« お天気に振り回された7月 | トップページ | 口の深谷(比良山系) »

2019年7月31日 (水)

八池谷(八淵の滝)へ、

普及委員会の沢登り講習会も今年はお天気に振り回されております。事前講習として保塁岩での基礎練習は終えたのですが本番とした播州万ヶ谷、比良山系の明王谷が台風や大雨で計画は頓挫してしまいました。最後に残ったのが滋賀高島にある八池谷(八淵の滝)です。実施直前まで谷の水量に関して情報を集め何とか講習会を開催出来ると委員会メンバーの判断が下りました。

メイン講師を務める金谷君からサポート参加の依頼が来ました。

「行くよ!手伝います!」

P7280138001

この日、講習に参加下さったのは5名でした。そして講師を務めたのは神戸山岳会の金谷君、岡田君 クラブ雲峰からは市川君と沢登りのスペシャリストが揃いました。

私は最後尾から頼もしい後輩?達の働きを楽しく拝見させてもらいます。

「サア、日本の滝百選に入ってる茗溪を堪能しましょうや!」

1564354825480

やはり大雨の影響は残っています。水量が多くて今日は滝の突破に苦労しそうです。

ガリバー村から入渓点までのアプローチで火照った体に渓流の冷たさが心地良いですね。

P7280139001

入渓点からはこんな小滝が次々に現れてきます。

雨の影響でしょう少し水も濁りが出てました。

P7280140001

「魚止め滝」を登っています。激しい水の圧力に耐えながら頑張る講習生の皆さん、

眼鏡は飛沫で見えなくなり耳にまで水が入ります。頑張れ!

 P7280143001_20190730161101

「大摺鉢」に着きました。背後は天然のプールと滑滝です。滝から叩き落とされても泳げたら大丈夫ですわ。

1564354796730

「屏風滝」です。奥に向って連瀑となって繋がっていますが水量が多くて突破できそうにありません。右岸から高巻きしました。

P7280146001

八池谷の盟主「貴船の滝」にやってきました。

「立派な滝やね、ここまで飛沫が飛んでくるわ」

1564354840107

滝にアプローチしています。瀑風が凄くて迫力満点です。

P7280149001

滝壺からの風は天然クーラーです。皆の声が聞こえない!

先程までの「暑い、暑い!」が「寒い、寒い!」に変わりました。

Photo_20190731110001

貴船の滝を巻くルート上に良い場所がありました。ここでロープをフィックスしてフリクションヒッチでのセルフの取り方を実践して頂きました。覚えて欲しい技術の一つです。

時間的にもこの辺りから戻るのが良いだろうとの結論で本日の沢登り講習会は無事に終わりました。

何十年振りに訪れた八渕の滝でしたが新鮮な喜びを味わいました。比良の谷は全て登っていますが楽しい所ですね。夏は沢に限る!やね。

 

 

 

 

« お天気に振り回された7月 | トップページ | 口の深谷(比良山系) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お天気に振り回された7月 | トップページ | 口の深谷(比良山系) »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック