« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年1月

2018年1月 8日 (月)

神戸登山研修所(兵庫県山岳連盟)のお化粧直し。

Dscn5093_3

兵庫県山岳連盟が活動拠点としている神戸登山研修所も築50年を迎えようとしています。

 この研修所が竣工した1970年時、私は23歳でした。その頃、私の月給は3万円弱?位でした。そこから会館建設にクラブを通じて半強制的なカンパで数千円を出したのですから大きな出費です。当時の兵庫県山岳連盟の会長は宮崎辰雄神戸市長でした。我々のカンパ等の資金ではとてもこれだけの施設は建設出来なかったのですが、会長が現役神戸市長だったと云うことも大きかったのでしょうね。さすがに「株式会社神戸市」と言われただけの威力です。巨額の建設費用を調達し全国屈指か全国初の登山研修所が完成したんです。

落成式が盛大に行われましたが兵庫県山岳連盟内では若輩者の下っ端だった私は前夜から泊まり込みで準備に追われ当日は確か駐車場の案内係の裏方仕事でウロウロしていたと記憶しております。ですから式典には出席も出来ず落成記念の集合写真には私の姿はありません。

私の人生はいつも下っ端で裏方です。陽の当らない暗い日蔭の道を今も歩んでおります。 

完成した「神戸登山研修所」は兵庫県山岳連盟が神戸市に寄贈し、市が連盟に運営管理を委託する形となり年間維持管理費も潤沢に送り込まれたのですが、そんな蜜月時期は長く続きませんでしたね。

Dscn5035

そんな我々、神戸の山屋の思いが詰まった「神戸登山研修所」も最近は老朽化が目立ってきました。
何故か建物の南面と北面は窓枠もアルミ枠に替えられ外壁塗装も行われているのに肝心の正面玄関側だけが薄汚れ壁にはクラックも入っていて貧相な姿を晒したままです。

「改修工事するなら正面側が優先やろに、何でここだけを残すんやろ?」

今年は兵庫県山岳連盟創立70周年なんです。記念式典や祝宴も開かれ多くの来賓や来館者を迎えます。

Dscn5059
それまでに何とかしたい、館内照明を全てLED照明に替え、ロビーの読書談話コーナーのテーブルやイスもカラフルで洒落たデザインの物に入れ替えられました。そうなると益々、外壁の汚れや傷みが目立ってきました。

Dscn5060
阪神淡路大震災でも大きな損傷も受けず被災直後からサブグランドをヘリポートとし、研修所は自衛隊救援部隊の前線本部に提供され大きな働きをしました。

さすがに宮崎元市長が強い意気込みで建設したものだけに最近点検した一級建築士も感心する耐震強度を今も見せています。そんな頑丈な建物も細部をチェックして回ると傷みが出ています、損傷個所を見つけては樹脂をクラックに注入しモルタルと防水ペイントで小まめに補修して回りました。

そこで思い切って研修所の周辺にも手を加える事にしたのです。昔の様な補助金も無く、厳しいお財布事情なので工事に大金を支出する事は出来ません。頼りになるのはボランティアの力です。やれる所までは一人でやってみよう、そうすれば誰かが助けてくれるだろう。

神戸登山研修所のヒマラヤ杉を伐採する。 ← クリック

そして正面外壁の補修と塗装に取り掛かる事にしたのですが、これが思ったより大変な作業でした。

脚立に乗り、ロープを張りセルフビレイで壁にブラ下がりローラーと刷毛で手塗りするコツコツと地道な作業が続きました。

Dscn5036Dscn5037
約半分の塗装を終えましたがここからは一人では出来ない高所作業となります。屋上からスタティックロープを下し、2階会議室の各窓から梁に打ち込んだアンカーボルトにロープを引き込んで固定します。前後2台のユマールでセルフを取り安全を確保しての塗装作業です。足場も組まずロープを使っての高所作業はクライマーだからこそ出来る職人技?ですね。

こうなるとトっちゃんに頼むしかありません。

「トっちゃん、頼むわ!研修所の外壁塗装工事やるねん、手伝ってくれるか?」

やはり長年の友は有り難いです。

快く引き受けてくれました。

Dscn5038
夕方が近づきペイントも無くなり両サイドの上部塗装と劣化部分の補修作業が残ってしまいました。

トっちゃんと今後の作業方法を検討し、作業は延伸梯子とバックアップ用にロープを使って、上下二人で連携しながら効率良く作業しようと決めました。

しかし、その延伸梯子が重くて長くて二人で持っても高い壁に掛けることが難しいのです。延伸用の引き上げロープも破断しており交換しなければなりません。次回の工事までには作業体制を完了させますが前途多難ですね。特に高所作業では安全が第一です。以前に起った受傷事故だけは避けたいので慎重なんです。

二人とも全身ペンキだらけになりました。神戸マラソンのスタッフジャンパーがこんな所で役に立ちましたね。

「お前の顔もペインティングされてるぞ!」

Pb110186

伐採後、クライミングエリアへ運び下され仮置きした「ハセガワベンチ」です。これも手を加えベンチとして再生完成させなければなりませんでした。

Dscn5039

サンダーで表面と腐食部を削り足元も高さを調整して土中にモルタルを打って固定してます。形はこの付近に山から下りてくるイノシシをイメージしベンチ兼オブジェとしました。仕上げは無色の防水防腐塗料をタップリと塗り込んで自然の肌合いそのままにしております。

ヒマラヤ杉を伐採し偶然にもこの形を生み出した長谷川君を讃え正式に「ハセガワベンチ」と命名します。

Pc160036
これは丸太を半割りにしたテーブルと丸太を切ってスツールをしたものです。陽溜りで冬も暖かくマッタリ出来る空間を作りました。これもサンダーで磨いて防水防腐加工のみとし、原木を組み合わせて据えているだけです。こうして樹齢50年のヒマラヤ杉は形を変えて神戸登山研修所に蘇えりました。

Dscn5063
これは大理石製のテーブルとスツールです。天板と脚部の接合面が傷んでグラグラと不安定だったので補修強化し足元には白い玉砂利を撒きました。

解体した時、天板の裏を見ますと「神戸登山研修所落成紀念 贈中華民國台湾省山岳協会」と刻まれていました。大理石の産出とその加工品で有名な台湾東海岸の花蓮で製作されたものですね。落成記念式典にも台湾から来賓として大勢が出席されていました。台湾遠征で隊長を務められた井上先輩が台湾からの賓客の接待担当でしたね。

私達が1969年に台湾中央山脈雪山(次高山)南壁を初登した遠征では台湾山岳協会に大変お世話になったんです。兵庫県山岳連盟と台湾山岳協会とは深い交流がありました。その当時、台湾山岳協会のトップは周百錬会長でした。宮崎神戸市長の親書を携えての訪台なので大歓待を受けました。台北松山空港には「歓迎 訪華親善登山隊」の横断幕が掲げられていて。それを目にした時は自分達の事と理解出来ず、ボンヤリと眺めていたのを思い出します。

塗装補修作業は1月中にはトっちゃんの協力を得て完了させたいと思っています。

Dscn5092_2
玄関に続くアプローチもバラスが敷かれました。飛び石は昔々、神戸市内を走っていた市電線路の敷石を再利用したものです、これも貴重な歴史遺産なんですよ。

 我々に続く若者や山を目指す皆さんに「歴史ある山屋の故郷」を残そう、また「王子サロン」として市民の皆さんが気楽に憩える場所、そんな「神戸登山研修所」を作り上げたい。桜の季節には来館者で賑わう、そんな光景を楽しみに作業に励みましょう。

それが終われば静かに老兵は去って行きますね。

 

2018年1月 4日 (木)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

全家平安

       身体健康

                                平成三十年 元旦 

Photo

昨年は狭心症や腎臓結石と責められましたが、

この小屋のように倒れそうで倒れず生き長らえております。

                   黒 田 信 男

2018年はクラブ雲峰にとって久し振りとなる海外遠征の年です。クラブの総力を挙げて遠征が成功裏に終わるよう頑張りましょう。

Dscn5032
1月3日に妙号岩で初登りをしましょうと亮さんからメールが入って来ました。年末から飲んで食っての暮らしで体重は何と80kg近くまで増えてしまいました。元旦に5時間程をかけて背山を歩いたのですが体が重くて大変でした。これでは駄目だと考えていたので有り難く参加させてもらうことにしたのですが、現地に着いてみると激しい吹雪なんです、対岸の菊水山が雪に霞んでいました。
Dscn5034
岩は積もった雪で見る見る濡れていきます。スタンスもホールドも滑りまくりです。指先も寒さで感覚が鈍ってしまい厳しい初クライミングです。

そんな悪条件の中でも集まった8名の暇人は嬉々として壁にしがみ付いていました。 

 

 

 

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック