« 兵庫県山岳連盟って忙しい所やねぇ (其の1) | トップページ | 冬山シーズン到来 »

2014年11月28日 (金)

兵庫県山岳連盟って忙しい所やねぇ (其の2)

今年も恒例の兵庫県山岳連盟主催の講演と映画の集いが開催されました。

Img001今年のチケットデザインはクラブ雲峰の大先輩であり山岳画家でもあった故岡野遵三氏の版画を使用しております。

Pb160109
今回も大勢の方々が王子公園ホールに来られています。席が足らず慌てて追加の椅子を並べました。

Pb160112
今回の講師をお引き受け下さったのは穂高山荘の支配人だった宮田八郎氏です。

穂高岳での遭難救助を記録した緊迫感漂う映像と解説に皆さんは息を呑んで見入っておられました。

この記録された遭難事故発生の前日まで我々も同じ山域に入山していました。天候悪化を見越して早めに下山したのです。

Pb160106
宮田氏が自ら撮影した穂高の四季を収めたDVDを会場で販売しています。購入された来館者には宮田氏が署名してくれるのです。

講演会終了後に宮田氏ご一家を囲んだ懇親会を開きました。話は尽きず酒量は増え、ひたすら呑み続けたのでした。

「久し振りのコップ酒は効きましたなぁ」

Pb230117
第4回を迎えた神戸マラソンが11月23日(日)に開催されました。

本来なら勤労感謝の日は六甲全山縦走大会の開催日です。どちらも神戸市の主管行事なので神戸マラソン実行委員会と六甲全縦市民の会との間で日程の調整が行われましたが33回の長い歴史を誇り全国的にも知名度が高い六甲全山縦走大会は4回目の神戸マラソンに11月23日(日)を奪われてしまいました。

そして兵庫県山岳連盟からも神戸マラソンの沿道ボランティアに出動です。

「山屋がマラソンのボランティア?何でもさせられるますなぁ」

Pb230118
私達の担当エリアはJR鷹取駅西側の沿道沿いです。この地点は復路が別ルートを通りますので往路が通過すればお役御免となります。他の地点よりは楽なエリアとも言えますね。

2年前は塩屋と須磨間の国道2号線だったので往路復路を全ランナーが通過するまで長時間立ちづめでトイレも休憩も無く疲れたものでした。

Pb230127
招待選手を含む先頭集団に続いて一般市民ランナーがやって来ました。

市川君も参加していると聞いていましたので、バナナ、カステラ、アミノバイタルを用意して待っていました。

Pb230128
これだけのランナーが走っているので此方から市川君を見つけるのは至難の業でした。彼が私を見つけてくれるのを待ちましたが会えませんでした。

昼前にマラソンボランティア任務完了です。市川君用の食料を食って、この後、妙号岩へと出掛けました。

午後からの妙号岩参加者は高ちゃん、とっちゃん、楠兄、萬ちゃん、ミゾッチと私です。

そして翌11月24日(振替休日)は六甲全山縦走大会の2回目です。11月に2回に分けて行われ、参加者の数は1回に2000名となっています。

Pb240132
今回の東六甲笹原峠エリアパトロールにはトっちゃん、萬ちゃん、楠兄が配置に付きました。楠兄は初めての参加です。

Pb240129

台風の被害が縦走道にも出ていました。笹原峠の先で登山道が崩壊しています。迂回路にはランタンを設置し参加者の安全を期してパトロール員も配置します。

Img_20141124_145908800

分岐点にはロープを貼ってコースを指示します。私もインカムをスイッチオンにして配置に付きました。

Pb240131
楠兄と萬ちゃんは急な下りの途中に立って暗闇の中で声を掛け続けています。

「こんばんわ、お疲れ様、頑張りよ、あと残り11kmですよ」

この辺りまで来ると膝や筋肉の痛みとか疲労で悲愴な面持ちの参加者が増えてきます。

そんな経験もしている楠兄は参加者に声を掛けます。

「痛そうやね、大丈夫ですか?先は長いから無理せずユックリ行きよ」

20時頃にスイパーが通過し我々の担当エリア任務は終わった。

スイパーが通過すればそれ以後はタイムオーバー失格なんですが、その後、フラ付きながら落伍者がやって来た。

「もう縦走大会は終わったよ、俺達も引き返すから一緒に戻ろうや、そのコンディションやったら宝塚到着は夜中になるよ」

彼は俺達と山頂まで登り返す力が無いというのです。

全山縦走大会の完走証も貰えないのに体力的にも限界やのに、それでも彼は先に進むと言って聞きません。

「そこまで言うなら自己責任やで、夜道に陽は暮れん、ボチボチ行きよ」

神戸マラソンではかなりの歳の爺さんがやって来て、

「チョット休ませてな、ワシなぁ小便が近うて紙パンツを履いてるんやけど、ズッテ来てな、走り難くなってんねん、ここで直すわ」

「・・・・・?」

目が点になり、唖然としました。

「何がそこまで貴方達を突き動かすのですか?」

« 兵庫県山岳連盟って忙しい所やねぇ (其の1) | トップページ | 冬山シーズン到来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫県山岳連盟って忙しい所やねぇ (其の2):

« 兵庫県山岳連盟って忙しい所やねぇ (其の1) | トップページ | 冬山シーズン到来 »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック