« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

梅雨の晴れ間は貴重(時の流れを実感するね)

入梅から有り難い事に週末はお天気に恵まれています。龍王岳も最高の天気だった。先週の講習会も雨は落ちなかった。

夏に向けて今一度、基本に立ち戻って基礎練習を行う必要ありと技術担当から提言あり。

さて、6月最後の日曜日(29日)は梅雨の晴れ間が期待出来ます。

「妙号岩に集まれ!基礎練習するぞ」

Dscn4304
体調不良で早退?したユタカ君を含め本日の参加者は9名でした。

見学に訪れたTさん、兵岳連のクライミング・技術講習会に参加されていたSさんも顔を見せてくれました。

Img_20140629_110124554
暑くて、暑くて、テラスに設置している温度計は30℃を指しています。過酷な状況下でのクライミングとなりました。

Dscn4279
広がった青空を眺めて、

「曇り空で推移するかと思ったのに喜んで良いのかなぁ、暑さが厳しいのう」

ユタカ君はここまでは元気そうでしたが、この後、リタイアしました。

先日の風邪が完治していないようです。無理せず安静が一番。

「勤め人は体調管理も仕事の内やぞ」

やはり妙号岩は午後かトワイライトクライミングに限る。

Img_20140629_110241631001
左のラインを登る楠JRとクラックを登る私、何と、この年齢差は50歳です。

「爺さんと孫やな、あの子の年頃には俺もトっちゃんもこの岩に喰らい付いてたんや、50年かぁ、感慨深いもんが有るね」

Dscn4295
日陰となった中の壁を登ります。上部ハングを越えるSさん。

「風が吹いてて気持ち良いよ、最高です!」

Dscn4299
ハングを懸命にレイバックで越える楠JRです。

「前回はスリップしたんやてなぁ、リベンジ決めたれ!」

Dscn4297_2

妙号岩中ノ壁です。高さは約50mあります。

「ここから懸垂下降するよ、高度感に慣れるし、根性も付くよ」

六甲山系では週末にはクライマーで溢れる保塁岩に比べ、この妙号岩の静けさは貴重です。ルートの取り方で易しくも難しくもなる。我々にとってはアルパインの練習に欠かせない大切なホームゲレンデなのです。

                ( 私の雑記帳 )

Dscf0048
これは私の散歩コース上にある3~4m程の岩です。

カンテ、クラック、フェースと揃った面白い岩だ。これが有るのは播磨灘を臨む丘陵地に広がる舞子墓園です。この辺りは「石谷古墳群」と呼ばれ巨石を積み重ねた横穴式古墳が確認出来ます。この岩も古人が手を加えたのかも知れませんね。

舞子墓園の真ん中に存在するので、この岩を「霊界のボルダー」と呼んでいます。

 

Dscn4275
もう一つ、これは明石海峡大橋の真下に有る石垣です。

 私の散歩道は丘陵コースと海岸コースの2本だ。

 クライミングシューズを持っての散歩なのです。

「今日は山にするかな?海にしようかな?」

 暑い夏場は汐風を受ける海岸コースが定番です。

でも、ここは世界最長の明石海峡大橋。観光名所ですから最近は中国系の観光客が多く訪れます。そしてこの場所は橋の真下で記念撮影のポイントですから、石垣を登っていると観光客から奇異の目が向けられます。

「この日本人の爺さんは何をしてるんだろう?理解出来ないね。 這 日本的老人 奇妙的 不能了解」 

きっと、こう思ったでしょう。 

ここは観光客の居ない時間帯に来ましょう。

Dscn4274

明石海峡最狭点の舞子岬の先端に国際信号旗を掲げている人を見掛けました。

掲げられた信号旗は上からUW2で「歓迎します」を表しています。もう一本にはUWと、これは「貴船の安全な航海を祈る」と云う意味が込められています。

「大型豪華客船でも通過するんですか?」

と聞いてみました。

「いいえ、私の親友が船乗りなんですよ、今は海に出ていましてね、彼の無事な航海を願って掲げているんですわ」

何とも良いお話でした。

「国際信号旗が解るんですね、海運関係の方ですか?」

と聞かれた。

「長年、船に携わる仕事をしておりました。この海域も行き来していたんですよ」

と答えました。

Ics_answer_svg

「船からの回答旗は確認出来ましたか?」

と聞いてみましたが、UWを確認した船はこの回答旗を揚げて返礼するのが慣例ですが、ここを通過する船舶からの返礼回答は稀だそうです。

Img_3

     2011年8月19日04:00頃に起ったコンテナ船岸壁衝突事故です。  

     我が家までドォーンと響きました。

「ここ明石海峡は潮流が複雑で航行船舶も多く、ブリッヂに居るとワッチは緊張していますよ、同航船、反航船、漁船の動きに絶えず注意してるんで陸の信号旗まで確認して回答旗を揚げる余裕は無いかも知れませんねぇ」

そう慰めましたが彼には航行船舶からの返礼よりも親友への想いが強いようでした。

昔々、勤務で長らく家族と離れていた頃の事です。乗船していた船は神戸へ寄港せず明石海峡に向いました。船舶電話で海の見える我が家に連絡しました。

「皆、元気にしてるか?もうすぐ海峡を抜けるから家族全員でベランダに出てライト振れ、俺はブリッジから見てる!」

そして、

「オオ、見えてるぞ!」

双眼鏡越しに街の明かりの中、振られるライトがシッカリと確認出来たのです。

ライトを振っていた幼かった子供達も今では一児の父母となって、俺もお爺さんです。

「これも感慨一入ですなぁ」

航行船舶に旗を掲げる人を見ていて、そんな懐かしい思い出が蘇えった。

君達が山に入る時は俺も心にUW旗を掲げよう。

「君達の山行が無事であることを祈る」

とね。

2014年6月23日 (月)

平成26年度確保技術、セルフレスキュー講習会

平成26年6月21日(土)兵庫県山岳連盟の技術・遭難対策委員会と指導委員会が主催する講習会が今年も開催されました。

講習会の目的として。

最近のクライミングブームで多くの若者がクライミングに取り組んでいますが、クライミングの確保技術について専門的な講習会の開催が不足しているように見受けられる。今回、確保理論と確保実技、セルフレスキュー技術について開催し、正しい最新技術の普及につとめる。

この趣旨を受けて、近畿圏の山岳会から多くの岳人が神戸登山研修所に参集されました。

Dscn4265
総勢35名が09:00から16:30まで熱心に座学と実技に取り組んでいました。雲峰からは8名が参加しています。講習会への参加はクラブの安全対策の一環であり勉強の場でもあるのです。

Dscn4227
座学の内容は確保理論です。墜落時に支点並びにクライマーにどの位の衝撃と荷重が掛かるのかを数値的に検証するのです。

Dscn4228
「体重80kgで1m落ちたら?2m落ちたら?どんな力が掛かる?」

方程式を見てもチンプンカンプンです。

数式から得られた結果はかなりの衝撃荷重を示しています。

 「衝撃の荷重係数を計算する方程式は解らんわ?昔から数学は苦手やねん」

ロープやギヤーに強度表示で使われているのはKNです(キロニュートン)1KN≒100KGと思って下さい。

カラビナに⇔22とあれば立方向2200kgとなります。

兎に角、落下距離の長い大きな墜落をすれば数百キロの荷重が支点やクライマーを襲い、支点の破壊や身体的ダメージが起る事だけは立証されてます。クライマーのダメージをどう軽減させるか、これも確保技術です。

高校生だったトっちゃんや私達が初めて岩登りと称して六甲の岩に齧りついていた頃はハーネス等は有りません。ロープを胴にブーリン結びにしているだけでした。墜落したら地面に激突か、止まっても下手すると内臓損傷を起こす危険度が高かったのです。懸垂下降にしても今考えれば危ない事をしていたものです。

「全く、墜ちるという概念が頭に無かったよなぁ」

Dscn4231
また最近のクライミング事故で目立つのが懸垂下降中のアクシデントです。

本日の講習会ではこの問題点に関しての検証と安全対策が講義内容に含まれています。

ロープの結合法や末端処理の方法等をIP君から説明。

2本のロープを8字結びにするのは危ない。正にDEATH KNOT(死の結び方)です。

Dscn4233

懸垂時のバックアップをデバイスの上にするか下にするか、デバイスの位置をパスを使って上にセットする。色々の方法を検証します。

Dscn4234
座学を終え、猿山ロックで懸垂下降の実技講習です。

朝から小雨がパラつきましたが、実技に入る頃は曇天でした。蒸し暑くて汗ビッショリとなって講習会は続きます。

Dscn4237
参加者の多くが現役のクライマーですから懸垂下降に関しては問題なく終了となりました。午後からは確保とセルフレスキューの実技です。

Fitdscn4239
猿山を使ってセルフレスキューの実技が、ピラミッドウォールを使って確保技術の実技が行なわれています。

Dscn4245
KASのM君がビレイヤー、雲峰のトっちゃんがバックアップと両御大の並んだ珍しいワンショットです。

久し振りに顔を見た六摩会の安っさんとMさん。安っさんは相も変わらず海外を飛び回っているそうだ。

Dscn4255_2
7~8ピン目あたりかハングから2m以上は落ちます。ボード4枚分位をぶっ飛びます。

Dscn4246

ネズ君、ナオキ君、ユタカ君、トっちゃん達が落下係を交代で務めます。20回以上は落下したネズ君、ナオキ君、本当にご苦労様でした。

Dscn4251001

リード落下の反動で体重差が大きいとビレーヤーの体は浮き上がります。壁に近い地点に位置取りしていないと壁に激突します。そして何が起ろうが決してロープから手を離してはいけないのです。

Dscn4249001
軽量級のSさんのビレイです。上手く壁を蹴ってバランスを取っています。体重差で体は浮きましたがこれが緩衝材となって落下者にかかる衝撃荷重が軽減されているのです。

昨年のクライミング講習会に参加されていたSさんも相変わらず熱心に受講されています。

「Sさん、今度また一緒に練習しましようや!」

Dscn4259
セルフレスキューとは簡単に言えば登攀中に生じた危機的状況から手持ち装備を使っていかに脱出するかの技術です。

 これはリードが墜落して行動不能となっており、メインロープに掛かったテンションからフリーとなる為の「仮固定」をしているのです。

Dscn4260
次々と手順をこなしロープが固定されたら要救助者の収容となるのですが、それにはデバイスとパスを使った「振り分け懸垂」を行います。

Dscn4263
振り分け懸垂です。要救はパスに吊られて膝上辺りに乗る形です。デバイスの位置を上にセットしてバックアップを取り懸垂下降する。

こうして平成26年度確保技術講習会・セルフレスキュー講習会は無事に全てのカリキュラムを終えました。

 使用した装備品の撤去回収、意見交換等を経て17:00には解散となった。

 さて、ここからがMッチ、ナオキ君の出番です。

 「飲み会の会場は君等に任すわ、泡、泡・・・・・」

 「三ノ宮に飲み放題、喰い放題の中華があるんですがどうですか?」

 サンプラザB1にある「雲井亭」と云う中華菜館なのです。一人3000円で確かにその値打ちはありました。生ビールはピッチャーで何杯お代わりしたことか、老酒も飲んだ。それにしても君達の食欲には驚きました。あれだけの料理は何処に納まったんですかね。

「注文品は残さないようお願いします」

これは彼等に対して無駄な心配でした。

今度、「雲井亭」に行ったら張り紙が有ると思うよ。

「クラブ雲峰 OT様御一行は入店をお断り致します」

とね。

 

 

 

2014年6月18日 (水)

新人強化トレーニング(龍王岳東面)

Fitp6160027                    薬師岳から裏銀そして遠く槍穂が見える。

クラブ雲峰入会後、トレーニングに励む楠兄とヨシミ君にご褒美を上げなければなりません。

「そろそろ本ちゃんクライミングの楽しさを味わってもらおか!」

Mッチの時は宝剣岳中央稜が本ちゃんデビュー戦でした。

デビュー戦だ!宝剣岳中央稜←クリック

「早いもんやね2年経ったよ、つい昨日の様に思うね」

P6150005
トっちゃんと二人で候補地を考えた。そして決めたのが立山連峰の龍王岳(2872m)です。南面に切り立った壁と東面に顕著な岩稜を持つコンパクトながらクライミング要素溢れる好ルートを提供してくれるエリアです。

20140615_84_1
多くの登山者で賑わう立山雄山(3003m)の隣りに位置しながら、龍王岳山頂を訪れる人は少ない。マイナーでもその峨峨とした峰は存在感溢れる佇まいで聳えている

「よっしゃ!龍王岳をデビュー戦の舞台に決定や!」

P6150001001
6月15日(日)ケーブルとバスで室堂に入った。天気はご覧のような快晴です。

「梅雨最中とは思えん天気やね、満足、満足」

P6150002
マアちゃん&Drサトウさんのスキー組6名と出会った。

夜中過ぎに神戸を発ってやって来ました。そして今日の夕方には下山して帰神する日帰り弾丸ツアーだ。

「今シーズンは6回位は来て全部のラインは滑ったわ」

一ノ越を越える我々と別れ、マアちゃん達は山崎カールへと向って行った。

「常連の御一行様、行ってらっしゃいませぇ!」

P6150004
山荘が見える辺りから登山道を右に外し、雪面を辿って一ノ越山荘の上部に出て主稜線を越えた。

「ゴジラの背みたいや、あそこを登るんですか!凄いなぁ~」

そう言われてみれば北穂高岳東稜に似ている。通称ゴジラの背と呼ばれているメジャーなルートだ。

「そうやでぇ、君達があれを登るんや」

P6150006
この御山谷を少し下ってトラバースし龍王岳東尾根の末端に向います。

ここでトっちゃんと意見が分かれた。北東稜からダイレクトに山頂へ登ると主張するトっちゃん。東尾根下部から主稜全部を登ろうと提言する俺です。

結局はトっちゃんが折れて今日は東尾根を登ってビバーク、明日は北東面を登攀すると決まった。

P6150007
今年は残雪が多く6月の中旬を迎えてもこの積雪状況です。

今山行で履く靴は迷いました。アプローチシューズと軽アイゼンで登る予定でしたが、雪の状況から判断して無難に重登山靴と12本爪の積雪期装備にしたのです。

「ピッケル、バイルもバッチリや、完全重装備で登るでぇ!」

今回はクライミングシューズは使いません。トレッキングシューズか重登山靴での登攀です。ドタ靴での登攀訓練も行ってきました。

「君達は、この日の為に妙号岩でアルパインの練習を積んで来たんや!頑張れ!」

P6150009
とにかく龍王岳初見参なので登るルートをアレコレと目で追います。

「どうもあそこのフェースが1P目やと思うがどうや?」

「そうやなぁ、リッジと並行して登ってみよか」

P6150010
リードするトっちゃんには恐れ入ります。トップやからとザックを軽くしても10kgはある。NP主体ですからカムとギヤーもゴッソリぶら下げているのにスイスイと良いライン取りで登って行く。我々も15kgの全装備を背負ってのクライミングとなる。

P6150011

「カムが効くでぇ、ガバやけど浮石が多いから注意せーよ」

融雪期から夏にかけては岩が緩んで浮いている。

「絶対に岩を引っ張るなよ、シュワーと押さえて登れ」

堅い花崗岩でガバは多くスタンスも豊富だ。浮石に注意すれば快適なクライミングが楽しめる。

P6150013
本ちゃん初挑戦の今日を迎えた楠兄です。アドレナリン大放出中だ。

 「メッチャ快適ですわぁ、最高ですわぁ~」

連発してます。

P6150014

コンテで簡単に登る事が出来る中間部です。何処でも登れそうなのでルートファインティングの良いトレーニングになる。

20140615_69_1
ロケーション抜群の岩稜を気分良く登っています。

コールが聞こえたので見てみると浄土山に向うマアちゃん達が手を振ってました。

20140615_74_1
あのピークを越えた先が龍王岳山頂だ。

「富山大の観測所が同じ高さに見えてるわ」

この先、ルートと思える部分に雪が残っています。

P6150017

「トっちゃん、右から上がってるんが北東稜やなぁ、あっちへ行かれますか?」

「そうやのう、行ってみよか、覗いてみて考えるわ」

這松のガリーをトラバースします。

 P6150018
なかなか楽しませてくれるライン取りです。

「君達、ホールドの扱いや足運びが荒い!もっと慎重に動かんと浮石を剥がすか落石を誘発するぞ」

P6150019001
上から冬夏毛の斑模様となった雷鳥がジーッとこちらを見下ろしていました。

「ヨッシャ、ここを雷鳥フェースと命名する!」

20140615_92_1
「そこが頂上やで、二人で先に行きなさい」

爺さん二人は下から彼らが山頂を踏むのを目を細めて眺めておりました。

「シッカリとルートを見定めて登れよ!ほら、そっちはガレが詰まって危ないやろが!落石起こすぞ」

P6150025
4時間程を費やして彼等のクライミング強化訓練ならびにデビュー戦は終わった。

「さて、これからツェルト被って寝てもらいましょか!」

本来は這松テラスでツェルトビバークしたかったのですが、安定した小さな雪田の横をBPとします。水は残雪を解かして使用します。

「あの~、雪解かしたらゴミがイッパイ浮いてますけどフィルターで濾しましょか?」

「アホ!少々のゴミ位で腹は壊さんわい!摘まんで捨てて沸かしたら問題無しや」

「ゴミは胃袋が濾してくれるわ」

ココだけの話、あの人が居たら言うよ・・・・

こうして氷点下の世界でバリバリに凍て付いたツェルトで朝を迎えてもらいました。

「暑う~、蒸れるわ、水くれ!水」

あの人が居たらこれも必ず言ったと思うよ。

P6160041

東尾根から北東稜上部も登ってしまったし、ザイルは落石で傷めたし、予定を雪上訓練に変更した。

雪上歩行、滑落停止、ダブルアックス、アックスビレイとみっちり練習します。

「大山で練習した事を思い出して、身体が覚えるまでやれよ」

P6160042
予定したトレーニングの全てを無事に終了しました。

君達はこれから本当に山と向き合って行く事となります。でも、まだその入り口に立っただけです。山が与えてくれる楽しみや、その裏返しである大きな危険や辛さを理解して下さい。

君達は見たでしょう、俺の横をバウンドしながら飛び去った巨大な落石を、ギリギリで躱したけど当たっていれば私はもうここには居なかったでしょう。

山は万人に対し平等である。イコール、平等の試練も与えます。

すべては登る側の心構え一つです。初心忘るべからず。

「自信と過信は一字違いで大違い、謙虚にね」

岩を引っ張るな!足運びは慎重に!強引な荒っぽい登り方は禁物!今回の登攀中でも耳にタコが出来る程聞かされたでしょう。

何度も言います。

「自分の身を守れなければ人様は守れんよ!」

「トレーニングしてスキルアップするのが最大の保険や!」

エロ仙人大師匠?は良い事を仰っています。心に留めておいてね。

P6160032
楠兄、ヨシミ君、本ちゃんデビューご苦労さまでした。

成長を期待しております。

 

2014年6月 2日 (月)

Mロックってどう?

ここ数日は真夏日が続いています。

「こうも暑いとトレーニングも大変やね」

日曜日はMロックでクライミングだとBBS掲示板での連絡が入った。

Mロックとは整備を続けていた「六甲の忘れ去られた岩場」の一つです。

何とか岩場整備の第一段階も終えた事だし、お披露目のクライミングでもしましょうか。

6月1日(日)AM10:00 大勢のメンバーが集結した。

Dscn4225この岩の存在を確認してから登れるようになるまで半年以上に亘り地道な整備作業を繰り返してきました。その努力とご苦労に感謝と敬意を表します。

集まったのは新旧取混ぜた顔触れです。

ナオヒデくん、トっちゃん、マアちゃん、高ちゃん、萬ちゃん、私のオジン組。

Mッチ、ナオキくん、ヨシミクン、楠ニイ、ユタカくんの若手組。

Dscn4210「ここを登るのが楽しみやったんですわぁ」

Mッチは整備作業には参加しましたが試登をしていませんでした。

まずは西面凹角で軽く小手調べ。

Dscn4213昨日は夫婦で保塁岩に出掛けてコソ練をしていたユタカ君です。

コソ練効果でしょうか、良い感じで登っています。

「Mロックは色々な要素が凝縮した良いゲレンデですよねぇ」

Dscn4209昨夜遅く前穂高岳から戻ったヨシミ君も来ていました。

「君は整備作業功労者の一人やね、負傷までしてご苦労様でした」

(整備作業中に剥がれたフレークが脛を直撃して5針縫う裂傷を負った)

Dscn4216この人も登ってます。そうですクライミング評論家の高ちゃんです。

「登らん事には評論は出来んからなぁ」

今日に備えて購入したスポルティバミウラも痛くて痛くて履いては苦痛に顔をしかめています。

「痛くて履けんのやったら、私が貰いますよ」

回りからキツい突っ込みが飛ぶ。

「アホ!家に帰ってリンスするんじゃ!」

最早リンスの出番が無くなった頭をさすりながら高ちゃんは言う。

温い湯にヘアーリンス(トリートメント)を溶かし、揉んだりシューズを履いて浸しグチュグチュと伸縮させれば柔らかくなって足型に馴染んでくるのです。

Dscn4220楠ニイも膝痛を抱えながらも頑張っています。近々には竜王岳北東面でのデビュー戦が控えています。

Dscn4223初めてMロックを訪れた萬ちゃんが「緑の魔境」を登っています。

「細かいですねぇ~、これは練習せんと登れませんわ」

そうです、練習すれば登れるようになるのです。それを信じて日々の努力を重ねて行きましょう。

Dc20140601_114520この南面にセットされたルートは色々な課題を与えてくれます。

微妙なバランスの保持と足運びが求められます。

「強引に腕力で登ってもそれは登った事にならん」

練習不足は否めません。岩は正直です誤魔化しは通用しない世界だ。

Dscn4207木陰のテラスで憩えば下界の暑さを忘れます。沢筋から吹く風は天然のクーラーです。

「夏場のクライミングはここが一番!そして妙号トワイライトクライミングやね」

こうして本日のお披露目はPM03:00現地解散となりました。

ナオキ達は反省会?しおらしい名目で飲み会をやったらしい。

807180_14011936605月24日~25日の2日間、Mッチとナオキ君が登山指導員必須の日体協公認スポーツリーダー資格検定試験に挑みました。

二人とも見事に合格しました。雲峰の次世代を背負う君達には期待するところ大です。

「良く勉強したね、オメデトウ!ご苦労様でした」

残るは秋に行われる実技検定です。

「君達二人には特に厳しい検定基準で審査してくれるようN君に頼んでおきますね」

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック