« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

山も海も納会です。

毎年の恒例行事となっている妙号岩での安全祈願感謝納会を12月28日(日)に開催した。

Pc280031_2
年末の忙しい最中に拘わらず、11名が参加してくれました。

高ちゃん、Mッチ、ナオキ君、ナベちゃんの4名は阿弥陀岳広河原右股に入っています。その登攀の安全も祈りましょう。

Pc280017
ナオヒデ代表の挨拶で感謝納会は始まりました。

「今年、妙号に一番お世話になったんは誰かいな?」

Pc280015
   テラスにはお酒、米、塩、蜜柑、菓子を供えました。

Pc280018 Pc280019001

 まずはナオヒデ代表、技術指導の要であるトっちゃん。

Pc280021 Pc280020_2

古色を払拭した萬ちゃん、復活の烽火を上げる古ちゃん。

Pc280025 Pc280024

兄弟クライマーの楠兄と楠弟、特に楠兄は妙号で鍛えられたね。

Pc280022001 Pc280023_4

大蔵大臣のサコちゃん、復活して気合いが入ってるツヨシ君。

Pc280026  Pc280027

 

 我々と一緒に練習しているリョウさんとSTさんです。

Pc280029

この人は誰? 酒の匂いに寄ってきた通りすがりの飲んだくれボケ爺さんですわ。


Pc284423 Pc284425

昼飯を食って、もう少し登る予定だったが、予想したより早く雲行が怪しくなりポツポツと落ち始めた。こうして「2014妙号岩安全感謝納会」は小雨の中、早めの終了となりました。

そして、こちらも納会です。
Pc260001

根津さんの釣り仲間が行う「望年釣行会」に誘われました。 

ベテラン釣り師8名が集まったのです。

Pc260003
夕闇せまる沖の一文字防波堤に向ってボートを漕ぎます。               

   Pc260008
食材、コンロ、鍋を持参しての寄せ鍋は実に旨かったですわ。

根津さん、今年はクライミングや釣りで大変お世話になりました。

来年もどうぞ宜しくお願いします。

Pc260014 Pc260012_2

この面々の手に掛かると恐ろしい程の釣果が出ます。これでほんの一部です。  「ガシラ王国」恐るべし。

以上で本年度のクラブ雲峰ブログを終了です。

来年も皆さんと力を合わせクラブ雲峰の活動に尽力する所存です。

皆様、どうぞ良い年をお迎え下さい。

また来年、お会いしましょう。












2014年12月24日 (水)

百丈岩へ、そしてMロックへ、

12月21日(日)は楠兄の人口登攀トレーニングでした。

選んだゲレンデは百丈岩東稜フランケです。

ヨシミ君は安定したリードで登って行きます。

トっちゃんは言う、

「見てみ、アイツは上手くなったやろ?」

Pc210091
風は冷たいものの天気は申し分なく晴れており冬の日差しが眩しい。

 Pc210095
アブミを使った人工登攀とA0登攀を徹底的に繰り返し練習させられた楠兄です。

「オーッ、やったぞ~!」

大きな声を上げました。

「やかましいわい!練習では登れて当たり前じゃ!」

Pc210106
仕上げはフル装備を背負ってアイゼン装着で東稜をリードさせられてます。

本人は扱かれている意識はなく、いたってご機嫌で登っています。

Pc230107
そして12月23日(祭日)はMロックでのクライミング勉強会です。

下部オニギリ岩の設定課題に挑んでいます。

Pc230111
こちらは「緑の魔境」をリードするマアちゃんです。古い残置ボルトを使っているので安心は出来ません。

「ここは近々にはリボルトするで!」

Pc230115
再整備されたMロックの南面です。

「この面はなかなか攻略は難しいね」

「そやからこそ攻め甲斐があるんや!」

Pc230116
発見当初は藪に覆われ蔦に隠れて全容の解らなかった「Mロック」も皆さんの努力で見違えるようなゲレンデに変貌を遂げております。

まだまだ、これからもルート整備を続けて行きますね。

2014年12月17日 (水)

今日は忘年会やし忙しいね。

12月14日(日)は衆議院選挙の投票日になってしまいました。

争点のはっきりしない言ってみればアベノミクス信任投票ですわな。

「政治もクライミングもバランスが大切や!」

「俺は自民と公明には絶対投票はせん!」

Pc140072001

そして今日はサークルHMAの記念すべき第1回目の登山です。

早起きして投票場に行き、大急ぎで集合場所へと向かった。

14名のメンバーが集まりました。中西兵庫県山岳連盟会長も参加して下さって賑やかな登山となりました。

Pc140059
本日のメニューは、

10:00 神鉄鈴蘭台駅前集合

11:00 妙号岩前の壁でプチクライミング

帰りは奥の壁を抜けてイヤガ谷東尾根を下る。

15:00 神鉄鵯越駅で解散としました。投票日でもあるし、雲峰の忘年会やし、遅めの集合、早めの解散としたのです。

トっちゃんとナオヒデ君がサポート参加してくれて助かりました。

こうしてサークルHMAが活動を開始したのです。

Dc20141214_142904
こちらのメンバーはロックガーデンで冬山に向けての最終的なトレーニングを

しています。

Dc20141214_114807

荒地山ブラックフェースで真面目に?練習する高ちゃん。

「それだけ熱心にやるんは美味いビールを飲むためかいな?」

今日はクラブ雲峰の忘年会です。

今年の会場はチャンコ鍋と飲み放題を楠兄が見つけてきました。

大きなザックを背負ったまま山から直行です。

Dc20141214_191222

今年の会場となった三ノ宮にある海鮮「はたごや」です。

幹事をしてくれた若手組はご苦労様でしたね。

Dc20141214_170834
忘年会には23名の仲間が集まっています。

清瀬、阿部、山本、宗實の大先輩方も顔を見せて下さいました。

ナオヒデ会長の挨拶、続いて私が乾杯の音頭をとり、忘年会の始まりです。

Dc20141214_194101

二次会は酒呑み組と珈琲組にと分かれました。当然、私は酒呑み組です。

明日は仕事のあるメンバーが大半ですから延々と飲むのは憚られます。

私のお気に入りのBAR「REQUEST」(旧居留地100番館)でユッタリとしています。

「この店、色気ありませんねぇ、おねえちゃんが居りませんやんか」

「アホ!これが大人の呑み方なんや、俺にピッタリやろが!」

皆さん、今年もお世話になりました。クラブ雲峰は来年には創立50周年を迎えようとしています。先日、各メンバーに依頼しましたクラブ雲峰へのコメントや懐かしい写真を送って下さいね、記念誌編集は原稿が揃わんと次には進めません、宜しくお願いします。

      (自家製ガシラ・メバル干物の作り方)

隆ちゃんは家庭菜園で野菜を作って自給しています。

我が家は家内の友人や娘の嫁ぎ先から野菜類は手に入りますので魚くらいは自分で釣ってきて料理します。

私は漁師の孫ですからガキの頃から魚の扱いは得意なんです。

Pc170078
冬ともなれば季節風が吹き荒れ、何日も海は大シケとなります。

我が家の貴重なるタンパク源の魚を手に出来ませんから釣れた時には保存の利く干物に加工するのです。

Pc120047
このような18~22CMのガシラやメバルを綺麗に腹開きに捌いて下処理をします。

日本酒に塩を適量入れた漬け汁を造り、一晩漬けておきます。

Pc170082
風通しの良いベランダに干します。直射日光だとカリカリに乾いて硬くなるので私は陰干しにしています。

Pc170083

こうして出来上がったのが我が家の保存食ガシラの干物です。

焙って食べれば絶品です。ホンノリと日本酒の香りが残って最高です。

このままカラ揚げにしても美味なんですよ。

「赤貧、洗うが如し」の我が家では蟻のようにコツコツと食い物を蓄えて寒い冬に備えているのです。

一度、お試しあれ。

2014年12月16日 (火)

スポーツクライミング指導者実技検定

日本体育協会公認スポーツクライミング指導員養成講習会と実技検定試験が11月29~30日の2日間に亘り神戸登山研修所で行われた。

既に前期講習で理論学習とレポートの提出を終えており、後期はいよいよ自らが実際に課題ルートを登るという最終検定です。

Pb290139

課題の一つにルート設定技術があります。どのようなグレードのルートをセッティングするのか、壁とのにらめっこが続く面々でした。

 

Pb290145

受講生がセッティングしたルートを西村主任検定員が細かくチェックします。

「ええか、どんなムーブで登るんかをイメージしてセッティングするんやで」

Pb300151001
そしてピラミッドウォールでのクライミング実技検定となりました。

指導監督するには自分が登れなければ説得力がありませんよね、登れる事が絶対条件となるのです。

左はトップロープ、右はリードクライミングです。グレードは10aです。

当然、確保技術も採点課題です。ビレイ出来なければクライミングにはなりません。

「お前ら、この日の為に練習を繰り返してきたんやろ、普段通りにしたら登れる!」

トップバッターのナベちゃん(右側)がフォールしました。

「わぁ~落ちたぁ・・・・」

何とか体勢を立て直して完登しましたが冷や汗が出ました。

Pb300154001

左を登るのがナオキ君、右を登るのはMッチです。

何と、Mッチもド派手なフォールです。

思わず指導してくれている西村くんから

「M君、そんなに緊張せんでもエエから、リラックスして普段通りにやり」

見ていても彼の緊張感がヒシヒシと伝わってくるのです。

ナオキもやってくれました。

「Kさん、一発スカッと華麗に決めてきますわ!」

結果はフォールしませんがズッこけました。

「お前ら、3人が3人ともヘマしやがってからに、見てる俺が緊張するわ!」

Pb300156
確かに西村、方山、須藤、山内の4名の鬼検定員がチェックリストを持って睨んでますから緊張するなと云う方が無理かも知れませんね。

Pb300170001
こうしてスポーツリーダー資格取得に始まりクライミングの指導者資格へと進んで来た三名です。

君たち本当に良くやってくれました。私が思う将来の構想に一歩近づいた。

クラブ雲峰と云うチッポケな一団体に拘る事なく、幅広い視野で兵庫県山岳連盟、否、日本の山岳界を見て下さい。これから君達は指導員として後進を育成することも当然求められるでしょう。自分の目で見て、また人の意見も良く聞き、物事を柔軟に受け止めるキャパの広い、周囲から信頼される大きな人間になって下さいね。いつの日か君達が神戸登山研修所で指導にあたられる姿が見られるでしょう。その日を楽しみにしています。

「やれやれ、これで年寄り組も隠居させてもらえるかな?」

先日、兵庫県山岳連盟の古賀理事長のご子息で陶芸家をされている古賀大介さんの個展が開かれていると聞き、女房と拝見させて頂きました。

Pc030007
若き陶芸家の作品では、これは一体何だろう?と考えることがありますが、大介さんの器は普段使いの日用食器として重宝されると思いました。

Pc030005001
小ぶりのお茶碗を一つ購入しました。なかなかに渋い色合いで手に持ったらしっくりと納まります。

これで酒を呑み、これで飯を食って、茶を飲む、生涯の相棒となったのです。

2014年12月 7日 (日)

冬山シーズン到来

一級寒波が到来して山々は本格的な冬化粧となりましたね。トっちゃんやヨシミ君はマアちゃんチームと裏同心ルンゼに、高ちゃん、Mッチ、ナオキ君、ナベちゃんは中央アルプス奥三ノ沢大滝登攀とアイスクライミングに出掛けます。

今日はそれに向けてのアイゼン、アックスのトレーニングを芦屋ロックガーデンで行ったのです。12月7日(日)キャッスルウォールに集合して練習開始です。

Pc070018
まずは軽く足慣らしです。参加者はトっちゃん、私、楠兄、Hマスター、ヨシミ君、夜勤明けでやって来たナベちゃん、ゲストのS姐さんと賑やかなトレーニングとなりました。

Pc070026
午後からは場所をブラックフェースに移しアイゼンとダブルアックスのドライツーリングです。

「ナベ!しっかりと練習せんと本番で苦労するぞ!」

ハッパをかけられて気合いが入りスイッチオンとなりました。

Pc070042
何度もラインを変えて登っています。

「うん、エエ感じになってきたなぁ」

仕事で参加出来なかった高ちゃんからトっちゃんに電話が有ったそうです。

「ナベを鍛え上げてな、ガンガン扱いて!」

Pc070039
こちら楠兄も負けじと頑張っております。

この顔を見て下さい。

「ワザとらしい余裕顔を作りやがってからに!」

少々気合い先行のきらいはありますが着実に成長しているのは間違いありません。

Pc070037
ショイナードのピッケルをバイルに改造したりと器用な一面を見せるヨシミ君ですが、トっちゃん曰く、

「あいつは食いモンの話ばっかりや!それにしても、ホンマよう喰うわ!」

諸君の健闘を祈り、動けない私からエールを送ります。

「両パーティーとも頑張って完登して下さいよ!」

大したネタも無いので、ついでに書きます。

何も出来ない私は根津さんとまたまた夜釣りです。

寒波襲来と 強風波浪注意報 が出ているのに、物好きにも程がある。それでも出掛けました。

「寒いなぁ、手がカジかんで餌が付けられへんわ」

「こんなんで寒い云うたら冬山は行けんで!」

二人でこの堤防にビバーク体勢のように座り込んで寒さと風に耐えておりました。

807180_1414798727
これが恐怖の35cm堤防です。強風で飛ばされたらドボーンです。

今回も体が突風で何度もグラ付きました。

クーラーボックスが吹き飛んだ事もあります。

「山と一緒やで、山足谷足で慎重に移動せんと危ないわ」

Pc060016
風が強まり風向きも変わり危険な状況となってきた。風の止み間を見計らって「恐怖の35cm堤防」から脱出しました。

これだけ釣るのに命がけです。

「それでも止められんなぁ、そうやろ根津さん?」

クライミングでは根津さんの足元にも及ばない私ですが釣りなら良い勝負が出来ます。

「また今度、勝負じゃ~!負けへんぞ!」

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック