« 2016年初登り(御着) | トップページ | 凍ったかな?裏六甲2016 »

2016年1月18日 (月)

今年最初の勉強会

2016年1月17日(日)に今年最初の登山技術勉強会を神戸登山研修所で開催しました。勤務の関係で全員が揃うのは難しいのですが、それでも15名が参加しています。

1.17阪神淡路大震災から早いもので21年が経ちましたね。あの日、赴任先から会社の船に便乗して神戸に向った。海上から眺めた神戸、暗闇に浮かぶ炎の色、神戸港には接岸出来ず、大阪南港に上がりバイクを駆って急いだ、急いだ。行く先々で倒壊し、燃え上がる故郷神戸の惨状を目にし、体が震え、泣きながら東から西へと向かった事が思い出されます。

私の家は明石海峡に面しており、震源地からは海峡を隔てて僅か数キロの距離です。被災したと思われた家も家族も何とか無事で全身の力が一気に抜けた。

また、この神戸登山研修所はサブグラウンドをヘリポートとし、自衛隊救援基地本部ともなっていたんです。

P1170028
ナオヒデ代表からこの勉強会を開いた主旨と安全登山に関する強いメッセージが伝えられました。

トっちゃん技術委員長からは昨年度に起った事故?に関する問題点が分析されました。

P1170029
また昨年にヒヤリハットな事象が如何に多く発生していたかをあらためて認識し今後の活動に向けて安全意識の向上が求められました。参加者は真剣に聞き入り反省しきりです。

P1170030

座学講習はコンパス、地形図の正しい使い方の確認から始まりました。

「地形図を見て山容が目に浮かんでくるようにしてよ」

進行方位、距離、高度を記載するナビゲーションマップの作成法も伝えます。

P1170031
続いてはサコちゃん講師による山岳気象基礎講座です。天気図の書き方、気圧配置から天候を如何に判断するか、山岳気象の基礎学習をシッカリと勉強します。

また観天望気の必要性、現代人が無くしてしまった古からDNAに刷り込まれた自然や天気と向き合う感覚を呼び起こすことがアルピニストには必要であると考えています。

「6感までとは言わんけど5感を研ぎ澄ました動物的な感も要ると俺は思うね」

P1170033
午後はナオミ講師によるパソコン、スマホを使っての情報交換システムを基礎からレクチャーされました。

「お爺にはチンプンカンプンやけど、情報のやり取りはこれやもんね、勉強、勉強」 

そして屋外ウォールでの実技です。オオタニSC公認指導員がピラミッドウォール10aで熱血指導です。

「イチカワさんを今年度はバッチリとトップクライマーに仕上げます!」

「イっちゃん、扱かれてますなぁ、頑張れよ!」

猿山ではマルチピッチ、ツルベ登攀、懸垂下降の反復練習です。

参加者は嬉々として冷え込んだ壁に挑んでおりました。

「座学では眠たそうやったのに実技は張り切ってますなぁ」

勉強会は09:00から16:00まで続いたのです。

「今から飲み会やるよ!冷えたから熱燗やぁ~」

« 2016年初登り(御着) | トップページ | 凍ったかな?裏六甲2016 »

コメント

お疲れ様でした~、
私的には講習もっと長くてもよかった位です!
地図読み、天気図、もっと勉強しなきゃ。
暖かくなったらワサビを連れて地図読みハイキング、
小野アルプスに連れて行って下さい!

リクエストが有ればいつでもやるよ。
ワサビも春が待ち遠しいやろね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1773294/63521331

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最初の勉強会:

« 2016年初登り(御着) | トップページ | 凍ったかな?裏六甲2016 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック