« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

春を感じた氷ノ山流れ尾を登る(雪上訓練に行こう!NO.2)

新しく仲間に加わったメンバーに雪上訓練をと意気込んで出掛けた天児屋山も全く訓練にならず拍子抜けだった。

P1000663_2

ならば氷ノ山に場所を変えてラッセルやアイゼンワークを再度やりましょうと声を掛けた。

「きっと素晴らしい景色とモンスターが待ってるよ!」

登山コースも東尾根では単調で少々面白味に欠ける。増してや好天気の予報が出ている日曜日だし、きっと多くの登山者が入るだろうと思われた。

では昔々に登った流れ尾はどうだろうか?頂上へ抜けるルートとしては最短で岩場?や雪壁?も小さいが有り、変化に富んでいる。流れ尾はきっと良い練習となるはずだ。

P2230020

 楠(弟)君は頑張って雪と格闘してました。

P1000695

重量級の私は壺足でも踏み抜くんです。トホホ・・・

今回の雪上訓練に集まったのは楠(弟)君、Mッチ、私、そして、どうでもエエ(越後屋?善人代官?)オヤジが約一名です。

「高ちゃん、お主も悪よのう、今更あんたには雪上訓練は要らんやろが!」

「俺、体が弱いねん、虚弱体質やから鍛えて」

冗談のキツイ親父ですわ。

「虚弱体質の人間がなんで板餅30個も食って、7000Mのピークに立てるんや?」

プ・モリ登頂から35年も経ったんやね! ←クリック

P2230001

そうそう、チケットを買う時、昔のお姉さんに、

「流れ尾に行くのに何本リフトに乗るの?」

聞いてみました。

「4本で1000円です」

一番上は止まってるんと違うんかいな?」

「上で係員に言うたら動かしてくれます」

「???・・・・」

P1000700002

昔お姉さんのやはり勘違いでした。リフトは3本です。

椅子も外され、鉄塔とケーブルだけが残っている。

3本のリフト代は800円です。

「ニ、ニ、ヒャクエン返せェ!」

結局、余ったチケットは帰りの登行リフトに使ったけどね。

入山届を提出に行き、流れ尾の情報を聞くと、先行パーティーが居るとの事だった。

「オオッ、高ちゃん、ええ靴履いとるのう!」

最新の厳冬期用登山靴ザンバランを履いております。

「この靴、ポカポカや、足先は春やでェ!」

P2230003

リフトから先行するパティ―が見えた。10名程が一列縦隊でラッセルしています。我々も急ぎワカンを装着して旧リフトに沿って流れ尾支尾根の取り付きに向った。

P1000597

シッカリ踏まれたトレースが付いていました。トレースを外しても膝下程度の潜り具合で雪質も軽く、若手はピッチを上げてグングン飛ばしております。

「爺さん二人はボチボチと行こうや」

「そうそう、体が弱いからな」

都合が悪くなると虚弱体質になるのです。

P2230004

この雪庇上が流れ尾です。今年は雪庇の張り出しは小さいようだ。トラバース気味に乗り越えて尾根に乗ります。

P1000609

朝方は小雪がチラついていましたが、天気は急速に好転して春の日差しが強くなってきました。

「K君、トレースを外してラッセルしてごらんよ」

先行パーティーとラッセルを変わろうと頑張ったのですが、なかなか追い付けません。

P2230005

薄く雪が付いた最初の岩場が現れた。これをワカンのままで登りました。

「雪が少のうてワカンが効かんがな!」

「ここはアイゼンやろ!」

P2230006001

さすがにMッチです。手際良くザイルをフィックスしています。

アイゼンに変えて登れば問題の無い所でした。

P2230007

早くも氷ノ山山頂部が前方に見えてきた。

右手の谷がネジレ谷です。最近はBCスキーのルートとなっています。

この辺りで十数年前、5名が遭難している。どうも雪崩にやられたらしい。

我々も東面の谷で雪崩を喰らって間一髪、助かった事がある。今思い出してもゾッとする。

雪も締まってきたので、この先でアイゼンに履き替えました。

P2230008001

地図上のゲジゲジ地点です。岩が出ていて少しは楽しませてくれそうだと期待したのですが、ただの雪壁でした。

P2230011

「K君、しっかりとツァッケを蹴り込んでリズミカルに登りよ」

ここからが アイゼンワークの練習開始です。 

P2230009_3 トレースが主稜線まで続いています。

上の千本モンスター群が見えてきました。

P1000621

こうして上から眺めると流れ尾は最短距離で山頂に突き上げている尾根だと云うのが良く分かりますね。

P1000624001

オジンが二人、呟いています。

「腹減ったなァ、早いとこ登って飯が食いたいわ」

このペースで行くと昼過ぎには山頂へ到着です。

P2230012

リフトトップから3時間で流れ尾を抜けました。

成長したモンスター達が出迎えてくれます。

P2230013

下山して来たパーティーに声を掛けた。

「ルートは流れ尾からですよね?ラッセル有難う御座いました。トレースを使わせて頂き、助かりましたわ」

ラッセルの礼を言うと、

「オオッ、雲峰さんかいな!久し振りや、剣以来やったなァ、あの時は天気が悪かった!」

ゴーグルを外したその顔は、何と、姫路山岳会のお偉方がお揃いでございましたわ!

姫山はあの日、八ツ峰縦走を途中で中止したそうです。

「雲峰さんはあの悪天候の中、南壁を登ったん?」

しかし、あの嵐は酷かった。

閃光走り雷鳴轟く恐怖の剣岳(平蔵谷から本峰南壁) ← クリック

P2230015

山頂到着です。絶好の登山日和に恵まれた平成26年2月23日12:15でした。

下山ルートは東尾根です。踏み固められたトレースは一級国道となっていました。

当然、下の千本杉に入り 「KOYAMA TREE」 に挨拶。

「新しいメンバーも増えています。これからのクラブ雲峰をどうぞ見守って下さいね」

 

              (付録)

       今冬のモンスター達です。一見の価値あり!

P1000667 

 Mッチの撮影作品 その1                     

P1000670_2

 Mッチの撮影作品 その2

         P1000672_2  Mッチの撮影作品 その3 

下山中に救難ヘリが低空で飛来してきた。見ていると氷ノ山越え周辺を旋回している。

駐車場に戻った頃には救助隊員が登って行くのも見えた。

後で知ったが和歌山の67歳男性が滑落して亡くなったそうだ。

氷ノ山を侮ってはいけないと再認識した。

Mッチ君のヤマレコです。

     ↓

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-410765.html

2014年2月19日 (水)

歩け、歩け!(雪の六甲越え)

寒いこの時期こそ体力強化?否、体力維持を心掛けようと、トっちゃんが言う。

3

南岸低気圧の影響で珍しく積雪を見た神戸です。

兎小屋から眺める明石海峡大橋も雪に霞んでいます。

「きっと六甲も真っ白やで、裏六甲から表に抜けてみよか?」

呼び掛けたけど、集まったのは私、ナオヒデ君、トっちゃんの三人だけでした。

Dscn3958
2月16日(日)有馬から入山。思ったより気温が高く、底冷えがありません。

「アカン!これでは氷瀑は出来てないね」

白石滝も雪こそ多いものの凍結の欠片も無い。

予想通り積雪は多く、踏み固められた雪道をアイゼンを装着して百間滝から紅葉谷に抜けるコースへと谷筋を進んだ。

Dscn3959

百間滝手前のゴルジュ上部で渋滞が発生していた。狭い谷筋に多くの登山者が溢れている。フィックスと縄ハシゴが設置してあるが雪と氷に不慣れな登山者が難渋しているのです。

仕方ないので、下から降り方を指示して誘導しましたが切りがありません。

この雑踏?の中にMッチの姿がチラリ?

右岸寄りにルートを変えて渋滞地点を抜けた。

Dscn3961
立ち場所も無いくらいに混み合う百間滝を素通りして紅葉谷道へ抜けました。

旧極楽茶屋までの道も多くの登山者が行き来していました。皆さん珍しい雪景色の六甲山を楽しんでいるようです

そして、これはゴルフ場の防護ネット地点です。凄い雪量です。通路は吹き溜まりで埋まっています。

立っては歩けません。ザックも引っ掛るので這って通らなければならない有様です。

807180_1392603572
これは楠兄から送られてきた写真です。同日、ゴルフ場で撮ったものです。

これだけの積雪を六甲で見た記憶がありません。

ここで鈴蘭台まで歩いて帰る元気なトっちゃんと別れます。私とナオヒデ君はぬかるんだ油コブシを泥だらけになりながら下って行ったのです。

Dscn3963
2月18日(火)はシェフチームの休日です。

ナオヒデ君の計画では伊吹山での雪上訓練を予定しておりましたが、積雪状況や天候を考えて計画を急遽変更、Y君のアイゼントレーニングを裏六甲の白石谷で行う事にしたのです。

O君シェフは膝を痛めたそうで今回は不参加です。

月曜日は真面目に仕事をした私も本日は休んで久し振りに「火曜の会」へ参加させてもらいました。

「日曜日は油コブシやったから今日は芦屋へ抜けるよ」

Dscn3964

ゴルジュを抜けます。

「ドッボ~ン!」

派手な音がして振り返ったらY君がハマっておりました。濡れた靴下を絞りコンロで乾かして事無きを得ました。

Dscn3968

「シッカリと足元も確認して!フィックスに頼らずバランスやで!」

ナオヒデ君から細かなアドバイスが飛んでいます。

 

Dscn3972001
白竜滝の高巻き地点を登るY君です。ザレた斜面も浮石もガチガチに凍結してコンクリされています。アイゼン、ピッケルのコンビネーションを学んでもらうのに丁度良い場所が有ったのです。

「ピッケルを雪にガチッと打ち込んで!ツァッケを利かせて、上体を起こして氷の状況を見るんやで!」

「中途半端に氷に足を乗せると滑り落ちるぞ!」

生徒一人に講師二人が前後に付いての贅沢授業ですね。

Dscn3974

七曲りを下り雨ヶ峠を越えます。この辺りで雪は消えました。

「アイゼンが雪と泥で団子になったぞ!エゲツない位のぬかるみやね」

芦屋ゴルフ場を抜けた所でアイゼンを外しました。横から流れ出す沢の水で泥だらけのアイゼンや靴を綺麗に洗います。

「やれやれ、これで電車に乗っても嫌な目で見られんやろ」

さすがに3日間で2回の六甲越えは身に応える。明日は休養日としますか!

2014年2月 2日 (日)

拍子抜けした天児屋山(雪上訓練に行こう!NO.1)

807180_1391257193                 高倉、くらますの後方に氷ノ山。

天児屋山(1244・7m)は兵庫鳥取の県境上にある静かな山です。藪が雪に埋もれる積雪期がこの山に登るベストシーズンなのだ。

Dscn3886
仕事を終えた金曜日夜から山崎に向った。

この日、文ちゃん、K君夫婦と七種山周辺を散策していたコッチャンは帰宅せず、下山したその足で山崎へ先行しています。

21:00過ぎ、コッチャンと合流し、近くのスーパーで餃子やスキ焼きセット、ビール、日本酒を買い込んだ。

そして、お楽しみタイムとなる。車の中に卓袱台を据え、酒宴を開くのです。

コンロの暖かみ、餃子の焼ける香り、スキ焼きの旨さ、

満ち足りたホロ酔い気分でシュラフに潜り込んだ。

Dscn3901_22月1日(土)08:00山崎道の駅跡パーキングには、この10名のメンバーが集まった。

Dscn3887
ちくさ高原スキー場パーキングから峰越峠に向います。

今回リーダーを務めたMッチにすれば過去2回も深雪と悪天候に阻まれ、時間切れとなり、届かなかった天児屋山だ。

807180_13912571932
Mッチのハイテンションが見て取れるようなベストショット。

「今度は大丈夫です、この天気ですから楽勝ですわ」

Dscn3888
県境尾根取り付きの東屋です。ここまでの県道歩きアプローチは雪もクラストしており、確かに楽勝だ。

Dscn3889
取り付きの急登もワカン無しでも歩ける程に雪は締まっています。

「なんか拍子抜けやなぁ、今日はラッセルと読図訓練をするのが主目的なのに」

P2010051_2
ルート目印となるブナの大樹にやって来ました。降雪後なら重たげな雪を乗せた風情ある姿を見せるブナ林。今日は春の到来を感じる天児屋山だ。

P2010055_2_2
この時期は吹き溜まった新雪を蹴り上げながらのラッセルとなる江浪峠へのトラバースも数日前に踏まれたトレースが残っており、ラッセルもありません。

Mッチリーダーが地図とコンパスによる読図技術をK君に指導しています。萬ちゃんはペナントを付けた標識竹の使用をレクチャーしている。

Dscn3905
三国平です。兵庫、岡山、鳥取の県境交差点だ。

少し雲が出て風も冷たくなってきたが、大して気温の低下は感じない。

Dscn3895

カラ松が点在する雪原が続きます。

澄んだ空、降り注ぐ陽光、流れる雲、輝く雪面、風の音。

トっちゃんの言葉を思い出した。

「俺はどんな名曲を聴くよりも渓流の音、風の音が好きなんや」

彼らも云う、

「こういう登山も好きなんですわ、良いですねえ」

幅広く登山を楽しみながら、そして多くを学んで下さい。

その為なら、私達は協力、努力を惜しみません。

         Dscn3896_4

天児屋山 (1244・7m)には設定タイムの正午前に到着した。

「ホンマにあっさりとの登ったなぁ、去年とエライ違いですわ」   

山頂からは遮る物の無い360度の眺望が広がっています。

Dscn3899_3
新たに雲峰の会員となったK君兄弟です。

「どうぞ宜しくお願いしますね、一緒に楽しみましょうや!」

 雪質も良いので、テン場の整地法、ブロックの切り出しや積み方を体験してもらいました。

Dscn3904
午後になっても大きな天気の変化も見られない。正面に沖ノ山を眺める雪原を下って行きます。

往路で萬ちゃんが立てた標識竹を回収しながらの下山だ。

P2010084

Hちゃんと最後尾を歩きながら、

「メンバーが増えて良かったなぁ、こうして大勢が歩いているのを見るのは嬉しいね」

「壮観やぁ、雲峰を続けた甲斐が有ったなぁ、もう少しで俺も引退出来そうやで」

これはMッチのヤマレコの天児屋山レポートです。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-402826.html

                    ↑

                   クリック

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック