« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

秋を感じる保塁岩

今週末から小川山でのクライミング合宿が予定されています。それに向けての練習とミーティングを保塁岩で行う事にしたのです。

今日、火曜日はシェフグループの定休日ですが、荻チャン、サッチャンは休日返上で頑張っているそうで本日は山チャンのみの参加となっています。

保塁岩を吹き抜ける風は爽やかで、日陰に入ればヒンヤリしています。数日前までのあの酷暑は前線の豪雨が流し去ってくれたようです。

P8270001_2彼にとって初見参となる保塁岩、垂直にそそり立つ壁を前にして緊張の面持ちです。

「そんなに怖い顔して岩を睨まんでも・・・」

P8270002
インドアに始まり、妙号岩や芦屋ロックガーデンで外岩クライミングも経験しました。

「どうや?保塁は芦屋や妙号とは別格やろ、気合入れて登りよ」

傾斜の強い壁です、腕力に頼ると腕が持ちません。

「足やで、足で登り、肘は伸ばして!腕力に頼るな!」

P8270003_2
電光クラックをリードで登るトっちゃんです。クライミング自体よりも小川山に向けてカム使用のチェックを重点的に行う最終調整に入っております。
P8270004同じく最終調整に入るナオヒデ君、こちらもカム使用の練習を入念に行っております。ハル君も大きな問題も無く練習を終えました。

電光クラックの取り付きに居たら、トっちゃんが

「Kチャン、携帯がさっきから鳴ってるで」

得意先からの連絡でした。何処に居るのかと聞かれたのですが、まさかクライミング中とは言えませんでした。

「今、六甲の裏側なんです、電波が悪いね」

以前にも穂高岳天狗のコルでも、平日の山に入ると似たような事が起ります。携帯電話の普及と通話エリアの拡大には恐れ入ります。

見積りを提出していた案件の受注が決まったとの連絡でした。作業日程が小川山と重なってしまいました。私のような貧民は仕事をしなければお小遣いも貰えません。こうして私の小川山は夢となって消えてしまいました。

私とMッチは仕事、コッチャン、サコちゃんは体調の関係で行けなくなりました。

参加者はトっちゃん、ナオヒデ君、ハル君、ザコッペの4名となってしまいました。皆さん、小川山を大いに楽しんできて下さい。

抜けるような青空と吹く風が六甲山に秋の訪れを告げています。

トっちゃんが叫んだ、

「あッ、アキアカネや!」

2013年8月24日 (土)

ここにも少雨の影響が!(小田原川)

当初の予定では土曜日に鈴鹿の元越谷へ行く計画でした。ところが渓流男のMッチが会議と家族サービスで参加アウトと連絡してきた。

天気も秋雨前線の南下で雨との予報が出ており、どうも芳しくない。遠路、鈴鹿まで出掛けて行って雨に遭うのは願い下げにしたい。

それなら予定を金曜日に繰り上げて、近場の小田原川に変更するのはどうだろうか。午後から雨となるのは間違いない、谷自体は時間的にも午前中で登り切ってしまえる。雨に遭って増水しても登山道が平行しているので簡単にエスケープできる。

金曜日の早朝、勤務シフトで仕事が休める文ちゃん、ザコッペ、そして私の3人で峰山高原へと向った。

P8230006
黒岩の滝パーキングスペースに車を置いて登山道を下降した。下りながら眺める小田原川は水量が激減している。ここにも今夏の少雨が影響しているのです。谷の状況から判断して入渓ポイントを鉄製橋から堰堤上部へ変更した。この水量では堰堤より下流は伏流水と化していると思われたからです。

ご覧のように堰堤付近は干上がっています。何度か訪れた小田原川ですが、この光景には些か驚きました。

P8230007入渓したが見慣れた巨岩の間を激しく流れ下る噴流の姿は無く、穏やかな流れを辿る事となった。

P8233246水量は少ないながらも、シャワークライミングは出来ました。水の冷たさが酷暑に痛めつけられた我が老いた体に活力を与えてくれます。

「オイオイ、お姐さん、どこへ行くねんな、戻ったらアカンがな!」

P8233248沢の申し子Mッチが来て居れば必ず通るであろうラインを登ります。

ここも水量が有れば小滝だろう。

P8230013右肩脱臼が完治していない文チャンは今日も腕が肩より高く上がらないように戒め紐?で固定しております。

P8230015ゴルジュや淵も水深は胸位です。泳がなくても通過出来ました。

014_016これは以前に来た時の二条の滝です。

P8230025右岸側の滝は姿を消し、ゴルジュが現れ、この小滝が有るだけでした。二条の滝を過ぎれば小田原川も後半に入ると目安にしていたのですが、気付かず通過したようです。

P8230022

このゴルジュも普段の水量なら水面下に沈んでいます。

「一発派手に飛び込んでごらんよ!」

P8230021入渓して2時間近く、休憩も摂らず登ってきました。

「君らと一緒やと殺されるわ!」

元気印の二人に付き合うのは大変だ。

P8230027
この滝は文チャンも私にも記憶にありました。

「文チャン、これを過ぎたら黒岩の滝やろ?」

「そうやで、でも二条の滝は無かったよなぁ、おかしいな、見落としたんかな?」

P8230029黒岩の滝です。流れも細く、かなり寂しい姿でした。鬼のような二人の口からやっと、

「休憩して、何か食いましょか?」

朝の5時に朝食を摂った私の胃袋は空っぽです。

P8230031左岸の簡単なルートを登ります。何時しか空は黒い雲が厚みを増してきました。文チャンは右肩を庇うように慎重に登っています。

P8230032

これにて小田原川の核心部は終了です。

「さすがに君らと登ったら早いなぁ、もう終わりやで!」
P8230035ここからも滝が連続していて小田原川は最後まで我々を楽しませてはくれましたが、取水堰堤で止水しているのでしょう、上流部は極端に水量が落ちて一部は涸れた沢となっていました。
P8233258前回はアマゴの姿も見かけたこの淵も淀んでいます。 目にするのはチョロチョロと泳ぐハエばかりでした。

  P8230037ゴール地点の止水堰堤にタッチ。2時間半ほどの渓流散策は予定通りのタイムで終了しました。
P8233260小田原川の良いところは「アプローチが楽」の一言に尽きます。

駐車場所から入渓点までの下降50分、遡行に2時間程度とお手軽に沢登りして駐車場に戻れる。こんな沢も珍しい。実に楽しい所です。

装備を外し、昼飯を食い出した頃、暁晴山の方向が真っ黒になり、ゴロゴロと鳴り出した。

「そーら来た、予報通りや。それにしても峰山高原は涼しいねえ」

ポツポツと泣き出した空、この雨が秋を運んでくれるでしょうか。

「秋よ来い、来い、秋よ来い、涼しい秋風連れて来い」

ススキの穂が揺れて手招きしておりました。

2013年8月19日 (月)

クライミング講習会に行く(保塁岩)

毎年開催されている兵庫県山岳連盟普及委員会の主催するクライミング講習会が今年も行なわれています。座学や登山研修所のクライミングウォールを使っての実習に続き、外岩での講習となりました。

講習が行われたのは保塁岩中央稜です。8月18日(日)09:00に山上パーキング集合となっています。

P8180038
金曜日に講習会の講師を務めるN君から電話が入りました。

「IPPONチャンがギックリ腰になってもて来られへんねん、手伝うてーな」

ビレーヤーとサポートなら出来ますから喜んでお手伝いさせていただきます。トっちゃんにも声を掛けて2人で出掛けた。

P8180039
保塁岩中央稜の様子です。賑やかに講習会が始まりました。大ハング中央クラック、電光クラック、凹角ルート、右クラック、チビッコハングを登ります。

各ルートに交代でトライしてもらいました。講師はN君とNZさんが勤め、私とトっちゃんがビレイヤーとなって動きます。

P8180041
中央稜下部を果敢に攻めています。

「体重の移行や、骨盤?を動かして、足で登れ!」

クライミングは腕力に頼ると長くは登れません。足で登る、これ基本です。

P8180044
講習の後半は厳しいルートの登攀となりました。

「今年の講習会は無茶苦茶レベルが高いなぁ」

中央稜西面ジグザグクラック、サラマン、スカイフレークです。全て5.9以上?でしょう。

「アカン、握力が無くなった、燃料切れですわ!」

力尽きて体が宙に舞います。

ビレヤーをしていたトっちゃんも我慢出来ずにジグザグクラックに喰らい付きました。

「トっちゃん、目がマジになってるで!」

P8180048_3サラマンをリードするN君です。無駄の無い流れるような動きに見とれてしまいます。

P8180049

トっちゃん曰く、

「アカン、あんなクライミングを見せられたら火が付いたわ!俺もやるでぇ」

P8180050_4
講習が終わったのは18:00近くになっておりました。長時間のクライミングだった。上を向いた姿勢でのビレイは疲れます。首筋はガチガチに張ってしまいました。

来週の日曜日は大勢の子供達が夏休みクライミング体験教室で登山研修所にやって来ます。

「トっちゃん、暑いけど来週も頼むで!協力してな」

帰路は山麓線に乗って大渋滞に巻き込まれた。迂闊にも今日もサザンのコンサートがある事をすっかり忘れていました。車はノロノロとしか流れません。腹が減って眩暈がしそうだ。やっとユニバ競技場まで動いた。入場出来ないのかしないのか、人人人が場外まで溢れています。

「ははぁ、成程、音楽が外まで聞こえてるわ」

見えなくても場外からでもサザンを聴きたいのでしょう。

サザンオールスターズファン恐るべし!

2013年8月17日 (土)

お疲れ様でした。

まだまだ日中の酷暑は厳しいですなぁ、頭がクラクラします。

妙号岩トワイライトクライミングで夕涼みしよう。

15:00集合です。前ノ壁テラスに私、ナオヒデくん、ハル君、トっちゃんと久し振りにRYUちゃんもやって来た。

皆さん、本日の妙号岩でのトワイライトクライミングにご参加頂きご苦労様でした。

ナオヒデ君、しっかりと練習して小川山ではトっちゃんを唸らせたりよ、登った者勝ちやで!

剣豪RYUちゃんは練習不足や!穂高へ遊びに行くぞ!用意せーよ。

もう少しで涼しくなるでしょう。それまでは我慢、我慢です。来週は元越谷にでも行きましょうや。

2013年8月11日 (日)

涼しいなぁ!(万ヶ谷遡行)

暦では立秋だと云うのに、この猛暑はどうだ。

こうも暑いとトレーニングも思うように出来ません。今週も沢へ涼を求めて出掛けようかと話がまとまる。

「暑いにも程がある、我慢の限界を超えてるね」

P8100020

向う先は宍粟市波賀の万ヶ谷です。ご覧のように清流を頭から浴びて連続する滝を乗り越えて行く沢登り。ここは下界の猛暑を忘れる別天地だ。

「この爽快感がたまりませんなぁ」

私なんか耳に水が入って、なかなか抜けずに往生しました。


  P8100015万ヶ谷で多く見かけた花。

岩タバコだろうか?
  

 P8090002仕事を終えた面々が集まり21:00に出発した。山崎道の駅駐車場で今夜は泊りです。
食材、ビールを買い込んで恒例の飲み会です。宴会部長のコッチャンが安静中のため不参加なのが何とも寂しい。
P8100003

各自が好きな所を選んで寝ています。Mッチはハンモックを吊って揺られておりました。

揖保川河畔は街よりは涼しいかと期待したのですが、ムッとするような湿気で寝苦しい夜となった。Fail_2車はゲートボール広場横に置かせてもらった。ここから万ヶ谷入口までは数分だ。

P8100004
R29横から薄暗いソーメン滝を越えて遡行の開始です。(08:10スタート)

  100_0716

清流に足を浸せば眠気もスッ飛びました。

「よーし、気合が入ったぞ、行くでぇ~」

P8100021

この人も沢登りとなるとテンションが上がる変な人です。

 「今日も両方が右足の靴と違うか?」

 「それを言わんといて下さい、今日は大丈夫です!」

P8100008

3段50Mの大滝です。今日も轟音を響かせ豪快に落下していました。

P8100009  

右岸から上がる予定でしたが、眺めてみると2ピッチ目辺りでブッシュに入るようだ。

「午前中に谷を抜けんと雷雨になるぞ、あんまりノンビリとは出来んわ」 

今日の県北部は大気が不安定で山間部では雷雨となるらしい。

「先を急ごう、雷雨はあかんぞ、剣で懲りたからなぁ」

午前中勝負とみて前回同様に左岸の滝身に沿った最短ラインを上がりました。

P8100010緑に苔生した川床、澄んだ流れ、木漏れ日と、この谷は美しい。このままの姿が変わらぬ事を切に願います。

  
  P8100013

泳ぐ人あり、滑って流れに落ちる人あり、何をしても楽しいのです。心は完全に童心に戻っている。

 P8100006連続して現れる小滝は正面突破だ。ホールドが無ければお助けロープの登場です。お助けロープは沢での必携アイテムですね。
P8100007流れに逆らって背泳でゴルジュを泳ぐMッチです。
「その恰好はどう見てもラッコやな」

  P8100023
万ヶ谷の核心部ともいうべき連瀑帯に入ったようだ。一条の滝のように小滝が連続している。

  P8100025
迷路のような連瀑帯です。左右の岩、流れを見ながらルートを見つけて進む。

  P8100026「あれが最後の滝やぞ」
20M大滝です。これを登れば万ヶ谷遡行は終わるのです。

  P8100027滝壺手前から右岸の垂壁にルートを取ります。落ち葉と苔と泥で滑りますから慎重にザイルを出して登ります。
P8100031001滝音で声は掻き消され聞こえません。合図はホイッスルで行います。  P8100033001_220M滝の落ち口を狙って登ります。斜面に張り付いた木の根が良い手掛かりとなる。

 100_0742落ち口へのトラバースも足元が不安定で慎重な動きが要求されます。
「上手いことルートを取って登ってますなぁ」

  100_0738万ヶ谷の核心部はこうして終わった。谷はここで様相を一変させ穏やかな平流となります。
「終了点での一服はやっぱり旨いのう!」

  P8100036万ヶ谷遡行終了は予定通りの12:00でした。涼しい河原で装備を解き、昼食にします。P8100037河原に小さなケルンが積んである。ここから道標のあるコルまで藪漕ぎすれば最短距離で日ノ原山登山道に出られる。
コルからは植林帯を下り、日ノ原集落を通り、R29をブラブラと短時間でゲートボール広場に戻った。
波賀温泉でサッパリと汗を流し帰路に付いたのですが一宮辺りを走っていると稲妻が走り雷鳴と共に大粒の雨が来た。振り向けば山々は白く雨に煙っています。
「沢は一気に増水してるやろなぁ、この雨で街も涼しくなるぞ!」
しかし家に戻っても一滴の雨も降っておらず、蒸せるような熱気が渦巻いていました。


  

2013年8月 5日 (月)

衝動買いをしてしまった!(スポルティバボルダーX)

この靴は長年愛用しているファイブテンのフェノムXCRです。

Dscf9050

ゴアテックスを使用しており防水に優れ、ステルスラバーの靴底はグリップも最高です。濡れた岩でも快適でした。無雪期のアルプスはこの一足でこなしてきました。しかし近頃はボチボチと傷みが出始めました。 この靴は今は絶販品となっており店頭から姿を消しています。 聞けばインターネット販売では今もあるようですね。

Dscf9071
この靴の後継品として外形のよく似たファイブテンインサイトのミドルカットを買ってみたのですがグリップ性能は同じですが防水面ではフェノムの性能には遠く及びませんでした。

「もう少し汎用性のある靴が欲しいなぁ」

あれやこれやと次の靴を探していました。

40515881_o1

今回の剣岳合宿でトっちゃんが履いている黄色のこの靴に目が止まりました。スポルティバのボルダーXです。底は適度な硬さを持ち、ハイカットで足首も固定され重いザックを背負った時も安定し、岩のグリップも良いと聞きました。

「この靴やったらグレードの低い壁なら楽に登れるんや」

成程、平蔵谷もしっかりとアイゼンをセットして登り、風雨の本峰南壁も岩を捉えて快調に登っていました。

「これかいな、インターネットで購入した靴と云うのは?」

「ホンマ、この靴はエエよ!ゴアテックスで防水は良いし、軽いしグリップも効くし、岩稜登攀にはバッチリや」

「ワーッ、欲し~い!」

Dscf9048
山から帰って早速、ネット検索しました。有りましたトっちゃんと同じカラーリングのスポルティバボルダーXです。しかし残念ながら私の足に合うサイズは在庫切れだった。発注から入手まではかなりの時間が掛かるそうだ。でも未練が残る。特別な流通ルートか並行輸入品なのか店頭価格よりは6000円も安いのだ。

「安いのは魅力やけど、納期がなぁ、夏が終わってしまう」

三ノ宮に出たついでに好日山荘神戸店に寄ってみました。棚に有りましたボルダーXが、カラーリングはトっちゃんのとは違いグレーレッドとカラフルです。

棚から下して履いてみました。

「オオッ、エエやないか!ピッタリやわ」

顔見知りのスタッフからも勧められました。

どうも私はセールストークにも弱いようです。

「よっしゃ!高いけど、えーい、買うわ!」

これを称して衝動買いと云うのでしょう。

家内から貰った今月の細やかな小遣いも一瞬にして靴代と消えたのです。

「今月はどうしよう?酒も呑めんなぁ・・・」

この日は登山研修所の夜間当番でした。そこで人口岩場やクライミングウォールを登ってみました

「ウーン、納得や、これなら少々の壁なら登れる」

研修所屋上から神戸港の花火大会を眺めながら呟いていました。

翌日の日曜日はトっちゃんを誘って裏六甲の谷筋を半日歩きました。新しい靴の試し履きです。

沢の濡れた岩、湿った土の斜面、ザレた斜面、ガレ場も歩いてみました。

「バッチリOKや!こいつがこれから俺の相棒やね」

Dscf9072

高価な靴ですが性能は納得できました。

空になった財布を振りながら、

「さて、今月はどうして暮そうかなぁ?」

 

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック