« 歴史ロマン溢れる散歩道(其の2) | トップページ | 市っちゃん、目出帽で顔隠せ!(5月合宿) »

2016年4月12日 (火)

観音の里テクテク散歩

先日の事、毎年のように「青春18切符」を買って友人と旅をしている家内が、

「切符が残ってるから何処か行こか?」

珍しく声を掛けてきました。

「乗換えの多い遠距離は嫌やぞ」

あれこれ考えて長浜へ行く事にしたのです。長浜市大月町って知ってますか。琵琶湖北部にある小さな町なんです。別名「観音の里、祈りの里」と呼ばれてます。ここにした目的は国内有数の十一面観音像を間近で拝観する事が出来ると云うのです。

同じ行くなら琵琶湖の風景を眺めながら行こう、湖西線を経由して近江塩津で乗り換え、大月まで新快速で2時間の旅です。平日ですから通勤時間を外してスタートしたのですがメチャクチャに混んでました。特に京都からは4両編成となり、車内は立錐の余地も無い状態でした。車窓から琵琶湖を眺めようと思っていたんですが座ったのが反対側で見慣れた比良山系しか見えませんでした。

超満員のまま電車は「マキノ」に到着です。すると、ここで殆んどの乗客が降りて行くのです。「マキノ」ってスキー場が有る位しか知りませんので相席の方に聞いてみました。

「こんな所に何があるんですか?」

えっ知らないの?と怪訝そうな顔で

「海津大崎の桜が見頃なんですよ。ほらあそこに見えるでしょ」

琵琶湖岸の桜並木を見る花見客だったんです。それにしても凄い人出でした。

P4080011

高月で降りましたが何もないガランとした駅前です。前方には賤ヶ岳や高巳山が見え、のどかな田園風景が広がっていました。なんか場違い?立派な観光案内所が有りましたので目的を話して地図や観光パンフレットをもらいました。

聞けば年に一度、大月町内にある30数体の観音様が御開帳され参拝者で町は賑わうそうです。「観音の里、祈りの里」成程なぁ、納得です。

P4080013_2

本日の目的地である渡岸寺(向源寺)です。正面本堂の左にその観音堂はありました。

201211_15_33_d0037233_1024148
国宝十一面観音立像(平安期の木彫仏)です。堂内では撮影禁止なのでサイトを参照してます。

身長は等身大の194cmとスラリとしたお姿でした。腰を少しひねり右足を僅かに前に出しています。肩、胸、腰、長い脚の滑らかな曲線は妖艶ささえ感じます。国宝に指定されている「十一面観音像」は7体ありますが、その内で最も優美で彫刻的にも白眉であると称され、最高傑作の観音像だと言われているのがよく解りました。像の周囲をグルリと回り間近で見る事が出来ましたが超一級の美術品を鑑賞しているようでした。

「メッチャええスタイルやなぁ、表情も穏やかでええ顔やがな」

作者はこの寺の開祖だと云うのですが、

「どんな偉いお坊さんかは知らんけど、これは彫れんやろ?」 

きっとブレーンに凄い仏師が居たんでしょうね。

Dscn4165
心に観音を念じれば、あらゆる厄災から身を守って下さるスーパーマンが観世音菩薩です。私のヘルメットにも「念彼観音力」と書いています。

P4080014001
「高月観音の里歴史民俗資料館」長い名前の資料館があります。観光案内所で、是非寄って下さいと勧めらていました。特別展示を鑑賞していると一人のカメラマンに声を掛けられました。読売新聞の地方支局の記者でした。どちらから来られましたと聞かれたので神戸からと言うと展示品をバックにしたモデルにされました。地方版に掲載されるそうですが神戸では見られないでしょうね。

P4080018
帰り道に長浜で下車して古い町並みをのんびりブラブラと散策しました。

P4080016001
平日の夕方でしたが結構な数の観光客が訪れておりましたね。

P4080023

長浜の曳山祭りと子供歌舞伎は有名です。4月17日頃から始まるそうですがタイミングが合えば子供歌舞伎の練習風景が見られるそうで期待していたんですが、残念ながらヒッソリと静まりかえってましたね。
P4080024
長浜城にも足を伸ばしました。この辺りの桜は少し盛りを過ぎた頃で、湖面には花筏も見られ風情がありましたね。

こうして家庭サービスしておけば連休の山行も機嫌良く送り出してくれるでしょう。ついでに小遣いもせしめてやろうかな。

 

« 歴史ロマン溢れる散歩道(其の2) | トップページ | 市っちゃん、目出帽で顔隠せ!(5月合宿) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観音の里テクテク散歩:

« 歴史ロマン溢れる散歩道(其の2) | トップページ | 市っちゃん、目出帽で顔隠せ!(5月合宿) »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック