« 2015年の安全祈願感謝納会 | トップページ | 明けましておめでとうございます。(冬季槍ヶ岳登頂記) »

2015年12月30日 (水)

ご協力に感謝の一年でした。

2015年もあっと言う間に終わってしまいましたね。今年はクラブ雲峰の創立50周年記念の年でした。新しい仲間も増え、クラブも活性化し、改革元年と位置づけたナオヒデイズムも明確に方向性が見えてきた。しかし、その一方では古くからの仲間が雲峰を去っていきました。我々が掲げた新たなる方針を理解してもらえなかったのは悲しいし残念です。彼らの今後も続くであろう登山活動が楽しく安全である事を心より願っています。

Pc270007
また今年は兵庫県山岳連盟のサークルHMAの活動にも多大なるご協力を下さり感謝しております。お陰様で入会者も40名を越え、こちらも成果が表れております。今後ともご指導とご協力をお願い致します。

Pc270003
サークルHMAの2015年最終の講習会は「ミステリー耐寒耐久読図訓練ハイク」として12月27日(日)に実施いたしました。

09:00神鉄谷上に17名の会員と今回もサポートをお願いしたクラブ雲峰からナオヒデ代表、トっちゃん、前ちゃんの3名が来てくれ、総勢21名と大人数の登山となりました。

Dscn4793_l_cut_edit_8pt_txt_50
集合時まで事前に講習を行なう山域やコースは知らせておりません。これまで2回の読図講習を六甲山系で開催しました。ですから今回がその集大成として予備知識なく配布した地図とコンパスを駆使して指定したコースを踏破してもらうのです。距離は18km所要設定タイムは7時間となります。

Dscn4802_l_cut_edit_8pt_txt_50

参加したサークルメンバーには全く未知の山域での実技講習ですから緊張するよね。地図とコンパスを睨み過ぎて周りを確認せず、道標を見落としてのコースアウトもあったし、面白い山行でした。

Pc270004
スタート地点は神鉄谷上駅です。谷山川に沿った兵庫カントリーへの道を3km登って鰻ノ手池へ、そこから黒甲越えを屏風川へ下り渡渉、古倉山を左折し東鹿見山中継アンテナを通り天保池に下り、ゴールは中山大杣池としています。帰路は古くからの街道峠である志久道を戻り、神鉄箕谷で解散としました。

Pc270009
ナオヒデ君、トっちゃん、前ちゃん、キメ細かいアドバイスやご指導をして頂き有難う御座いました。

コンパス、地図の必要性や読図技術の大切さが身に染みたとのコメントが来ており、有意義な講習会であったと喜んでいます。

Pc270001002
この丹生山系がオフロードバイクや四駆車の走行で荒廃しているとは聞いていましたが現実を目の当たりにしてビックリしました。何台もの四駆車が黒甲越えから屏風川に向って沢筋を下っていました。岩を跳ね上げ土砂を削りした轍が無残に残っています。キャメルトロフィーじゃあるまいし、個人の楽しみでも度を越してる感が否めない。規制が無い以上は文句を言えませんが凄い事が北区の山中で起こってるんですわ。

Dscn4891_l_cut_edit_8pt_txt_50
女性陣に囲まれて緊張か喜びか「謎の微笑」を浮かべるドンクマエダでした。

ネズフィッシングクラブの2015納会釣行が12月28日(月)の夜に行われました。私を含め6名が2隻のゴムボートに分乗して須磨海岸沖一文字防波堤に上がったのです。

Pc280012
さすがにガシラ王国ですね。小型ながらも数は上がりました。また鍋やコンロも持ち込み煮込みウドン鍋が用意され、冷えた体には最高の御馳走でした。

Pc280016
季節外れの海水浴をする御仁まで出てきて、何とも印象に残る2015納会でした。

「寒中水泳した方!風邪引かんように、佳き新年をお迎えくださいね」

« 2015年の安全祈願感謝納会 | トップページ | 明けましておめでとうございます。(冬季槍ヶ岳登頂記) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご協力に感謝の一年でした。:

« 2015年の安全祈願感謝納会 | トップページ | 明けましておめでとうございます。(冬季槍ヶ岳登頂記) »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック