« これ3月中旬の大山かぁ?(雪上訓練に行こう!NO.3) | トップページ | 賑やかになったなぁ(忘れ去られた岩場探索) »

2014年3月22日 (土)

コロコロと天気が変わる一日(百丈岩)

Fitdscn0008 暑さ寒さも彼岸まで、いよいよ春本番を迎えたね。

P3210085_2 

「さぁ、クライミングに行くでぇ~!」

喜び勇んで出掛けた一年振りの百丈岩です。集合地点のJR道場駅にはこの7名が集まった。今日は嬉しい事にKACのW君が参加してくれています。昨秋の兵庫県山岳連盟クライミング講習会で私やトっちゃん、O君と一緒だったのです。

ところが空模様が急に怪しくなって雨が落ちてきた。取り敢えず百丈岩へ行こうと武庫川を渉ります。風も強く、なんと、雨は霙に変わりました。

 「春は名のみの風の寒さや・・・・」

 早春賦の歌詞やね。

 「そう云えば来る途中で見えた六甲の山頂部は白かったなぁ、あれ雪なんや」

 「今日は厳しい一日やぞ!寒いっ!」

 岩壁基部へのアプローチもビッショリと濡れております。滑る足場を慎重に登ります。

 北風に乗って小雪が舞うかと思えば青空が広がり岩壁を照らします。

 乾いて登れそうなルートを探し、トっちゃん、ナオヒデくん、楠兄は西壁へ、私、Mッチ、Oくん、Wくんは東稜へと向かいました。

Dc20140321_114712

 東稜は大丈夫だ、一部に水の滲み出しがあるものの、殆んどが乾いていました。

P3210073

 「W君、どうや、ザックを背負ってのクライミングは?」

 これも本ちゃんに備えた練習なのです。

P3210080

 風裏に回り込んで簡単な昼食を摂り、午後からの練習に入ります。

西壁を懸垂下降して何本が登り、中央稜のチムニーと右リッジを登る予定でした。しかし北から黒い雲が流れ込み雪が舞い始めた、空は暗くなり雲の厚みも増しました。

 「アカンなぁ、まだ降るぞ、もう3時前か、早いけど今日は終わりにしようや」

 「W君、俺達いつも、こんな馬鹿話しながら山で遊んでるんやで」

 こんなので良かったら、またおいでよ、大歓迎するわ!

 

« これ3月中旬の大山かぁ?(雪上訓練に行こう!NO.3) | トップページ | 賑やかになったなぁ(忘れ去られた岩場探索) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コロコロと天気が変わる一日(百丈岩):

« これ3月中旬の大山かぁ?(雪上訓練に行こう!NO.3) | トップページ | 賑やかになったなぁ(忘れ去られた岩場探索) »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック