« NHKで友光さんを語る。 | トップページ | 壮行会 »

2018年7月19日 (木)

サークルHMAクライミング合宿(龍王岳)

早いもので兵庫県山岳連盟が主導して活動するサークルHMAも創立から4年目を迎えた。

サークルHMAにはクライミング分科会があります。ハードなフリークライミングやアルパインクライミングと分科会のメンバーは日々練習を重ねています。

また技術遭対委員会のレスキュー講習で緊急時の対応やツェルトビバーク技術も学んだ。

日々積み重ねた努力に報いるため本チャンデビュー戦を行なおう、そう決めました。

サークルHMAにとって初となるアルプスクライミング合宿です。

P7140041001_2

合宿場所を何処にするか検討を重ねました。そして目指したのは立山連峰に聳える龍王岳(2872m)東尾根です。雄山の隣りに位置していますが訪れる登山者は少なく静かなエリアです。その東尾根はゴジラの背中みたいにギザギザの岩肌が険しい表情を見せています。

室堂登山指導所や出会ったプロガイドから「マニアックな山域を登るんですね」と言われた。そんな山に私はこれで3度目の登山です。

 「あれを登るんですか?」

「そうや、あのギザギザ尾根や壁を登るんやでぇ」

 期待と緊張の面持ちで参加メンバーは龍王岳を眺めていました。

 7月14日クライミング本番デビュー戦開始!下界の猛暑を忘れる別天地が広がっています。

 室堂~一の越~御山谷下降~龍王岳東尾根~一の越~室堂

 これが今回の計画です。

40_large

今回の合宿はクライミングだけではありません。テントは使わず、シュラフも無し、ライトダウンの上下とシュラフカバーでビバークを体験するのです。夜中から明け方に掛けては夏と云えどもかなりの冷え込みとなります。

 「寒い、寒い、寝られへん!」

 「朝になったら太陽の暖かさを実感するよ、眠るなんて贅沢は考えずに耐えるんや!」

78_large

標高2700m付近、満天の星空を眺め、モルゲンロートに染まる山々を眺め、贅沢な一夜が明けた。

 夜の道を走り、そしてビバーク、睡眠不足だとボヤキも出る。

「よう頑張った!一日や二日位眠んでも死なへん、登り出したらアドレナリン大放出で嫌でも眼が覚めるわ」

 朝日が冷えた岩肌を温め出した06:00に登攀開始となりました。私とトっちゃんはオブザーバーとして最後尾から登ってます。

 予定では3パーティー(7名)なので登攀時間は6時間は必要だと考えています。12:00頃には山頂に抜けたい。

P7150045001

申し分無いクライミング日和に連日の睡眠不足も吹っ飛び全員テンションマックスです。

29_large001

支点の構築も練習の成果が出ています。露岩、岩角、ハイ松、クラックにカムと手際良くセットして登って行く、

「支点構築練習しておいて良かったです。本番で実際にやってみて、なぜ必要なのか、その意味が理解出来ました」

練習に無駄と云う言葉は無い、出来たことが自信となり前に進める。


P7150046001

抜けるようなコバルトブルーの空に向って高度を上げて行く。そこには逞しいクライマーに成長してくれた頼もしいメンバーの姿がある。


Photo_2

これを越えれば龍王岳の頂上部に出る。この東尾根にはこれが正解と云うルートはありません。何処でも登れるし、ルート選択に依って難易度は上がる。残置支点は皆無、全てナチュラルプロテクションとなります。リードクライマーの判断でルートを探り出して行くそんな楽しさがある龍王岳東尾根です。

P7150050001

3峰のファイナルピッチをリードするヤスコさん、大濱君は右の凹角を攻めています。私とトっちゃんは後方から目を細めて彼らの動きを見守っていました。


P7150053001

マチコちゃんも終了点に上がってきました。生れて初めて登る北アルプスが龍王岳東尾根です。

「贅沢なアルプスデビューやで!」

Photo

予定の6時間を少しオーバーしたが無事に全員が登頂を果たした。

メンバーはフル装備を背負い長時間のクライミングに耐えて頑張った。握手ハイタッチでお互いの健闘を称え合う姿には仲間としての強い絆が芽生えていた。

35_large

初めてとなる「兵庫県山岳連盟サークルHMAクライミング合宿」を無事に終える事が出来た。

「トっちゃん、協力してくれて有難う、いつも無理を聞いてくれてすまんのう」

サークルHMAを立ち上げて4年目となる。私の心の中に過ぎ去った時、出会った多くの方々、やっとここまで辿り着いたとの喜びや安堵感、言い知れぬ感動が駆け巡った。

ドッと疲れが出て山頂にヘタリ込んだ。

何か「おめでとう」「有難う」とか優しい声を掛けてやりたかったが涙が出そうで言葉を飲み込んだ。

泣いたら、

「代表、何を泣いてるんですか?」

このデリカシーの無い天然の連中に笑われそうだ。

« NHKで友光さんを語る。 | トップページ | 壮行会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773294/73884048

この記事へのトラックバック一覧です: サークルHMAクライミング合宿(龍王岳):

« NHKで友光さんを語る。 | トップページ | 壮行会 »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック