« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月19日 (月)

御着の岩場や御在所岳や干物の作り方と盛り沢山です。

10月18日(日)の朝です。集合場所のスーパーに15名が集まってきました。

今日の目的地は御着の岩場です。地元である佐土新の人に言わすと、

「ここは御着と違う、佐土新や」

と仰っています。正確には「佐土新の岩場」なんでしょうね。

Pa180012
秋はクライミングのベストシーズンなんです。今日も多くのクライマーが訪れているだろうと予想して早めのやって来たのですが、何と予想外の静けさで我々15名の独占状態でした。何処でも登り放題です。

Pa180014
この岩場は陽当たりの良い立地にあり冬場のゲレンデとして親しまれています。逆に夏場は炎熱地獄となり岩は焼け付いているのです。この日は日差しが強くまだまだ夏の名残りを感じる暑さでした。

しかし木陰に入れば涼しくて、

「おお、涼しい、冷蔵庫に入ったようや!」

Pa180015
10月16日(金)には7人で御在所に行ってます。

その写真を掲載しますね。

Ej_vvj1epsmmrgwghclfj8sk5go6ji7g05s
I2f3oktumnfybjygw6gjefqxfvfc_fixpsj
Mstaukxet10k33pf_tpf70gdm3reeochg17
Ucce25a0krkhvgg1hi1jhltdytzcqwngavg
Wepmjhurtzmwv9ltl8hcf4d7yjvkcdtbdfu
Xjzfjzdw4bvx2wo427kwf7eb7setjzvpkxb
御在所岳(藤内壁)前尾根です。山は紅葉の時期を迎えているようですね。楽しいそうで良いなぁ~

クライミングしようとBBSで流すとご覧のように多くのメンバーが集まります。

御着の岩場では私、高ちゃん、トっちゃん、ナオヒデ君の長老組も負けてはならじと気合いを入れ、陽が西に傾くまで汗を流したのです。

今回も釣り好きの皆さんへの情報です。

Pa150001
淡路の浅野港に一文字防波堤があります、ここは一級ポイントで釣果はご覧の通り、凄いですよ。

Dscn4841
こいつも強烈な引きでした。真っ暗闇の中、狭いテトラポットの足場でバランスを取り、移動しながらの格闘です。ネズさんと言ってます。

「俺らの釣りはクライミングの続きやな」

何度も大きな当たりが出て1.5号のハリスが一瞬でブチ切れました、何か大物が潜んでいるようです。

一度訪れて見て下さい、釣り好きには堪らない天国ですよ。

 

Dscn4829
須磨海岸もこれからベストシーズンを迎えます。幸先良く良型のメバルが釣れ出しましたよ。

釣れるメバルやガシラは18cmから20cmはあります。それを持ち帰って内臓を綺麗に除去して腹開きにするのです。

Pa210018
日本酒と適量の塩を混ぜて漬け汁を造り、開きにした魚を漬けて一晩寝かせます。

Pa210020
一晩漬け込んだ魚は風通しの良い場所で陰干しにしています。両面が乾き、押さえて弾力が有る位が食べ頃です。焙っても唐揚げにしても美味しく頂けます。冷蔵保存も出来ますから、我が家では重宝しています。

2015年10月14日 (水)

多忙なる日々

クラブ雲峰の仲間にはいつも兵庫県山岳連盟の事業や施設整備にご協力して頂いています。本当に感謝に耐えません。兵岳連では確かに多くの行事を行っていてスタッフのやり繰りに苦慮しているのが現状です。

Pa100053
10月10日(土)です。この日は神戸市スポーツ少年団の子供達が六甲山をABCの3コースに分かれて縦走する「六甲山ミニ縦走大会」が行われました。

市教委スポーツ体育課からの協力依頼を受けてABC各コースにスタッフを派遣したのです。私と奥チャンの二人はBコース担当としました。スタート地点の湊川公園には51名の小学生が集まって来ました。

湊川公園~烏原水源地~菊水山~鍋蓋山~一ヶ原~新神戸のコースを歩くのです。

Pa100057

毎年春秋の2回行われる「六甲山ミニ縦走大会」は子供達には人気のイベントです。ABCコース合わせると今日の参加者は250名を超えてるでしょうね。最後尾を歩く私のインカムには各コースを歩くスタッフの声が聞こえてきます。引率に苦労している状況が手に取るように解りました。

Pa100061
鍋蓋山山頂での昼食後、引率の三宅先生から

「子供達に山の話をしていただけませんか?」

と言われた。奥チャンは今年も10月17日からネパールトレッキングに出掛けるのでネパールの子供達がどの様な生活をしているのか、日本の君達がどれだけ恵まれた暮らしをしているのかを話しています。

「そんな上手に喋られたら、困ったなぁ、何を話そ?」

「スポーツクライミングがオリンピック競技になったら2020年に君達はメダリストになる可能性が有るよ」

クライミングの楽しさを話しましたが、嬉しい事に興味を示し目を輝かせて聞いてくれました。

Pa120067
10月12日(月)体育の日です。この日は神戸市スポーツフェスティバルのイベントが市内各スポーツ施設で開催されています。

神戸登山研修所では小学生を対象とした「クライミング体験教室」が行われました。神戸市の主催で兵岳連は施設とスタッフを提供する行事です。

Pa120076
昨年は300名を超える応募があり抽選で定員の60名が集まってきました。今年は応募数が150名でしたがやはり抽選が行われたんです。市の担当者と話したんですがクライミングはスポーツフェスティバルでも人気が高いんだそうです。

Pa120070
ナオキ君やネズさんも参加しビレイヤーを務めています。09:30~16:30まで15名づつ4組60名の子供達を登らせるのですから神経は使うし疲れます。

「自分が登るよりキツイですわ、握力が無くなりましたぁ~」Pa120078
壁の中間地点で子供達にアドバイスしたりサポートしているカナヤさん、ロープを持って一気に引き上げてました。

「まるでマグロの一本釣りやね」

Pa120073
屋上は私一人で3本のルートを右往左往して子供のサポートしていました。すると何とケンちゃんがやって来たのです。昨夜は妙号岩でビバークし、その足でやって来てくれたんです。本当にホッとしました。

「わぁ~、ケンちゃんよう来てくれた!天の助けやわ」

ケンちゃんやナオキ君達は子供達にアドバイスをしたり、

「上手に登ったね、偉いなぁ、下にVサインしてごらん」

優しく声を掛けています。ロアーダウンを怖がる子供は屋上に引き上げて階段を下したりと大忙しでした。

「女児の方が強いです、平気で壁を下ると言いますわ。男はあきません即答で階段を下りると言いますわ」

帰りに呑んだビールが体全体に滲みわたり、疲れも吹っ飛びました。

「この一杯のビールの為に頑張ってるんです!」

807180_1444595317
11月11日(日)妙号岩ではビバーク訓練をしています。

前ノ壁テラスにズラリと並んでたそうです。

「まるでホームレスですわ、皆、爆睡してました」

遅れて妙号に行ったケンちゃんとナオミちゃんはテラスには6名が寝ていて満杯で足の踏み場も無かったと言っていました。

ビバーク魔の高ちゃんが言ってます。

「毎週やろか、寒なるこれからやないかいビバークは!」

Dscn4837
私が育った西垂水はのどかな漁業と農業の町でした。時は流れ農地は住宅地となり海岸は埋め立てられ昔日の面影は薄れています。母方の実家は漁師の家系です。そこで私は育ちました。名漁師だった爺ちゃんの血が流れているのでしょうか釣りに出掛けると感が鋭くなります。

垂水ではこの時期になれば海神社の秋の大祭が盛大に行われます。一年で一番楽しい時でした。大きくなったら叔父達の様に勇壮に太鼓をかいたり走ろう、その通りになりました。

西垂水!紺の法被が風を切る!(垂水海神社秋祭り2013)  ← クリック

このカレンダーは町内各地に配布されている物ですが10月から始まり翌年10月迄となっています。そうです祭りから祭りまでのカレンダーなんです。

Dscn4839
このカレンダーに私が写っていました。この時の事、家内に言われた事を思い出した。

練り合わせに行って来ると法被を着て出掛ける時、

「中に入ったらアカンよ、エエ歳なんやから、横で見てるだけにしーよ」

「ハイ、そうします」

帰って腫れ上がった肩を見咎められて、

「へぇ~、垂水の祭りは凄いね、見てるだけでも肩が真っ赤に腫れるんやね」

Pa120087
10月12日のスポーツフェスティバルの帰りに練り合わせを見に寄りました。向こうに見えるのが東垂水の布団太鼓です。垂水駅前のレバンテ広場には東垂水エンジ色の法被と西垂水紺色の法被が波打ち、大勢のギャラリーが布団太鼓を囲むように大変な盛り上がりを見せていました。

Pa120085
重量2トンを超える布団太鼓を差し上げ、肩で受けて練る。これを30数分間に亘り繰り返す東西練りですが、この全身に圧し掛かる重量感は半端ではないのです、それを長年経験した私です。今年は紺の法被も着ず、通りすがりのザックを背負ったギャラリーの一人として隅っこから見ていましたが、堪らず思わず大声で叫んでいました。

「サーヨイヤサー、頑張れ!オラえとけよ!」

Pa120093
今年も私の従兄弟たちが役員として祭りに参加しています。去年も兵岳連の行事で祭りに顔を出していなかった私に、

「何してんねん、そんな恰好で見に来てからに、早よ帰って法被を着て来んかいや!」

今年は実に見応えのある練り合わせでした。あの長い時間を耐えて見せてくれた素晴らしいパフォーマンスには感動しましたね。私の故郷である西垂水の若者達は燦然と輝く金襴にも負けず輝いていました。一列に並び声援を送って下さった皆さんに挨拶しています。ギャラリーからは拍手が鳴り止まず、

「西垂水ええぞ!よう頑張ったなぁ、ええ祭りを有難う!」

こうして西垂水の一年は終わった。

 

 

 

2015年10月 6日 (火)

サポート有難う御座いました(西山谷)

10月4日(日)西山谷で兵庫県山岳連盟サークルHMAの講習会が開催されました。

クラブ雲峰にサポート講師をお願いしましたらナオヒデ代表、トっちゃん、市ちゃん、ミゾッチ、姫ちゃん、よっしゃん達が参加してくれました。

「岳連の佐藤と中西になったるがな!」

「本当に心強いですわ、一人でどうしようか心配してたんです、有難う御座います」

Pa040035
サークルHMA14名とクラブ雲峰を含めた総勢21名の大部隊が西山谷に向います。第一堰堤河原にて装備を身に付けます。

レスキュー講習会で学んだ技術を実践するのです。

「皆さん、簡易ハーネスの作り方は知ってますよね」

今回の講習会はリーダーとして人を引率し西山谷を登る想定としました。三班に分かれ、それぞれにサポート講師が付き、行動やルート取りは各リーダーの判断に任せます。

Pa040040
7月に行ったサークルHMAの講習ではこのF1で追い返されました。登っているラインも滝となっていたし、渡渉も難しい水量だったのです。数日前に下見もしましたが今度は大丈夫だと思います。
F1ではフィックス工作を行いオートブロックでの登攀を練習しています。

Pa040042
ナオヒデ君と私には苦い思い出のあるF4を越えます。

「気を抜いたらアカンよ、慎重にね」

Pa040044
F5もフィックスを張ってセルフビレイを取って通過しています。

「自分が大丈夫でもパーティー全体のレベルを見て安全対策してよ」

講師達から指示が飛びます。

Pa040045
トっちゃん講師から細かなアドバイスを受けて西山谷も後半戦に入ります。分岐点や屈曲点では読図も行われました。

「現在位置は何処ですか?どっちに進むの?」

先頭が堰堤の高巻きルートを探しているのを講師達は黙って見ています。

「俺の顔を見てもルートは見えんで、自分で探してよ」

Pa040047
西山谷大滝も安全を最優先でフィックスセットで無事に突破します。

何せ総勢21名ですから時間が掛かるのは想定内です。今日の西山谷では4時間から最大5時間を見込んでいました。(結果は4時間半でした)

Pa040049
後半も滝が連続しているので気が抜けません。午後2時近く、この時間帯が一番事故率が高い、油断禁物です。Pa040050
山上部に抜けて西山谷HMA講習会は無事に終了となりました。トっちゃん、ナオヒデ君から本日の講評が行われました。

「もっと技術レベルを上げること、それと今回は西山谷と事前に知らされていたが皆さんは資料や情報を調べて講習会に臨んでいるか、必要装備は携帯しているか、これからもっと勉強しないと駄目です」

リーダーとしての技量と心構えがパーティーの命運を握っている事を厳しく指摘されていました。人を連れて行く事の難しさを実感したようです。

Pa040051

今回のHMA講習会はクラブ雲峰にとっても良い勉強の機会となったとナオヒデ代表やトっちゃんから言ってもらい少し気が楽になりました。

「雲峰の若手連中も人を指導することで自分もレベルアップして行くわ」

貴重な好天気の日曜日に時間を割いてご協力下さったクラブ雲峰の皆様に心より厚く御礼申し上げます。本当に有難う御座いました。

             兵庫県山岳連盟常任理事 

             サークルHMA委員長

                     黒 田 信 男

         釣り情報

孫娘が10月2日で満1歳を迎えました。娘からお祝いに大物を釣ってきてとのリクエストが出ています。

Dscn4818001
さすがに淡路は大物が出ます!

出ました!大型のムラソイ、35CMの記録更新サイズです。

P9040037001
前回はアワタ師匠がこのムラソイ32CMを揚げていました。私はこれを越えるサイズを同じ場所で狙っていたんです。

P1050041
しかし、孫娘は運の強い子なんだと思うね。節目に釣果が出る。100日のお食い初めでは写真の48CM黒鯛(ちぬ)が食卓に上がったし、一歳の誕生日には35CMムラソイやし、魚に関しては、やはり垂水漁師の代々流れるDNAは受け継がれているようだ。今度はどんな獲物が揚がるかな。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック