« 寒かったぁ!クライミング2014事始め(古法華) | トップページ | 拍子抜けした天児屋山(雪上訓練に行こう!NO.1) »

2014年1月19日 (日)

今日は読図訓練だ!(点名福原、千本、中村を巡る)

考えてみたら最近は読図訓練をしていませんでした。地図を読むのも大切な登山技術の一つなのにね。

「総会でも定期的に読図をやろうと決めたんやったよなぁ」

こうして久し振りに読図訓練を実施する事になったのです。

「Hちゃん、誰も入らん、道も踏み跡も無い複雑な地形の藪山をチョイスしてくれへんか?」

こんな山を探させたら彼の右に出る者は居ない。

選び出されたのは、たつの市新宮町の北西に広がる山域でした。

Tme001
点名福原(488.2m)~千本(489.1m)~中村(440m)これら3個の三角点を中村集落を起点として反時計回りに周回するコースを設定した。

ナビゲーション情報を地図に記入しながら思った。

「ウーン、これは複雑に何本もの尾根が派生しとるなぁ、難しそうやぞ」

Dscn3858
背後に見える山が本日の読図フィールドです。

本日参加の9名が集まってミーティングを行います。

「別れて両側から登り、途中で交叉しようと考えたけど、天気も不安定やし、樹林帯で暗くなるのが早そうやから、無難に今回は皆で勉強しながら歩こうや」

そして行動時間のリミットは15:00とした。

「エエか、今日は絶対にGPSを使うなよ、コンパスと地図だけやぞ!」

Dscn3843
小さな祠の横から尾根に取り付いた。成程、道も踏み跡も見当たらない。藪や倒木を避けながら尾根筋を忠実に拾って行きます。

Dscn3844

慎重に進行方位を確認しています。

「こいつは楽勝や!散歩や、散歩!」

「まだまだ始まったばかりやぞ!これからやで、油断したらアカンでぇ」

Dscn3845
最初のポイントである点名福原までは高差350mです。藪も無く、快調なペースで高度を稼ぎます。

Dscn3846
行く手を塞ぐ害獣除けフェンスを開け、尾根北斜面の植樹帯を巻くように抜けた。

Dscn3847001
第1ポイントの福原三角点を確認する。

良いペースで予定タイム内に到着している。

「さぁ、第2ポイントの千本へ向かうよ」

Dscn3848
進路はご覧のような快適な尾根筋です。但し、周囲は雑木が視界を塞いでいます。

分岐点と思われる地点では谷や斜面の形状と方位の確認を怠らない。

「この先は要注意ポイントやぞ、NWからSWに進行方位が変わるで!」

「オッ、200°の方位にコルがあるわ!」

尾根を乗り換えるため、枯葉で滑る斜面を下ります。

P1000442
複雑に絡んだ尾根筋を辿り、大きく進行方位を変えること数回、地図とコンパスを睨み、周囲の地形を読み、設定したコースを見出して行く。

「ホンマにややこしい地形やな!今日の山は難問やね」

少なくとも6本の尾根を繋いで歩いている。

「尾根を繋ぐコルを見つけ出すのが今日の課題やね}

P1183502_2

それでも的確に第2ポイントの点名千本を捉えた。

第2ポイントで12:00となった。想定時間で到達している。

「ここで昼飯にしようや、短時間で流し込めよ!急げ!」

Dscn3850
点名千本からは分岐点まで往路を戻り、進行方位を何度も変えながら、第3ポイントの点名中村に向う。

「この先も大きく進行方位が変わるぞ、要注意!」

Dscn3853

尾根幅が広く、鬱蒼として周囲の視界が無い樹林帯に入った。何とも悩ましい地点だった。

それに多量の倒木が進路を覆っています。

何度も、何度も、地図とコンパスで現在地点と進行方位を確認します。

前を歩くMッチ達がコースを外しても練習ですから声を掛けないことにしていました。

萬ちゃん曰く、

「大丈夫です、設定コースに間違いないです、バッチリ正解ですわ!」

「ムムッ、萬ちゃん!お、お主、GPSを使ってるやないか!」

成程、我々が何度も立ち止まり、方位確認だけでフーフー言ってるのに、彼は読図訓練ながらも20数キロを負荷し、余裕綽綽でスタスタ歩いている訳がこれで分かった。

「私、コンパスを使うんが苦手なんですわ、GPSで現在位置は掴んでました」

やて、

Dscn3851
この倒木帯の先に第3ポイントの点名中村への登り斜面が確認できる。

「よっしゃ、これを突破したら中村や、先は見えたぞ!」

Dscn3854
こうして第3ポイントの点名中村に到着した。

「最終ポイントやから集合写真を撮るで!」

約1名のGPS?を除けば、コースアウトも迷いも無く、設定コースを歩き終えた。

さすが皆さんの読図能力は良い線を行ってます。

P1000449
この山域を選んだHちゃんと歩き終えての感想を語りました。

「このコースはルートを外したらパニくるやろなぁ」

そして

「尾根を間違って谷にでも降りてたら地獄やったなぁ!」

黒さを増した空からは白いものがフワフワと舞い始めた。急いで高差300mの送電線巡視路を駆け下ります。

Dscn3857

ゴールの鹿除けのゲートを出てピタリと駐車地点に帰り着いた。

終了時間は14:30で想定タイム内でした。

「完璧やぁ~!」

 

         (知ってまっか情報)

今回の読図に使用するためマップケースを作ってみました。

材料は、

ソフトカードケース(A4)        x 1

クリアケースファスナー付き(A4)  x 1

セフティー伸縮ワイヤー        x 

マジックテープ             x 1

Dscn3864
ソフトケースが2重になりますから、これでファスナーを閉めれば防水は完璧で雨中での使用に耐えられるのです。

ハトメで穴かがりを付けましたからブラ下げる事が出来ます。

両面が透明なので片面に拡大図を入れ、片面には山座同定用に広域図を入れています。

Dscn3865
マジックテープを付けましたので移動中は丸めています。

そして伸縮ワイヤーを使っていますので手元には楽に届きます。

Dscn3858002
この様にザックに下げることも出来ますから歩行の邪魔にはなりません。

Dscn3866
コンパスには携帯電話用のストラップを使っています。これもワンタッチでコンパスが外せるので非常に重宝しています。

安価で作成したマップケースでした。

一度お試し下さい。

« 寒かったぁ!クライミング2014事始め(古法華) | トップページ | 拍子抜けした天児屋山(雪上訓練に行こう!NO.1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は読図訓練だ!(点名福原、千本、中村を巡る):

« 寒かったぁ!クライミング2014事始め(古法華) | トップページ | 拍子抜けした天児屋山(雪上訓練に行こう!NO.1) »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック