« クライミング講習会に行く(保塁岩) | トップページ | 秋を感じる保塁岩 »

2013年8月24日 (土)

ここにも少雨の影響が!(小田原川)

当初の予定では土曜日に鈴鹿の元越谷へ行く計画でした。ところが渓流男のMッチが会議と家族サービスで参加アウトと連絡してきた。

天気も秋雨前線の南下で雨との予報が出ており、どうも芳しくない。遠路、鈴鹿まで出掛けて行って雨に遭うのは願い下げにしたい。

それなら予定を金曜日に繰り上げて、近場の小田原川に変更するのはどうだろうか。午後から雨となるのは間違いない、谷自体は時間的にも午前中で登り切ってしまえる。雨に遭って増水しても登山道が平行しているので簡単にエスケープできる。

金曜日の早朝、勤務シフトで仕事が休める文ちゃん、ザコッペ、そして私の3人で峰山高原へと向った。

P8230006
黒岩の滝パーキングスペースに車を置いて登山道を下降した。下りながら眺める小田原川は水量が激減している。ここにも今夏の少雨が影響しているのです。谷の状況から判断して入渓ポイントを鉄製橋から堰堤上部へ変更した。この水量では堰堤より下流は伏流水と化していると思われたからです。

ご覧のように堰堤付近は干上がっています。何度か訪れた小田原川ですが、この光景には些か驚きました。

P8230007入渓したが見慣れた巨岩の間を激しく流れ下る噴流の姿は無く、穏やかな流れを辿る事となった。

P8233246水量は少ないながらも、シャワークライミングは出来ました。水の冷たさが酷暑に痛めつけられた我が老いた体に活力を与えてくれます。

「オイオイ、お姐さん、どこへ行くねんな、戻ったらアカンがな!」

P8233248沢の申し子Mッチが来て居れば必ず通るであろうラインを登ります。

ここも水量が有れば小滝だろう。

P8230013右肩脱臼が完治していない文チャンは今日も腕が肩より高く上がらないように戒め紐?で固定しております。

P8230015ゴルジュや淵も水深は胸位です。泳がなくても通過出来ました。

014_016これは以前に来た時の二条の滝です。

P8230025右岸側の滝は姿を消し、ゴルジュが現れ、この小滝が有るだけでした。二条の滝を過ぎれば小田原川も後半に入ると目安にしていたのですが、気付かず通過したようです。

P8230022

このゴルジュも普段の水量なら水面下に沈んでいます。

「一発派手に飛び込んでごらんよ!」

P8230021入渓して2時間近く、休憩も摂らず登ってきました。

「君らと一緒やと殺されるわ!」

元気印の二人に付き合うのは大変だ。

P8230027
この滝は文チャンも私にも記憶にありました。

「文チャン、これを過ぎたら黒岩の滝やろ?」

「そうやで、でも二条の滝は無かったよなぁ、おかしいな、見落としたんかな?」

P8230029黒岩の滝です。流れも細く、かなり寂しい姿でした。鬼のような二人の口からやっと、

「休憩して、何か食いましょか?」

朝の5時に朝食を摂った私の胃袋は空っぽです。

P8230031左岸の簡単なルートを登ります。何時しか空は黒い雲が厚みを増してきました。文チャンは右肩を庇うように慎重に登っています。

P8230032

これにて小田原川の核心部は終了です。

「さすがに君らと登ったら早いなぁ、もう終わりやで!」
P8230035ここからも滝が連続していて小田原川は最後まで我々を楽しませてはくれましたが、取水堰堤で止水しているのでしょう、上流部は極端に水量が落ちて一部は涸れた沢となっていました。
P8233258前回はアマゴの姿も見かけたこの淵も淀んでいます。 目にするのはチョロチョロと泳ぐハエばかりでした。

  P8230037ゴール地点の止水堰堤にタッチ。2時間半ほどの渓流散策は予定通りのタイムで終了しました。
P8233260小田原川の良いところは「アプローチが楽」の一言に尽きます。

駐車場所から入渓点までの下降50分、遡行に2時間程度とお手軽に沢登りして駐車場に戻れる。こんな沢も珍しい。実に楽しい所です。

装備を外し、昼飯を食い出した頃、暁晴山の方向が真っ黒になり、ゴロゴロと鳴り出した。

「そーら来た、予報通りや。それにしても峰山高原は涼しいねえ」

ポツポツと泣き出した空、この雨が秋を運んでくれるでしょうか。

「秋よ来い、来い、秋よ来い、涼しい秋風連れて来い」

ススキの穂が揺れて手招きしておりました。

« クライミング講習会に行く(保塁岩) | トップページ | 秋を感じる保塁岩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここにも少雨の影響が!(小田原川):

« クライミング講習会に行く(保塁岩) | トップページ | 秋を感じる保塁岩 »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック