« 登山を諦めて観光旅行へ | トップページ | 渓流シューズを買い替える »

2018年5月14日 (月)

サークルHMAのクライミング分科会 (翌日は徳川道を歩く)

兵庫県山岳連盟が主催するサークルHMAにはクライミングに特化した分科会が設けられています。毎月の定例会とは別にゲレンデや研修所でクライミング技術を学んでいます。

Dscn5176001

この日は女性メンバー4名です。中西HMA特別顧問の指導にも熱が入っていましたね。

「お爺さん!美女軍団に囲まれて目尻が下がってますよ」

Dscn5225001
5月12日は豪華コーチ陣?が揃いました。7月にはサークルHMAクライミング分科会として初めて立山連峰龍王岳東尾根でのクライミング合宿が行われます。私とトっちゃんはサポートで参加します。登攀予定者はそれに向けてのトレーニングが続きます。ナチュラルプロテクションや自然物を使った支点の構築、フォローのビレイ、ユマーリング、そしてビバークもあります。 まだまだやる事はたくさんあるんです。

P5130075001

兵庫県山岳連盟創立70周年記念行事の一環として行われているのが徳川道を3回に分けて歩くと云う催しです。

1回は阪神石屋川~杣谷~森林植物園

第2回は森林植物園~白川~総合運動公園

第3回は総合運動公園~高塚山~大蔵谷

となっています。

トレーニングを兼ねて5月13日(日)に行われた第2回に参加させて頂きました。前日のクライミング分科会は絶好のクライミング日和でした。しかし今日は打って変わって朝から雨が降ってます。この時期の雨はそんなに気にしません、歩くには炎天下より好条件です。

 スタート地点の森林植物園にAM10:00集合となっています。09:20発の三ノ宮から1時間1本の市バスに乗りましたがその頃から雨足が強くなってきました。開催が危ぶまれる程の雨になっています。第1回目はお天気に恵まれ60名を超える参加者でした。今回は降水確率60%以上の場合は中止するとしていました。それでも熱心な参加者15名が集まって下さっています。

P5130077001P5130078001

現地ではこのイベントを推進してきた吉野、田中両理事が開催か中止かの判断を下します。そして結論は決行です。しかし状況が今以上に悪化した時点で打ち切るとされました。

徳川道とは正式名を「西国往還付替道」と言うそうです。慶応3年(1867)~明治元年(1868)に造られた西国街道バイパスです。横浜での生麦事件発生を受け兵庫開港で神戸の居留地でも起こりうる外国人トラブルを避ける目的で明石から居留地を大きく迂回し摩耶山杣谷峠を越え現在の東灘区石屋川に抜ける道を開いたのです。しかし徳川幕府は崩壊してしまい時代は明治の御代となります。「西国往還付替道」はその使用目的を果たさぬまま歴史の流れの中に何時しか消えてしまいました。これが「幻の徳川道」と呼ばれる所以です。

苦労して道を開き外国人とのトラブルを避けようしたのに戊申戦争に出兵する備前藩士とフランス水兵が今の三ノ宮神社付近で衝突し銃火を交えています(神戸事件)、なぜ完成していた「西国往還付替道」を通らず従来の「西国街道」を通ったのかは知りませんが皮肉な事ですね。この事件では全責任を負って備前藩士滝善三郎が兵庫区の永福寺でフランス公使や政府役人の立ち会いの元、割腹して果てています。武士らしく作法に則った見事な最期だったそうです。彼もラストサムライの一人だったんですね。

P5130079001
今は宅地開発や道路整備で旧徳川道を完成当時のまま辿る事は出来なくなっています。両理事は古地図や予備調査等で残された「幻の徳川道」を見い出しています。ポイントとなる場所では田中、吉野理事から説明が行われ僅かながらも往時を偲ぶ事が出来ました。

 古い道標も残っているのです。「左まや山、右たいし道」?

P5130080001

森林植物園をスタートして2時間、雨足は増々強くなり雷鳴が轟く最悪の天候になった。今回の行程15kmの3分の1近く鈴蘭台南公園まで来ていました。ここで今回は中断との決定です。解散となり鈴蘭台西口駅に向い電車で帰る人、しあわせの村まで歩きバスで帰る人と別れていきます。

P5130081001
徳川道を知らない私は仕方ないので神戸駅まで歩く事にしました。誰にも出会わず静かでしたが道は全て冠水して山を下るまでは川床を歩いているようでしたね。

激しい雨で川は激流の様相となり妙号岩も煙っています。こんな深山幽谷を思わす景色も良いものです。
P5130082001

石井ダムの階段は渓流の様に雨水が流れていました。雨具をシッカリと着込んで黙々と歩き新開地に抜けました。頭の中は、

「串カツ、ビール、串カツ、ビール!」です。

 この日、「新開地音楽祭」が開かれアチコチでミニコンサートが開かれ賑わっていました。串カツで一杯やるつもりで下ってきたのですが雨具を通してかなり濡れてグッショリなんで帰路を急ぎます。路上ライブの演奏を聞いたバンドのサウンドがとても気に入ったのでCDを買ってしまいました。串カツがCDに化けてしまったね。

「帰って風呂に入ってCD聞きながらビールを飲もう!」

ゴアテックスの雨具も洗って新たに防水処理をしないと駄目なようです。かなり撥水力が落ちてる感じです。今日の雨にはゴアテックスもお手上げだった。

« 登山を諦めて観光旅行へ | トップページ | 渓流シューズを買い替える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773294/73476648

この記事へのトラックバック一覧です: サークルHMAのクライミング分科会 (翌日は徳川道を歩く):

« 登山を諦めて観光旅行へ | トップページ | 渓流シューズを買い替える »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック