« トンボ返りで初冬の大山 | トップページ | 明けましておめでとうございます。(年頭に想う) »

2013年12月24日 (火)

忘れ去られた岩場を探そう(そして付録は一本松君の新聞記事)

六甲山系には多くの岩場があります。芦屋ロックガーデン、堡塁岩、蓬莱峡などはメジャー級でしょう。その他にも妙号岩、岡本バットレス、オコモリ谷(ねこもりバットレス?)、仁川渓谷、城ヶ越、記念碑台裏石切り場跡などがあるのですが、どうだろう今でも登られているのだろうか、それとも長い年月の流れの中で深い藪に沈んでしまったのだろうか。

Dscn3777001
冬場のクライミングは寒風吹き荒ぶ中では辛いものがあります。風が当たらず、南向きで陽当たりの良い暖かい岩場がないものかと、あちこち藪を徘徊するトっちゃんです。

Dscn3771001
探せば見つかるものですね。こんな岩場が出てきました。

Dscn3808001
他にも20mはあろうかという大岩も見つかりました。

Dscn3805001
壁一面に蔦がビッシリと張り付き、苔生してもいます。生茂った蔦の間から残置ハーケンが確認されました。

「おおッ、やっぱりなぁ、昔は登られていたんやわ!」

Dscn3799001
ここにも緑の苔で覆われた岩にボルトやハーケンが残っておりました。遙か昔、この岩にもクライマーが訪れていたのです。赤く朽ちかけた残置ボルトが歴史の証人だ。

Dscn3817001
金ブラシで丹念に岩の苔や土を落として試登するマアちゃんとナオヒデ君です。

「この岩は立ってるし、なかなかに手強い岩やわ!」

「探せばあるんやね、楽しい岩場が!」

藪に埋もれた過去の岩場に再び光を当てようプロジェクトなんて如何なもんでしょう。

        知ってまっか?情報

今朝の神戸新聞にイッポンちゃんの写真入りの記事が掲載されておりました。

Img
イッポンちゃんと私は兵庫県山岳連盟の技術・遭難対策委員会の担当理事で酒飲み仲間でもあります。彼と飲んで話し込むといつも日付が変わり御前様となってしまうのです。

彼は私の若かりし頃の旧悪を知る怖い存在でもある。

「写真を見たら真面目に仕事してるように見えるんやけどなぁ・・・?」

きっと店の奥から嫁さんが睨んでいるでしょうね。

« トンボ返りで初冬の大山 | トップページ | 明けましておめでとうございます。(年頭に想う) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘れ去られた岩場を探そう(そして付録は一本松君の新聞記事):

« トンボ返りで初冬の大山 | トップページ | 明けましておめでとうございます。(年頭に想う) »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック