« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

2回目のオリエンテーション

今年5月、クラブ雲峰へ新たに参加された方、もしくは入会を検討している方を対象としたオリエンテーションを行なっていました。

これからは君達の時代だ!(私たちは見守っていきますね)  ←クリック

 

春の総会から半年が過ぎ、前回のオリエンテーションから4か月、新たに加わった新メンバー達にも、そろそろクラブ雲峰の会員としての自覚を持ってもらい、次代を担う意気込み、山への思い、自らが目指す方向性を語ってもらおうというミーティングを行ったのです。

彼達の熱い思いや意気込みを聞こうと参集したナオヒデ代表、私、トっちゃん、マアちゃん、市ちゃん、そして久し振りに隆ちゃんも顔を見せてくれました。

Dscn4814
13:00、ミーティングはナオヒデ君より今集会の主意説明から始まった。続いて私からはクラブ雲峰と云う山岳会とは、また、その50年に亘る歴史を話しました。一番に彼達に伝えなければならない事はクラブ雲峰設立の理念です。先輩達の思いを受け継いでもらいたいし、これは不変であり我々もこれに沿って活動方針を決めてきたのです。そして出席したメンバーからは雲峰メンバーとして活動していく意気込みや自らが目指す目標が熱く語られました。

Dscn4815
ミーティング終了後は懇親会です。ご覧のような大盛り上がりでした。

「誰や、私のスーパードライを飲んだんわ!」

「姐さんが怒ったはるでえ~」

嬉しい一日で美酒に酔いしれた。

このハイテンションのまま二次会場まで流れ込んだのです。どんなに賑やかだったか、凄いよ!こうして新生クラブ雲峰は順風満帆のスタートです。

毎度ながらの須磨釣り仲間からの報告です。

  

P9210020
物凄い釣果です。何匹釣れたか覚えていません。当然の事小型はリリースですから全てキープしたらボートが沈むわ。

P9210021
グレにメバルにガシラ、そして珍しく三番叟が釣れてます。魚種、魚影の濃い須磨一文字です。これからが最高の釣りシーズンです。魚屋が出来る程の釣果が期待されますよ。

2015年9月24日 (木)

皆さん、熱いですなァ。(勉強会)

9月19日、20日、22日の3日間は妙号岩での集中勉強会となりました。シルバーウィークで遠出予定のメンバーも居ましたが毎回10名それ以上の参加があり賑やかな勉強会となりました。

P9200014
日差しは強いもののテラスを吹き抜ける風は爽やかで秋を感じます。

これは長いトラバースルートをフイックスロープにセルフを取って移動するシステムを練習しています。

P9200013
クライミングエリアでは取り付き点に着くまでにこんな場面が出てきます。登山では日常的に行われるフィックス工作です。段取り良く安全且つスムーズに動くことが求められます。

P9200016001
「ドンクマエダ」をリードするタカコ女史です。フォールはしましたが気合いが入ってました。雪彦山では地蔵のスベリ台から大凹角を登り、三峰から不行、大天井も登りました。ナオミ姐さんを含め雲峰女子軍団恐るべし!

P9200018
どうですか、よっしゃんの登りを見つめる皆の真剣な眼差しは、メンバーの熱意をヒシヒシと感じます。これこそが私の願っていた本来のクラブ雲峰の姿であり、この雰囲気こそが老舗山岳会として守るべき創立主旨と根本理念である 「山を愛し、自然を友とし、共通の目的を持って、より高く、より困難を求め、登山技術の修得を目指し、その過程に於いて人間性の向上と会員相互の親睦を図る」 が受け継がれているのです。シャッターを切りながら新たなる時代に入ったと実感した瞬間だ。

クライミングの基本動作である2点支持バランス、立ち込み、レイバック、体重移動を練習する「ABC」と呼んでいる練習ポイントです。お互いに問題点を指摘し合いながら楽しく登っています。

P9230025
9月26日(土)に高体連のクライミング大会がこのウォールで行われます。少し雨の予報も出ております。昨夏にシートを張る防水対策を行なっていますが大会に向けて防水を強化する作業を23日に行いました。高校生達に少しでも良いコンディションで競技して欲しいのです。

一旦シートを剥がし下地を補強して本シートを張り直しています。また破損したホールドも電動サンダーで除去する作業も行いました。

P9230026
塔頂部には新たにフライ状に屋根を取り付けてました。これで躯体に直接あたる雨も軽減すると考えての設置です。補修工事にはクラブ雲峰、須磨労山、武庫労山と組織を越えて参加して頂きました。

「ネズさん、流石は職人やわ、シートの裁断に無駄が無い!」

P9230028

クラブ雲峰からは楠兄、よっしゃん、カメちゃんの3名が来てくれました。

「有難う、折角の休みやのに作業に参加してくれてすまんなァ」

岳連のクロダより厚く御礼申し上げます・・・・・・・・

P9240032
防水改修作業を終えた翌日のフライです。強い風雨に耐えていますが数ヶ所の固縛が千切れてバタバタと風に煽られています。補強に上がりたいのですが、この天気では危険です。風が収まるまで待つしかありません。

P9250033
天気の回復後に結束バンドを多用して補強しました。残っているのはこのフライを使い古しのザイルで上から抑え込む作業です。近々に完了させますね。

しかし、張ったフライの効果は絶大です。かなりの降雨でしたがフライがブロックしておりウォール面への雨水滲み出しはありませんでした。

「ネズさん、あの雨でもウォールは濡れてなかったで!」そう伝えると、

「そらそうや、あれだけ苦労して付けたんやから当然の結果や!」

仰る通りです。

 

2015年9月16日 (水)

火曜の会も盛況でした。

クラブ雲峰には「火曜の会」と言うのがあります。イタリアン「ARTEsimposio」のオーナシェフ荻堂君、フレンチ「Patous]のオーナーシェフ山口君は毎週火曜日がお店の定休日ですからこの名称で呼ばれてます。

今回は妙号岩で基礎練習をしますと連絡があった。集まったのはサンデー毎日?のナオヒデ君、トっちゃん、前ちゃん、夜勤明けの姫ちゃん、仕事が休みの西田君、そしてメインの荻堂君、山口君、私も仕事をサッサと片付けて参加しました。

P9150062
場所は妙号岩中ノ壁です。姫ちゃんはマルチピッチでの支点構築やセルフビレイの取り方を叩き込まれています。

下部ではトップロープをセットし手足限定でレイバック気味のラインを登っています。

P9150061
中ノ壁に最近開かれた「ドンクマエダ」です。下部ハング、上部ハングを越える好ルートです。ナオヒデ君がリードしてます。

「手足、長いな!股裂きやね」

P9150064
フォローで登る荻チャンですがこの後、ド派手なフォールを見せてくれました。

「怖かったァ~」

「墜ちるんは仕方ないけど、注意して登らんと怪我したら商売出来んぞ」

Img_20150913_110610726
9月13日(日)に市ちゃんが呼び掛けてセルフレスキューの研修会が行われました。9名が参加しています。正しくギヤーは使われているか、リード及びフォローのビレイは確実か、セルフビレイは大丈夫か、懸垂下降も、そして仮固定による自己脱出法です。

Img_20150913_11460961
10時に始まった研修会は夕方近く迄、短い休憩時間を挟むだけで続いたのです。

P9150069_2
そして日曜日の研修会に参加出来なかったシェフコンビ、西田君には当日行ったセルフレスキューの自己脱出、仮固定に付いて講習が行われています。要救役は本日、ナオヒデ君が務めます。

P9150067_3
熱心に色々と意見を出しながら交代で実技を行なっていました。次回は振り分け懸垂も入ってきますよ。

こうして今回の火曜の会は盛会の内に夕方を迎えました。これからも火曜日に時間が空く方はご参加下さい。

P9160076

私や市ちゃん、高ちゃんはチェストハーネスを併用しています。昔はシットハーネスとチェストハーネスがセットになっていて私もそのタイプを長年に亘り愛用していました。
最近の懸垂下降はパスを使ってデバイスの位置を上げバックアップを下にセットして行う事と指導しています。

デバイス位置を上げて、バックアップを下に取っても全ての支点がビレイループから出ていますので強烈な衝撃で意識を失うと腰を中心にして上半身が下を向くでしょう、またザックを背負ったアルパインクライミングではその状態となる公算が大でしょうね。私は昔の苦い経験もあってチェストハーネス派になっています。残念ながらこのタイプのチェストハーネス(マウンテンダックスは倒産しました)は入手不能とのことです。

P9160078
シットハーネスを併用している私はデバイスはビレイループにセットしたまま(脱着で落下させるリスクを避けています)チェストハーネスとデバイスのフォロービレイ用リング部と連結させてバックアップは上に取っています。チェストと連結させることでトラブルでも逆立ち状態を回避できます。

P9160081
エーデルワイス社のメガジュルはデバイスを逆にセットすれば使用可能でした。

私の使用法が正しいのかはわかりません。ですから皆さんは基本とされるパスを伸ばしバックアップを下でフリクションヒッチする方法をマスターして下さいね。

これはあくまで私の使用例ですから。

P9140050
久し振りに須磨一文字防波堤に渡りました。やはり魚影は濃いですね。大型ガシラ、メバル、グレ、何と蛸や太刀魚まで釣れました(太刀魚は指の本数で大きさを測ります。これは3本はありますね)

久し振りに生後10ヶ月となる孫娘の栄養源を確保出来ました。

P9140053
ここに居る山屋も釣り師も良い年の取り方をしてます。好きな事に打ち込む、これが最高のアンチエージングやね。

2015年9月 7日 (月)

夏も終わってしまったね。

秋雨前線の停滞で長雨となっています。竜巻や集中豪雨の発生と大気が不安定な状況が続いていますね。

Mangat1
水量が減ればご覧のような姿から「そうめん滝」と呼ばれています。ここが万ヶ谷の入口です。

P9060972
同じ角度から見た「そうめん滝」です。轟音を轟かせて濁流が凄まじい勢いで流れ落ちています。

P9060958
こんな状況は上流で斜面の崩壊とか、何か厳しい事が起ったと判断されます。沢登りの常識では鉄砲水を警戒してこんな時は速やかに避難するか入渓は中止です。

Dscn4802
9月5日(土)09:30、神戸登山研修所に市ちゃんの呼び掛けに応え、クラブ雲峰勉強会に11名が集まりました。

Dscn4801
前半は猿山でのマルチピッチのシステム練習、支点構築、流動分散、懸垂下降でした。後半はピラミッドウォールでフリークライミングとビレイを徹底的にやりました。ナオキ&Mッチのクライミング指導員コンビが熱血指導している姿に、

「頼もしいなぁ、エエ感じやね」

指導員資格を取得してくれて良かったわ。

P9040040

また、その前日の9月4日(金)はネズさん達との夜釣りです。私と淡路は相性が悪いんか数は上がりますが大型が出ないんです。私以外は良型を上げてるのに、

「私にも大型が来てよ!」

P9040037001

この日も隣りに居たアワタ御大に大型がヒットです。

「悔し~い!俺にも釣れてくれや!孫が口開けて待っとるねん」

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック