« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月25日 (水)

早くも10月です(岳連イベントや海神社の祭りも)

2017年も早いもので10月になりました。9月~10月も岳連関連の行事が続いています。それにしても秋雨前線の停滞で雨がよく降ります。10月7日開催の少年団六甲ミニ縦走は10月14日に順延されましたがこの日も雨で結局は今年度の開催は中止となりました。

Pa090085001
10月9日(体育の日)はスポーツフェスティバルです。神戸登山研修所にはクライミングを体験したいと事前に申し込まれた親子がやってきました。神戸市の主催する事業に我々が協力しているイベントで人気が高いと聞いています。
Pa090086001
ジュニアクライミング講習会も同じなのですが子供は本能的に上には何とか登って行きます。しかし途中で足を止めて下を見た途端、完全フリーズです。呼べど叫べど反応はありません。固まってしまい動きません。それに備えてベテランスタッフが中間地点や上部にスタンバイしていて小脇に抱えたりブラ下げたりして下降補助します。

「神戸市さん、この苦労を解って下さいよ、登山技術を持つ多くのボランティアスタッフの協力が必要ですし大変なんだから!」

リスクの大きなイベントですから無事に終わればドッと疲れがでます。

Pa110104
10月10日~12日は垂水海神社の秋祭りです。私が育った頃の神戸市垂水区の西垂水地区は漁業と農業が中心の自然豊かな田舎町でした。白砂青松の海岸は埋め立てられショッピングモールとなり緑の田園や里山は宅地と様変わりしてしまいました。

しかし秋祭りは昔と変わらず地元が盛り上がる一大イベントです。見ものは海神社への宮入を終えた布団太鼓の練り合わせです。奥から高丸北、西垂水、塩屋、東垂水と並んでいます。ズッシリと掛かる半端ない重量に耐え、担ぎ、揺らし、差し上げを数十分間繰り返す、見ているだけでも気分が高揚しますね。

「もう一度、担いでみたい!」

老いた垂水ッ子の果て無き夢です。

ここ数年の間、仕事や岳連事業で祭りに参加していませんでした。久し振りに孫娘を肩に乗せて見に出掛けたのです。

私の身内はこの祭りに代々関わっています。西垂水は古くは明石郡垂水郷西垂水村と呼ばれていました。この地に何代にも亘って漁業と農業の暮らしを続けていた私の母方実家です。祭りには叔父、従兄弟、そして我が家も長男と父子で参加していましたね。今年も従兄弟達の元気な姿が見えます。

Pa120021

近郷5ヶ村が持ち回りで海神社ご神体を神輿に移し巡行する担き番が我が村?に巡ってきました。

垂水の秋祭りとは

西垂水!紺の法被が風を切る!(垂水海神社秋祭り2013)←クリック

Pa120044

今年の御座船には従兄弟達が乗り込み神輿のお供で垂水漁港を海上渡御に出て行きました。

「さて、私はこれから登山研修所の仕事に出掛けます。来年も楽しいお祭りを見せて下さいね」

10月21日(土)は兵庫県山岳連盟主催の毎年恒例となっている講演会です。

Img
今年の講演を快くお引き受け下さったのは写真家でもありライターでもある大竹英洋氏です。
Pa210128_2

最近、出版された「そしてぼくは旅に出た」です。

各書店にも並んでいます。

Pa210127

台風21号の接近でこの日は朝から強い雨が降っていました。それでも多くの方々が来られ大竹氏の貴重なスライドとトークを楽しまれていました。
Pa210131

講演が終わり協賛下さった企業からの景品が当たる抽選会が行われました。箱に入った半券を引くのはSTちゃんです。私は彼女に言っておいたのです。

「当たり籤は不思議と引く係に当るんやで!」

その通りでした。好日山荘提供の高価なダブルストックをSTちゃんは引き当てたのです。

STちゃんは何と当ったそのストックを兵庫県山岳連盟技術遭対委員会へ寄贈してくれました。

ハイキングレスキューの講習会で使うストックが研修所には無かったのです。

有難うございました。大切に有効活用しますね。

「STちゃんは心優しい、ほんまに女神さんや!」

決して貰ったから言ってるんじゃありませんよ。


2017年10月 4日 (水)

たまにはノンビリ歩こうよ

9月24日(日)はサークルHMAの9月例会です。

 兵庫県山岳連盟が植林し管理する「岳連の森」というのが住吉川左岸の十文字山付近にあります。サークルHMAは兵庫県山岳連盟が主催する事業でありメンバーは連盟の登録会員でもあります。メンバーに「岳連の森」を知ってもらおうとの思いから9月例会は企画されました。斯く言う私も「岳連の森」を詳しく知っている訳ではありません。

良い機会なのでトっちゃんにも連絡して、

 「たまにはノンビリと歩こうや、岳連の森って知らんやろ?」

 と声を掛けました。

09:00阪急芦屋川駅前に10名が集まりました。ここで本日のルートを説明し地図を配布しました。

いつものパターンです。

「俺は道を知らんからゴールまで連れて行ってよ」

P9240075
高座ノ滝手前から尾根に上がり荒地山へ、岩梯子の手前を下降してブラックフェースの基部に向います。ここでスリングを使った簡易チェストハーネスを作りフィックス工作をしながらフェースを登りました。

「今日はノンビリとハイキングやと思ってたのにクライミングもあるんですか?」

ハイキングと云えども補助ロープ、120cmスリング、カラビナは持参しています。手持ちの装備を使って難所を突破する方法を学びます。

P9240076
ボルダーエリアを抜けて荒地山山頂へ、そこから雨ヶ峠への道に出て芦屋カントリー手前を西へ折れ、黒五谷に沿って歩き打越峠に向いました。

P9240077
打越峠から少し八幡谷方向へ下り、森林管理道を辿ったのですが、これがアホ程長い道です。打越山の南面を等高線に沿ってクネクネと変化の乏しい道が続いておりました。

「ノンビリハイクも良いけど、こうも長いとウンザリやね」

茂みを抜けると突然、フェンスのある私有地のような場所に出ました。その先の小高い丘陵地が「岳連の森」でした。下草が刈られ明るい広場のようです。車道を下り豪邸の並ぶ住宅街を抜けて御影に下りました。

「喉がカラカラやぁ~、ビール飲みに行くで!」

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック