« これから、もっと登山の楽しさを知って下さいね。(本番編) | トップページ | 飲んで食って歩いた大峯山系(2) »

2013年5月 7日 (火)

飲んで食って歩いた大峯山系(1)

五竜岳合宿に参加出来ず悶々たる日々を送っていたMッチから連絡が有った。

「どこか行きましょうや、付き合って下さい」

白山へ板を持って行こうかとも考えた。

あちこちの山を検討した結果、最終的に大峯山系と決まり大忙しの出発準備となった。

Img_0001001_2
     Photo

コースは和佐又ロッジから入山して大普賢岳に登り、行者還岳へ、そこで一泊して翌日は七曜岳まで戻り水簾滝(無双洞)を経由して和佐又に戻る一泊二日の山行とした。

「コッチャン、これやったら楽に行ける。酒と食い物をゴッソリと持って、楽しいぞ!」

Mッチの呼び掛けに答えた私とコッチャンの3名で21:00に神戸を出発。五竜岳で残った食料をメインとし、新たに酒の肴も仕入れ、酒はビール、清酒、芋焼酎を取り揃えた。

P5030002
今夜は上北山村道の駅で寝る事にした。真夜中の酒宴となったのは当然の事です。

「クーッ、ビールが腹に沁みる!堪らんわ!」

   P5030005_2和佐又ロッジに車を駐車します。一日の駐車料金は1000円です。
これが高いのか安いのか、道路や施設の整備管理費と領収書に書いてあった。

P5030004
「これがスキー場やったてか?どこを滑るんや?」

今はキャンプ場としての利用があるようだ。

  P5030007コースを確認し、GPSをセットする。

「今日はユックリと行こうぜ、飛ばすなよ」

Mッチに牽制球を投げておきました。

   P5030040_2「俺達だけ軽荷で悪いね、ハンデやからね」

Mッチが大半の装備を背負っています。

「大丈夫です、来月の東京出張帰りに谷川岳へ行きますので、その練習ですわ」

 

    P5030010

4個の岩窟から成る笙ノ窟(しょうのいわや)洞窟群です。

P5030018
窟の上は巨大な岩だ、オーバーハングした壁が覆い被さっています。


   P5030051
日本岳コル(文殊のコル)から本格的?な梯子登りが始まります。よくぞここまで整備したと褒めたい位、見事に鉄梯子と鉄階段の連続となります。

   P5030025和佐又ヒュッテで昨日は降雪があったと聞いた。成程、小普賢岳辺りの日陰に少し残っておりました。


  P5030031
大普賢岳(1779.9m)に到着した。

「山はどうでも良いから早いとこ行者還まで行って酒にしようや」

1_2
一応は辺りの山を見回し山座同定もしました。

  P5030033

雪解けでぬかるんだ道を慎重に進みます。

「気を緩めたらズルッといくで、今日は登山やからね、飲み会と勘違いしてませんか?」

   2
振り向くと結構険しい山容となっておりました。この辺りの谷筋は厳冬期には凍結して立派な氷瀑が出現する。

   P5030050
地図とGPSで現在地を確認する。国見岳を過ぎ、七曜岳も越えた。次の行者還岳も近い。

この周辺はバイケイソウ(梅蕙草)が群生している。アルカロイド系の毒性が有るそうで鹿も食わない。
       P5030051

前方の出っ張りピークが行者還岳なんだろう。

「何で行者還って云うんやろか?」

 「そら行者さんかて、長い山歩きに飽き飽きしはるやろから、ここで帰ると言うたんと違うかなぁ」

       P5030116
ビックリしました、立派な行者小屋です。我々は小屋の裏手にテントを張りました。到着した15:00頃は宿泊者も数人でしたが、夕方に覗いてみると、超満員となっておりました。

 「ずらりと鰯の缶詰みたいにシュラフが並んでますわ」

    P5040060

八経ヶ岳、弥山は雲に隠れたままで姿を見せませんでした。
      

P5030122
食って飲んでの始まりです。餃子、ハムステーキ、コンピーフ炒めetcだ。  芋焼酎のお湯割りが冷えた体に沁み渡る。

     P5040124
腹は満たされ酔いが回れば後はシュラフに潜って爆睡だ。梢を揺らす風の音も今夜はBGMみたいなもんです。

  P5040063_2
行者還岳の巻道を登り返す。長い木製梯子登りは飲み会明けの身には応えます。

P5040065

行者還岳(1546.2m) 樹木に覆われて眺望のない山頂だった。
 
   

P5030040

« これから、もっと登山の楽しさを知って下さいね。(本番編) | トップページ | 飲んで食って歩いた大峯山系(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲んで食って歩いた大峯山系(1):

« これから、もっと登山の楽しさを知って下さいね。(本番編) | トップページ | 飲んで食って歩いた大峯山系(2) »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック