« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

閃光走り雷鳴轟く恐怖の剣岳(平蔵谷から本峰南壁)

2013年夏山合宿は昨年に引き続き剣岳と決まっていました。問題は天気の判断です。結局は当初予定より遅れること2週間、計画実行のタイムリッミットとした7月25日(木)夜、北陸の梅雨明けを待たず、天気の好転を信じ神戸を発ったのです。

7月25日夜発~28日夜帰神としました。

Img003
まずはこの写真を見て下さい。下山途中の別山尾根から前剣方向を撮ったものです。不気味な黒雲が頂上部を覆い渦巻き、閃光が走り、雷鳴が轟き、激しい雨で壁には数条の滝が現れました。

この画像からも今回の剣岳がいかに大荒れだったかご理解頂けるでしょう。各山小屋からは登山客の宿泊予約のキャンセルが続き、最悪の7月だとボヤキが漏れていました。実感でしたね。

Photo

ルートは剣沢をベースとして平蔵谷から本峰南壁A2を登攀して頂上に到る雪と岩のアルパインルートです。

Pict0076
日程変更で参加が出来なくなった当初メンバーのコッチャン、ザコッペを除き、トッちゃんをCLとして私とナオヒデ君そしてMッチの4名です。

今回の剣岳はMッチの登山技術向上を考慮して組まれたプランであるとも云える。

  

 P7260018
室堂から雷鳥坂を重荷に喘ぎ、4時間で剣沢に到着です。

この日の天候は曇り、日差しは無くて暑さは感じず、歩くには良いコンディションだ。

剣沢キャンプ場は閑散としていた。天気が悪く入山者が少ないのだ。

Mッチはご機嫌斜めです。隣りに設営したパーティーが煩いと怒っているのです。

「何がビールで乾杯じゃ!やかましいわい!」

辺りは完全に濃いガスに包まれ、夜半には雨がパラついた。明日の天気もどうなる事やら。

20:00には眠りに落ちた。

Cimg2071

天気を考えると昼頃には山頂に抜けたい。今日は午前中の勝負だと考えています。

04:00にテント場をスタートした。剣沢をアイゼンを装着して一気に下った。
 

  P7270024

平蔵谷の出合に到着した。取り付きには目印となる巨岩があります。見上げれば重たげなガスが垂れ込め平蔵谷上部はまったく隠れて見えません。

   Cimg2082

右手の源次郎尾根を見て、現在の高度地点を判断しています。

「あそこが1峰と2峰のコルやなぁ、南壁はまだまだ先やな、しんどい登りやわ」

 P7270026
「オーイ、南壁はどこじゃ?もっと右かな?」

風が動きガスが薄れた。右手に岩壁が見えてきた。ボンヤリと平蔵のコルや登山者の姿が見える。   
P7270027

どれがA2かと意見が分かれています。資料の写真と照らし合わせて確認します。

「あそこに見える顕著なバンドがA2の取り付き点やわ、トっちゃんが正解ですなぁ」

A2の確認は出来たものの、大きなシュルンドが口を開いていて渡れません。

急な雪面を行ったり来たり、やっと見つけたシュルンドの崩壊点から下降する事にした。

P7270030

大きなキノコを切ってザイルをセットしました。ザイルにバックアップを取り、一人一人、慎重に下降します。

「へビー級の俺が先に降りて確認するわ」

Dscn0097002

A2から別山尾根平蔵のコルを見ています。残雪が多いとは聞いていましたが、シュルンドは4~5mありました。

Cimg2090

平蔵谷を見下ろしています。画像左下に見える露岩の間を抜けて上がってきました。

「こうして眺めると平蔵谷も上部は、なかなかの傾斜やなぁ」

小雨が降って岩壁は濡れましたが、ガスの切れ間から青空も見えて天気の心配も消えたかに思えたのですが・・・・

P7270032
当初はA1とA2に分かれて登攀し山頂で合流するとしていました。しかし今日の状況では同ルートを距離を開けて登るのが賢明だとの結論です。

先行パーティーはトっちゃん、Mッチです。

約7ピッチで150mから200mの高差を剣岳山頂に向って登り切るのです。
 

P7270036
今日の岩は湿って滑ります。しかし浮石に注意さえすれば問題無し、快調にザイルを伸ばしていきます。

「青空が出て来た、岩が乾いたら快適やぞ!」

  Cimg2087

残置ピンが多くシュリンゲを多用します。要所にはカムを効かせて慎重かつハイピッチで登るトっちゃんです。
Dscn0099001 

こうして上から見るとシュルンドがパックリと口を開けていますね。

「あれでは近づけんわなぁ」

Cimg2088

棚には岩屑が堆積しザイルを引いただけで落石となります。先行のトっちゃんパーティーが丁寧に除いて積んでおりました。

「行き届いたご配慮に感謝いたします」

平蔵のコルから下降してくる登山者が見えています。
  

Cimg2093

ビレイ点には2人が立てます。先行のトップが動けば後発のトップが上がります。

核心部を抜け、先行組からコンテで行くとの合図が聞こえてきた。次のピッチで後続組もコンテにしようとした矢先、急速に黒い雲が流れ込んで風が強まった。 やがて雷鳴が轟き、小豆粒位の雹がヘルメットを叩き出した。雹は辺りに白く積もったものの、すぐに雨へと変わり視界は閉ざされてしまった。

頂上へ直上するか左方向に出るか、雨とガスの前方を睨んでいると、先行組からのホイッスルが聞こえた。

「ナオヒデ君、左方向に早月尾根への分岐標識が見えてるわ!A2はもう終わってるようやで!」

   Cimg2094

「Mッチ君、登頂おめでとう、そしてお誕生日おめでとう」

剣岳(2999m)2013年7月27日12:40

誰も居ない貸切りの山頂でした。

彼は昨日が誕生日だったのです。この山行は印象深く、きっと思い出に残る事でしょう。

  P7270039001

風雨吹き荒ぶ山頂部から急ぎ下山にかかる。カニノヨコバイを通過し梯子場へ、鎖にはセルフを取って安全を確保しています。

閃光走り、雷鳴轟き、雹が打ち付けると最悪の状況下でも余裕をもって慎重に行動しています。

梯子を下った所に壊れた小さなトイレ?小屋があります。この小屋に入って雷雲をやり過すことにしたのです。トイレですが扉も無く、便器を外し板が張られ、立ったままだと4名は入れました。

「これがホンマの雪隠詰めやなぁ」

「俺達はクサい仲と云うこっちゃわ」

  P7270040暫く避難していると雹も治まり雷鳴も少し遠退いたようだった。

「少しは良くなったみたい、雨だけなら問題無しやね、さぁ行こうか!」

それは平蔵のコルから前剣に向う辺りでの事だった。

Mッチのザックに刺したバイルからブーンと低く蜂の羽音のような共鳴音がし、パチパチと放電するような音と共に生臭い匂いがしました。オゾン(O3)が発生したようです。

彼は駆け出して身を伏せました。ナオヒデ君も岩陰で体勢を低くしています。

私も岩に身を寄せ身構えました。その途端、西面の空間に強烈な閃光と雷鳴、否、爆発に近い衝撃が走った。

身体がグラつきました。

「ワオーッ、近かったなぁ、怖い!」

後で知ったのですが、この日、雷鳥坂では落雷の衝撃で吹っ飛ばされ2名の負傷者が出たそうだ、直撃でなかったのが不幸中の幸いです。

前剣の山頂部は姿勢を低くして、

「雷さん来るな、雷さん来るな、来んといて!」

駆け抜けて行きました。

   P7270041

久し振りに恐怖感を味わった。剣岳は立山曼荼羅では地獄の針山として描かれている。今回は正にそれを嫌と云うほど味わった。

一服剣付近、ここまで下れば何とか安全圏に脱出したという安堵感を感じる。

12時頃に荒れ出した天気は治まる気配を見せず、翌朝の撤収時まで続いたのです。

P7280044
何か、疲れ切った顔をしていますね。

「そらそうやろ、嵐の中で長時間頑張ったもんなぁ」

剣沢小屋でビールを仕入れ乾杯です。

「Mッチの誕生祝い? 登頂祝い?それとも生還祝いかなぁ」

そして全てがタップリと水分を含み、往路よりズッシリと重みを増したザックを背に、トボトボと足取りも重く、小雨の剣沢を後にしたのです。

Mッチのヤマレコ記事です。こちらもクリックして一読下さい。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-327001.html

 

P7270039

2013年7月24日 (水)

奈良の薊岳へ

Img当初の計画は両仏山から峰山を予定していました。登山当日、麦谷林道に到着すると、林道は工事中で通行止となっておりました。こう云う事も有ろうかと万一に備え、別途に薊岳も考えていたのです。

7月14日(日) 薊岳

参加者は山下、萬ちゃん夫婦を含めた計7名です。

山を薊岳に変更して移動する。車を降りると日が照り付け暑い暑い。しかし山に取り付いて登りだすと徐々に涼しくなり快適な登山となった。

今回歩いたコースは私にとっては45年振りとなる懐かしい道でした。春は石楠花が咲く良い山ですが、この時期は花を愛でる楽しさはありません。しかしブナの林が心地良く、時間をかけて、ノンビリと薊岳を楽しんできました。

                 報告者   山下

2013年7月23日 (火)

ご褒美に沢遊びはいかが?

火曜日が休日のシェフ軍団です。練習熱心で毎週のように山にやってきます。その熱意に押され、教える我々も力が入ります。

クライミングも基礎はマスターしたし、この辺りで少し息抜きさせてあげようと考えました。

我々は10日程前に今年の逢山峡の水量、水質はどうか下見に登ってみました。

「問題無し、OKや、沢の初体験ならここが手頃で楽しめるやろ」

P7230001
涼を求めるには沢歩きが最高だと伝えていましたので出発時から、その期待に彼らのテンションは上がっておりました。

彼達の足に合いそうな渓流シューズや渓流足袋を用意してきました。オギちゃんだけはランニングシューズで我慢して下さい。その代りにシュロ紐(園芸用)をしっかりと靴に巻き付けてもらいました。これが意外と効果満点で岩をグリップして滑らないのです。

P7230009
「オーイ!誰か沈んでるぞ、大丈夫か?」

派手なダイビングに歓声も上がりました。

今日は普段の練習熱心さに感じてのご褒美登山ですから存分に楽しんで下さい。

P7230011
彼女はトっちゃんが用意したラバーソールの渓流靴を履いて登っています。

教えられた基本動作を続けスリップもせず、逢山峡の滝を見事に完登しました。

「この娘はザコッペの2代目になる可能性があるぞ、良いセンス持ってるわ!」

   P7230012_2

鍋谷ノ滝を登ってみました。張り切り過ぎてサングラスを付けたまま滝壺へダイブしたオギちゃんでしたが、結果は高価なサングラスの沈没行方不明。お気の毒さま!

 
P7230014_2

逢山峡核心部のゴルジュを突破します。

「えーっ、ここを登るんですかぁ!」

当然の事、初めて経験する登攀ですから不安げな様子でしたが、登り切った彼らの顔は満足感に溢れておりました。 

「流れに負けんように頑張って泳げ!」

 P7230013
彼はシュロ紐を巻き付けた靴で登っているのですが、滑る爪先は使わず靴底を上手く押し付けてゴルジュをクリアしました。

   P7230019
猪鼻ノ滝も快調に登り、今日の沢遊びは無事に終了となりました。

橋の上で濡れ物を乾かしながら遅めの昼食です。遡行中に川底で拾った缶ビールが喉に染み渡り、旨かったですね。

「これって拾得物横領? こんな落し物は大歓迎やね」

バーベキューの廃棄ゴミが目に付きます。六甲山系の貴重な清流ですから大切に汚さず守って行きたいものです。

剣沢合宿は7月25日の夜からの出発と決まりました。果たして天候はどうなるか?それでも行くぞ!

        (雑 記)

    126177236160616432717_091117n9211m1

海上自衛隊行進曲に「海をゆく」があります。長く隊歌として唄われていたのですが、歌詞が現代の風潮にそぐわないと云うことで新たな歌詞となりました。これがなかなかの名曲で、聞いていると、このマーチは軽快で勇ましくて心湧き立ちます。テーマとなっている海を山に置き換えて歌詞を変えると良い感じになりました。

山の歌として使えそうです。クラブ雲峰の会歌にしましょうか。

 

(1)

      明け空告げる峰をゆく

   歓喜湧き立つ朝ぼらけ

      備え堅めて高らかに

   今ぞ新たな陽は昇る

   おお堂々のクライマー

   山を征すわれら

(2)

       朝霧薫る谷風に

   映える命の山桜

      熱い力の意気燃えて

   凌ぐ嵐は虹と咲く

   おお精鋭のクライマー

   山を征すわれら

(3)

   絆に結ぶ伝統の

   誇り支えるこの山河

   永久の栄えを祈りつつ

   担へ若人明日のため

   おお栄光のクライマー

   山を征すわれら

疲れた時やモチベーションを上げる時、鼻歌で歌いながら登っている私です。

P7230014

2013年7月14日 (日)

夏は近場でこれだ!(逢山峡で沢遊び)

剣沢合宿は延期となりました。北陸地方に前線が停滞し梅雨が明けず剣周辺は悪天候が続いているのです。例年の梅雨明けは7月20日前後なので日程の再調整となります。

それにしても暑い、否、暑すぎる。

沢遊びでクールダウンをしようとの話が出てきた。この猛暑ですから大賛成です。

候補地は奈良の神童子谷、宍粟の万ヶ谷、扇ノ山の来見野川です。

100_0596

どの谷も膝の靭帯を痛めているMッチに負荷が大きい、今は無理をさせられない。近場でお手軽な裏六甲逢山峡で沢遊びをすると決めた。

P7130025_2
出発準備をしているとMッチが悲鳴を上げた。

「ワーッ、大失態ですわ、困ったなぁ」

彼は渓流靴を2足持っているのですが、ザックから出てきたのは、なんと右足ばかりでした。

コッチャン曰く、

「両方とも右足を履いて歩け!」

やはり、これは無理でした。

P7130030
結局はアプローチ用のサンダルシューズを履いての遡行となりました。当然の事、グリップしませんので歩き辛そうのは見ていても気の毒な位です。

P7130029
歩くのを極力避けて淵は泳いでいます。

「最高ですわ!気持ち良いですね」

P7130008001
下部の堰堤越えです。コンタクトラインを登ることにしたのですが、ここはヌルヌルで滑りまくります。以前、トっちゃんがスリップして顎に裂傷を負った曰く付きのポイントです。



 P7130016001
核心部のゴルジュにやって来ました。さぁ行くぞと泳ぐ準備をしていると、Mッチが、

「ここは私にリードさせて下さい!」

「それは良いけど、お主はサンダル履きやんか、それでは滑って登れんやろが?」 

「Kちゃん、エエやんか、行かしたり、落ちても下は水や、大した怪我もせんわ、行け、行け!」

   P7130034001
予想通りMッチは悪戦苦闘の末、何とか突破して行った。

「一番美味しい所を譲ったのに、あいつパニクッとるぞ!」
 

P7130037逢山峡を登って、いつも思う。六甲山は手近にハイキング、クライミング、渓流と多彩なフィールドを提供してくれる得難い山だとね。

P7130038_2

ゴルジュで犬を連れた夫婦に出会った。

「わーッ、おっちゃん久し振りやわぁ」

トッチャンの顔を見て声を掛けてくれました。

ワンコは「ワサビちゃん」1歳になったばかりのピチピチギャルの黒ラブです。

私は一度だけ妙号岩で出会った事がありました。「ワサビちゃん」は大きくなって悪戯盛りですね。トッチャンは何度か出会っていて彼達とは親しいそうだ。

P7130043猪鼻ノ滝は折角だからとザイルを張って登ってもらいました。

「どうですか?夏の遊びはこれが最高でしょ?」

Mッチは我々の期待を裏切らず見事なスライディングで滝壺への直下降を披露してくれました。

「やっぱりサンダルでは無理でした、滝壺で嫌と云うほど水を飲みましたわ」

きっと水の味はホロ苦くもあり、そしてドロ臭かった事だろう。

靴を忘れて来たのを見たのはMッチで3人目です。皆さん出発前の点検を怠らないよう、ご注意をお願いします。

そういう私も先日はハーネスを忘れたわ。

          ( 雑 記 )

   Dscf9020_2

垂水の町外れに転法輪寺という真言宗の古刹が有ります。

Dscf9026001

蓮の花が綺麗に咲いたと聞いた。柄にもなく観に出掛けました。

Dscf9035

ここには重要文化財指定の阿弥陀如来坐像がありますが本物は収納庫に保管されているのでしょうか? 

Dscf9043001

本堂に坐した阿弥陀様は真新しく金色に輝いておりました。

Dscf9046参道は緑に覆われて、鳥の声が心地良い静かな道です。周辺は住宅開発が進み、この一角だけが昔の風情を残しています。   

    Dscf9023_2弁財天を祀るお堂を囲むように蓮が咲いていました。                                             

    Dscf9022
蓮が花開く時にはポンと音がすると云いますが聞いたことないですね。

    Dscf9027
まだまだ蕾も多くこれからが見頃となるでしょうね。

  Dscf9030

塩辛トンボも待ってます。ぜひ一度お出掛けを、綺麗ですよ。

    

Dscf9023


Dscf9026

 

2013年7月 7日 (日)

幻想的だった今日の妙号岩

7月6日(土)家を出る頃は晴れ間が見える上々のお天気だった。しかし鵯越を過ぎた辺りから濃い霧が立ち込めてきました。

Dscf9017

剣沢合宿は来週に迫っている。ザイルパーティーの最終確認と合宿計画の打ち合わせに集まった面々です。

2_4強い南風に乗り、流れ込んだ濃い霧で石井ダムも見えない。湿気が肌に纏わり付き、不快指数は100%です。

風を避けて茂みの中に入った。計画細部の打ち合わせにと取り出した合宿計画資料が瞬く間に湿気てしまいました。
    

    Dscf9008
前の壁テラスから中の壁が見えません。幻想的な風景で深山幽谷の感あり、墨絵の世界を現出しています。

「これはアカンぞ!ヌルヌルズルズルやで!」

「滑りそうやね、それでも登りますか?」

どの壁も全面シットリと湿っていました。

    

Dscf9004

今日の岩はご覧のように濡れております。でも妙号岩の岩質は風化花崗岩なのでザラ付いた表面が何とかグリップしてくれます。
  

「登るでぇ!ガスや小雨の中を登攀する状況は何度も経験してるしなぁ」

「まぁ合宿前やから怪我をせんよう慎重に登ってよ!」

Dscf9003

周りの壁は水が流れております。少しでも乾いていそうなルートを選んで登ろう。

「コッチャン!ビレイ解除!OKや!」

「ウーン、あそこは滑りそうやのう!えーい登るとするか」

 

Dscf9014
剣岳に初挑戦するMッチです。彼の一挙手一投足を先輩達が見つめています。

「まぁまぁエエ線やね、OKや、剣岳参戦を許可する!」

終了点からは風が強くて懸垂ザイルはループして繰り出す下降をしております。

「少し手順が違ってるとも思えるけど、安全対策も問題ないから、これも合格やね」

さて残る心配は来週末の天候だけです。梅雨が明け眩しい陽射しの下で剣岳の雪と岩の世界を攀じる。

「どうか晴れますようにお願いします。テルテル坊主でも吊るそうか!」

2013年7月 1日 (月)

臨時総会を開いた

6月29日(土)臨時総会が開かれました。

4月に開催した定期総会で議題となった会則規約を改定するのです。

Dscn3673クラブ雲峰会員過半数の出席と賛成で規約改定は承認成立となります。15:00神戸登山研修所には17名が集まりました。委任状が17通となっており、臨時総会は成立し満場一致の賛成で規約改定は承認されました。

懐かしい顔も出席してくれています。最近は渓流釣りに励む市川君、そして立杭の古民家で日々、創作に励む今や有名画家となった大越君です。

「こうして眺めるとクラブの人材は豊かやね」

来年は創立50年を迎えるクラブ雲峰です。

半世紀に亘る長い歴史を築いてきた先輩諸兄、仲間達に感謝します。

「今も雲峰魂は決して忘れていません!私も頑張ります」

こんな力強い言葉も聞こえた。


「皆さん、これからもどうぞ宜しくお願い致します」

  Dscf9006_2
日曜日は同期3人で妙号岩テラスに出掛けマッタリとした時間を過ごしておりました。

石井ダムや菊水山を望むテラスは午後は日陰となり涼しいのです。

クライミングしているより駄弁ってる時間が長い。ボチボチ登るとしよう。

「しまった!ハーネスを忘れて来た!」

何ともドジな私です。

テープスリングとシュリンゲで代用しましたが、

「懸垂したらタマ三郎ちゃんが潰れるかと思ったわ!」

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック