

157121540246265401793-4

この「須磨の名水」は地元の方達が守っておられます。六甲山系では唯一そのまま飲む事が出来る天然水でしょう。

我が家でも何度かこの水を汲んで帰り家内は珈琲を私は紅茶に使いましたが旨いですね。

P4020025-3

離宮造営の大正期に上流からの土砂流入や濁流を迂回させ貯水池(天皇の池)を守るために造られた隧道です。内部にもカメラが入りました。

Cimg03121-2

この谷から良質の水が湧き出していたのが離宮選定を決定づけたそうです

P4020026-2

須磨名水の森を抜け、横尾山山頂に到着です。ここでは番組のコーナー「今日の散歩飯」収録が行われています。

「食レポ」はさすがに広阪アナはプロですねえ、感心して見とれてしまいました。

P4020028-2

横尾山を下り「馬の背」を通過します。ここもバッチリ撮影しています。

六甲全山縦走路に出れば歩いてきた「須磨名水の森」と打って変わって多くの登山者に出会いました。

P4020029-2

ヤブ椿の群生があり花の絨毯になっていました。これも収録されました。

P4020030-3_20200403101101

ゴールは板宿八幡神社です。満開のコバノミツバツツジや野イチゴの花も撮影してます。

放映は4月13日(月)18:30からです。「Live Love兵庫」の中で流されます。

丸一日をかけて収録しましたからどんな仕上がりなのか楽しみですね。

 

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック