« クライミング講習会2019 | トップページ | 雪彦山合同救助訓練 »

2019年9月16日 (月)

龍王岳東尾根2019

2019年9月7日(土)サークルHMAのクライミング合宿を開きました。

場所は立山連峰の龍王岳(2872m)東尾根です。多くの登山者が訪れる立山三山の一角に峨々たる山容で聳えているのに登る人も少ないマイナーな山。昨年度もここでアルパインクライミングの実地訓練を行なっています。ここでの合宿はサークルHMAの毎年恒例行事のようになりました。

P9070190002

今年の参加メンバーは5名です。今回も私と中西がサポートで同行します。7月の天候不順で計画が延び延びとなってましたが必要なトレーニングを重ね、この日を迎えてます。

さて練習の成果や如何に?見せて頂きましょうか!

1567996575884001_20190916114801

一ノ越から黒部側へ下降して取り付き点に向います。下に見える池は雪渓からの融水です。

私はこの池を「熊の水場」と呼んでいます。数年前に水場の横に見える岩陰で寝ていて熊に近距離遭遇しました。

1567995327382001

一ノ越山荘のNさんに聞いたのですが今年も熊がこの辺りまで上がってきているそうです。確かに尾根上には熊の糞が!長い登山人生で幾度も熊に出食わしていますが襲われたり威嚇されたことはありませんでした。最近の奴は人間を恐れなくなったようやね。

「居るよ!とにかく今夜のビバークは要注意やで!」

P9070191002

サークルHMAのメンバーにとって龍王岳はアルパインクライマーを目指す通過点なんです。この尾根でルートの取り方やナチュプロのセッティングを学びます。

背中にはビバーク装備一式に水、食料が加わり10kgを超えるザックがある。このハンデを背負って今日一日、頑張ってもらいましょう。

1567993526913-2001

「荷物が大きくて振られます!バランスが崩れる!」

重いザックを背負って登る、これも厳しいですが練習なんです。多くの経験を積んで強くなる。

1567993559584-2001

不安定に積み重なった浮石を騙しながら登る事も学んでます。この日、取付いた時間は11時30分でした。想定登攀時間は3パーティーなので4時間位とみています。

1567993581074-2001

この日の天気は申し分のない絶好の晴れ!贅沢ですが暑すぎる。アルプスの名立たる峰々が一望できる贅沢な登山です。面白い形の岩が微妙なバランスで重なった自然のオブジェです。右の岩を「椅子岩」と私は呼んでます。

1567993657082001

最初の緊張も何処へやら、余裕でクライミングを楽しんでますね。

Rimg5159001

16:00山頂に到着です。「やれやれ、終わったぁ!」

こうして今年も5名のメンバーがクライマーとしてのスタートラインに立ちました。そのお手伝いをするのが私の職務であり兵庫県山岳連盟(神戸登山研修所)の使命でもあります。

1567993492731-2001

遠く加賀の白山、そして富山湾に広がる素晴らしい夕焼けが見られました。

今夜は浄土山の隅っこでツェルトを被って眠ります。

P9080204001

P9080202002

翌日も素晴らしい好天気です。台風の影響も少し風が強い程度で問題なし。

メンバー5名は雄山、大汝、富士ノ折立、真砂と縦走して室堂へ。

安全に合宿が終わり、緊張から解き放たれドッと疲れが出て室堂のターミナルでメンバーが下山して来るまで爆睡でした。

 

« クライミング講習会2019 | トップページ | 雪彦山合同救助訓練 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クライミング講習会2019 | トップページ | 雪彦山合同救助訓練 »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック