« アブミに乗ろう(百丈岩) | トップページ | 日々是好日(何かと忙しいです) »

2015年3月17日 (火)

悪雪に七転八倒スキーにならん (駒の尾)

幼稚園に通うようになった孫娘が雪遊びに行きたいと言ってきた。甘いお爺ちゃんは今度の日曜日に千種へ連れて行く事にしたのです。

今週は仕事や何かと忙しく、今日一日だけポコッと時間が急に空きました。

「よし、下見がてらにちくさスキー場から駒の尾を往復したろ」

スキー靴にシールとクトーをセットした板を履き、ザックには雪山装備一式とスノーシューズも背負っています。

「こんなん背負って滑れるんやろか?」

とにかく天気が良過ぎる。暑いのなんのってサウナ状態です。

ダルガ峰から大海里峠までは西面(岡山県側)を巻きましたが、ノートレースで、しかもこの天気ですから雪はグサグサ、ズブズブで沈み込んでスキーも進みません。

スノーシューに履き替えましたがスキーと一緒で潜りまくりです。

P3170058
計算では2時間も有れば駒の尾に届くと思っていたのですが、甘かったなぁ。腐り雪に足を取られ転倒すると立ち上がるのも大変です。倒木を避け、枝を避け、七転八倒、悪戦苦闘、往路で疲れ果てました。

3時間近く掛かって、ヤットコサ駒の尾山頂に到着です。石柱はまだまだ雪に埋まっておりました。

P3170059山頂には私一人です。ノンビリと回りの山々を眺めておりました。

三室山も先週登った氷ノ山も、まだまだ冬の装いですね。

P3170060
船木山、後山への稜線もご覧のような積雪です。

でも、今日のような馬鹿陽気が続けば一気に消えてしまうだろう。

何とかスキー滑降を決めたいところなのですが、踝上まで潜る腐り雪と煩いブッシュは私のスキー技術では無理です。下手に転倒骨折でもしたら単独ですから緊急事態となる。自重か自嘲かスノーシューのまま、往路を戻って行きました。

「帰りはもっと雪質は悪なってるやろなぁ」

予想通り、シャーベットと云うより、解けかけた「かき氷」みたいでした。

スキーの出番はちくさスキー場を下る数分だけ、行程の大半は負荷のお荷物となっておりましたとさ。

「良いトレーニングになりました!」

ヤケクソですわ。

駒の尾に向う大海里峠で突然、犬に吠えられた。この深い雪の中を飼い主に従って登って来たのです。(犬種はラブラドール)

飼い主さんと話してみると姫路岳友同人会のAさんでした。

彼+ワンは時間切れで山頂手前のピークから戻って行かれました。駒の尾登山口へ下ると仰っていましたが、ワンちゃんは潜って大変やろね。

« アブミに乗ろう(百丈岩) | トップページ | 日々是好日(何かと忙しいです) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪雪に七転八倒スキーにならん (駒の尾):

« アブミに乗ろう(百丈岩) | トップページ | 日々是好日(何かと忙しいです) »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック