« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月21日 (火)

暖冬!冬が来ないで春かいな?

暖かい冬ですね、雪も降らなければ氷も張らない。これは異常気象だと誰もが言います。病んだ地球はこの先どうなるんですか?人類は自ら滅びの道を突き進んで行くしかないでしょうかね。

私は2007年にカラコルムに入りましたが温暖化の影響で氷河が崩壊して進路を阻まれ遠征目的を達成することが出来なかった。2018年に行なった高ちゃん達のヒマラヤ遠征隊も同じ憂き目に合いました。山の世界にも温暖化の危機は迫っています。

今冬に企画されていた雪山に関する講習会は全て雪不足で中止となりました。

P1180028-2

六甲山ビジターセンターから「冬の六甲を歩く、氷瀑を見よう」というイベントがあるので協力して下さいとの申し入れがありました。大勢の希望者の中から抽選で選ばれた35名の方が参加されると聞きました。裏六甲の谷筋や登山道はかなり荒れているので安易にお受けしてブッツケ本番での案内は出来ません。

「現場の状況を予定してるルートを辿ってチェックしよか」

昨年のイベント講師は私が担当しました。今回は同じ兵庫県山岳連盟の市川技術遭対委員、大西事務局長にお願いしました。このメンバーと私で下見に出掛けたのです。

ガーデンテラスから極楽茶屋跡への下りに少し雪が残ってました。

P1180031

紅葉谷道から百間滝へのルートをチェックしています。ここは途中の斜面が大崩壊しており通行不能となっております。

P1180032-2

崩壊地点を大きく迂回するルートが出来ていましたが傾斜が急で踏み跡には落ち葉などが積もり足元が不安定に滑ります。山慣れしていない方には厳しいと思われます。

P1180034-2

続いて七曲滝へアプローチします。ここの下降やトラバースもかなり悪いです。

「ここは落ちたら怪我では済まんぞ!」

古びた弱々しいフィックスがあるのですが新たにロープをセットする必要がある。

イベントに参加される35名の方に加え、スタッフ5名と私達4名の大部隊がこの狭い危険なエリアを登下降をするとなれば時間が掛かるし緊張するなぁ。

P1180036-2

七曲滝付近はこのような状況です。雪も無ければ氷など欠片も有りません。

「これはアカンぞ!見る価値は無いね」

見事な氷瀑が見れるのであればまだしも、リスクを冒してまで来る事は無い、一致した意見でした。

「この狭い場所に50人も来たら足の踏み場も無いよな?」

P1180041

次に百間滝、似位ノ滝へ下流からアプローチしてます。

今冬は氷瀑巡りと云うより沢登り谷歩きですね。

今回の下見の結果を踏まえ県民センターへは写真に我々の意見を添えて報告をしております。

六甲有馬ロープウェイの有馬温泉駅から先の登山道が大崩壊を起こし通行止めとなり魚屋道へ迂回するようになっております。

道の復旧工事が始まっていると聞いたので工事現場事務所に寄ってみました。監督は丁寧に対応して下さり工事の進捗状況を教えてくれました。重機で崩落した膨大な量の岩石除去も終盤を迎え、崩壊した法面に落石防止ネットの設置を進めている段階でした。今年8月の開通を目途に工事は行われているそうです。これが開通すれば紅葉谷道は1時間は短縮されるね。

工事事務所より

「現場は重機がフル稼働しており法面工事も行っておりますので登山者の方はくれぐれも工事現場に立ち入らないようにお願いします」

工事が終了するまで迂回路をお願いします。

有馬温泉で地ビールを飲んで、この日の下見山行は終わりました。

「お疲れ様でした。本番も宜しくお願いしますね」

Kimg0612-002

裏六甲の下見登山の翌日です。この日はサークルHMAの1月定例会が表六甲の杣谷を登りダイアモンドポイントから地獄谷西尾根を下るコースで行われています。

昼頃には三国池辺りで昼食を摂ると聞いていたので彼等とは逆コースで西尾根を上がり合流して往路を戻る事にしました。今日は孫娘?のアンを連れての登山です。

須磨アルプスで鍛えているジャックラッセルテリアのアンは地獄谷西尾根を快調に駆け上って行きます。猟犬の血なんでしょうね鳥か猪かの気配を察して片足を上げてポイントしてます。

「爺ちゃん!ほら、獲物が近くに居るよ」

私も昔は狩猟免許を持っていましたから猟犬の動きで分かります。

Kimg0613-002_20200120211201

2日続けての六甲登山ですから高齢者の私には少し応えますね。昨日の歩数計は21000歩を越えてました、今日もそれ位は歩くだろう。

何度も下った事のある地獄谷西尾根ですが、いざ登ってみると思ったより厳しかったですね。ダイアモンドポイントに駆け上がったアンが上から目線で見ております。

「爺さん、遅いなぁ!もう歳には勝てんのか?」

 

Kimg0615-002_20200120211301

三国池で合流しダイアモンドポイントに戻りました。

アンはHMAのメンバーに愛想を振り撒いて食い物をせしめてご機嫌です。

「さぁ、下りましょうか」

この日も歩けば汗が流れるそんな一日でした。時折吹く北風が心地良い。

「冬が無くて春が来てますわ」

須磨の海苔養殖も水温が高くて色付きが思わしくないのだと須磨山上遊園の職員が言ってた事を思い出した。

 

 

 

2020年1月 7日 (火)

須磨名水の森(さよなら蛙の公園)

須磨名水の森にある鎮座ノ滝の洞に祀られている不動尊と役の行者像にお参りするのが私の元旦に行う初詣であり初登山となってます。

Kimg0587-002_20200106182201

須磨離宮公園の東面にある水野町を流れる天井川の上流が「須磨名水の森」です。

今日のお供はアンですが、こいつの水遊び好きには閉口します。呼んでも川から上りません。

Kimg0574-002_20200106182801

この立入禁止表示を越えて上流に向かいますが、登山道の状況確認や点検も私の仕事なのでそれも兼ねての初登山です。調査結果は年度末には環境省に報告書を送ります。

Kimg0575-002_20200106183201

の橋も傷んでいます。何とか私の体重は支えてくれそうやね。アンは立ち止まって、

「オジン!先に渡ってくれ!」

Kimg0576-002_20200106183501

この谷を抜ければ須磨アルプスの馬の背コルに出ます。ここも年々崩壊が進んでいますね。

Kimg0580-002_20200106183701

横尾山を越えて栂尾山手前から南斜面を下ります。落ち葉を踏みしめて下流へ進めば「天皇の池」に出ます。理解不明な隧道がありますわ。

Kimg0586-002_20200106184301

Kimg0584-002_20200106184401

須磨離宮の水源なので「天皇池」と昔から呼ばれています。小さな池ですが澄み切って底まで見える本当に綺麗な水です。誰が放流したのか数匹のブラックバスが悠然と泳いでおりました。何年も前からこの辺りの湧水を汲んで持ち帰り紅茶を入れてましたが確かに良い水です。「須磨名水の森」その通りです。一度ご賞味あれ!

1577625599370-002_20200107223201

1577625564541-002_20200107223201

これは天井川の下流にある公園です。阪神高速道路の月見山インター手前の高架下に有るのですが我が家では「蛙の公園」と呼んでいました。子供達が幼かった頃の遊び場でした。高架下なので雨でも遊べたのです。子供達も大好きな公園でした。この蛙さんも傷みが激しく、近々に撤去されると報道されたので最期の姿を見ておこうと孫を連れて出掛けました。

孫娘が蛙を登る姿が昔とオーバーラップして時の流れを実感しましたね。

「長い間ご苦労様でした。そして有難う御座いました」

こうして、また一つの思い出が消えて行きました。

2020年1月 4日 (土)

明けましておめでとうございます。(新春懇談会を開催する)

令和2年、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

Kimg0558-3_20200107220901   

私が所長を務める神戸登山研修所は築50年を迎えます。年明けの会合を睨み思い切って事務所を改修する事にしました。長年に亘り事務所内は喫煙OKでしたので壁や棚、机、調度品はヤニで変色しています、特に壁は亀裂や塗装の剥がれが目立ちます。

Kimg0594-002

正面の壁には事務所スペースにはアンバランスな森川豊三画伯のカンチェンジュンガを描いた100号の油絵が掛っておりました。良い絵なんですが大き過ぎます。

Kimg0595-002

Kimg0596-002

Kimg0597-002

絵画は長年にわたり悪条件(温度差、乾燥、タバコ)の中で掛けられていたためか画面には亀裂や剥離が出始めています。額装もかなり痛んでいる事も判明しました。結局、絵を守るため壁から取り外し梱包保存する事にしたのです。

替りに「厳冬の大喰岳」を撮った青谷氏の作品を掛け、棚に並んでいた表彰状や感謝状など古の遺物?は書庫へ移しました。壁はミルキーホワイトに塗り替え、カーテンも防炎処理された白い物に変えたのです。全体的に明るくスッキリした事務所となりました。

Kimg0567-004_20200107220801    

1月5日は加盟団体会長も出席する新春懇談会が行われ兵庫県山岳連盟の理事会も開かれます。昨年末の理事会で

「薄汚れた事務所の改修を1月5日までに完了させますわ!」

どうも私の悪い癖、勢いでつい口に出してしまうんですね。

口に出した以上はやるしかない!延べ5日間をかけて剥がれたリノリウムの床補修と壁の全面塗装を完了させましたが、さすがに疲れました。

Kimg0560-3_20200104141101

階段に掛けていた写真を事務所に移したので、そこに私の部屋にあった阿部先輩の作品である「厳冬の富士」とK2、ムスタグタワーの写真も掛けました。

これでロビーと事務所の塗り替えは終わりました。次は愈々ロビーから続く階段やミーティングルームの壁面塗装に掛かる事となりますが、果たして工事にはどれだけの時間が必要なのか私の任期中に完成させられるか?工事費用はどれ位か?取り掛かる前に慎重に考えてみます。

Kimg0600-002

1月5日(日)は新春懇談会です。以前は加盟山岳会会長が一堂に会して兵庫県山岳連盟と意見交換する「加盟団体会長会」として開催されていたんです。

Kimg0601-003

兵庫県山岳連盟の仲間内の新年宴会ですから良い雰囲気で楽しい一時でした。

懇談会を終えて事務所で飲みながら話し込んでしまったんですが気が付けば時計は04:00を指してました。どのみち翌日は県との打ち合わせもある事だし、そのまま事務所でゴロ寝しました。

「電話するの忘れてた!帰ったら嫁さんに怒られるやろなぁ」

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック