« 2017年5月合宿(立山連峰龍王岳) | トップページ | まだまだリハビリは続きます。 »

2017年5月16日 (火)

リハビリの日々(復帰を目指して)

5月合宿から帰った翌々日、5月7日(日)の23時頃の事でした。眠くなりリビングから自室へ戻ろうとした時、突然、胸にズッシンと痛みが走り、それが背中へ抜けた。痛みは両腕先にまで感じる激しさで私はその場にヘタリ込んでしまった。痛みに耐える私を見た家内は慌てて嫁いでいる元看護士の娘に電話したようです。娘も元プロですからこれは心筋梗塞、狭心症の症状だと判断して心臓循環器専門病院を探し出し状況を伝えたそうです。

時を置かず私は真夜中の病院へ運び込まれ心臓血管の専門医療チームによりテキパキとカテーテル挿入や血管拡張薬の投与などの緊急治療が施されました。健康診断でも何らの異常はなく健康面では圧倒的自信を持っていたのに、思いも寄らぬ6日間の入院生活を余儀なくされてしまいました。点滴やモニターなど多くの管や線を繋がれ身動きもならぬ我が身の惨めさ、心拍数を刻む電子音を聞きながら気力も完全に萎えていきました。

私とほぼ同時刻に搬送されてきた患者さんは隣りの集中治療室でしたが数時間後には顔に白いタオルが掛けられましたね。心臓病の緊急治療が一分一秒を争うものだと云うのを実感しました。

有り難い事に私の症状はバルーンやステントを使う程の重篤なものではなかったそうで治療は投薬と経過観察となるようです。しかし、心筋梗塞、狭心症の発作はいつ起こるか分かりません。血液検査でも心臓がダメージを受けた数値が出ています。今回はスパズム(血管の痙攣収縮)が起ったらしくて、冠状動脈の一部には狭窄があり動脈硬化もあって治療は長期化しそうな様相です。考えてみれば5月合宿の登山中に発症しなくて助かった、山中だったらそれも夜間だったら大事になるところでした。

これで遠征メンバーとして誘って頂いた来年のヒマラヤ登山も諦めざるを得ない状況となりました。計画を進める仲間には申し訳ないと云う気持ちで一杯です。我が人生で最後となったであろうヒマラヤは手の届かない遙か彼方へ夢と消えました。

5月12日退院する日、管理栄養士から食事制限に関する指導が行われましたが、殆んど右から左へ聞き流しでした。食べたい物を我慢するのが一番辛い、アルコールに関しては大酒は控えますと云う事で許可は出たがタバコは完全に止める事にしたのです。

やっと退院する事が出来ました。帰宅する途中で食った焼肉と生ビールが6日間に亘った味気ない病院食に耐えた我が胃袋に染み渡った。

止めるどころか家内も付き合ってジョッキで、

「カンパ~イ!」

馬鹿夫婦ですね。

P5140004
5月14日(日)クラブ雲峰の新会員を対象としたリードクライミングとリードビレイの研修会が神戸登山研修所で行われましたクラブ雲峰の次世代が行う講習をこの目で見たくて出掛けました。

P5140005
大谷、山下の両君の熱い指導が続き、参加者は熱心に聞き入っております。

トっちゃんと2人で後方から目を細めて眺めておりました。

「大谷君、バックアップのビレイでも何か手伝おうか?」

「結構です、ビレイ中にコロッと逝かれたら大変ですから・・・」

この日、私の出番はありませんでした。

やはり今の私は彼等から見れば、ただの老いぼれ病人なんですね。

P5160004
退院から4日目です。トっちゃんが私の復帰に向けてのリハビリメニューを用意したそうです。

「ザックのウェイトは5kg位にしとけ、その代わり水は2Lは持って来いよ」

私が行動中に摂取する水分量の少なさが今回の発症の誘因だと彼は指摘しているんです。

P5160005
リハビリとは修法ヶ原Pをスタート&ゴールとした周回コースを歩く事らしいです。

「これが君の言うリハビリかい!俺を殺す気かぁ、アカン、ブッ倒れる!ニトを用意しとかんと・・・」

P5160006

50年来の友情に感謝しつつ、涙してやって来たのに、トっちゃんは俺に止めを刺す気らしい。

修法ヶ原~分水嶺林道~森林植物園東門~桜谷~摩

耶山~天狗道~市ケ原~蛇谷~修法ヶ原

5時間のウォーキングでした。この日、無茶苦茶に調子が良かったんです。急登も楽々、足は軽い、息も上がらん、動悸も無く平地と変わらん、エンジンをオーバーホールした後みたいに快調なんです。キャブレターの詰まりを取ったから燃料がガンガンと流れたんかなぁ?次はゲレンデでクライミングをしてみよう、復帰に向けてマイペースでヒマラヤは夢と消えたが新たに目標を定め頑張りますわ。

« 2017年5月合宿(立山連峰龍王岳) | トップページ | まだまだリハビリは続きます。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773294/70562770

この記事へのトラックバック一覧です: リハビリの日々(復帰を目指して):

« 2017年5月合宿(立山連峰龍王岳) | トップページ | まだまだリハビリは続きます。 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック