« 荒島岳に登ってきました。 | トップページ | スキーシーズンは終わったね。(愛車のデビューだ!) »

2013年3月24日 (日)

オールドクライマー集合せよ!

「3月23日(土)は百丈岩へ集まろう!」

呼び掛けてみました。
Img_0229003集まってきましたオールドクライマー達が、メンバーの年齢を平均するとオーバー還暦となります。
「オッと、妙齢なる女子が居りましたね、これは失礼をば致しました」
高ちゃん。古ちゃん、ザコッペにすれば数十年振りとなる百丈岩クライミングなのです。
Dscn7436
朝方は今にも泣き出しそうな空模様でしたが、取り付き点に向かう頃には薄日が射し、春の暖かさを感じる絶好のクライミング日和となった。Img_0231001_3まずは西壁を攀り、中央ルンゼを下降した。西壁のアンカーから懸垂する予定でしたが、そのルート上で他のパーティーがレスキュー訓練を行っており、K君、ザコッペも取り付いています。
Img_0232002_4ザイルを投げると落石を誘発しそうで怖い。リスクを避けてザイルをループして手繰り出しながらの懸垂とした。

 

P1020609_3_2
百丈岩中央稜の山頂はこんな所です。岩陰には遭難慰霊碑があります。
Img_0258001数十年振りの百丈岩中央稜です。古ちゃんは感慨一入と云った感じですね。
「新旧クライマーが並んでいる所は絵になるで!」
「時の流れを嫌でも感じるね」
Img_0270001
そうそう、この爺さん二人を忘れてた。
トっちゃんは今も雲峰をリードする現役クライマーです。
そして高ちゃんは数十年振りに百丈岩に戻ってきたのです。
二人が喋っております。
「トっちゃん、台湾雪山南壁初登攀の頃よりクライミングが上手なったなぁ、凄いわ!」
「いやいや、高ちゃんもブランクが有ったのに、これだけ攀れたら上出来やで、大したもんや、流石は高ちゃんや!」
オジンが二人で褒め合っておりました。
「気色悪いなぁ、お互い褒め殺し合いか?」
Img_0268
数々の登攀記録を持つ往年の名クライマー高ちゃん、プ・モリ西壁のサミッターでもある。プ・モリ登頂から35年も経ったんやね! ←クリック
「あ~ぁ、とうとう焼け棒杭に火が付いたか!俺は知らんぞ!嫁ハンが怖いでぇ」
Img_0260
ザコッペは旦那のリードで懐かしの百丈岩を堪能しているようです。
Img_0230
「Mッチ、今日は古ちゃん師匠にエエ所を見せたれ!」
今日の彼は強烈な花粉症に苛まれ苦しみながらも頑張っておりました。
Img_0251
中央稜から眺めてみると東稜には、我が雲峰オールドクライマー達の弾んだ声が響き、楽しんでいる姿が見えています。
Img_0237004_8
「ピンは古いから頼りにはならんし、岩も浮いてるから慎重に登るね」
Mッチは古ちゃん師匠に遠慮してリードさせて下さいと言えなかったそうだ。
今日は意外と大人しいクライミングをするMッチ、後で聞いたら左膝下に裂傷を負って縫合し、まだ抜糸はしていないそうです。
「それでも、どうしても、今日は百丈岩へ来たかったんですわぁ!」
Mッチ、変に憎めない奴です。
Img_0252002
もう一人、変な奴が居ました、高ちゃん曰く、
「Kちゃんは人生をラッキーだけで生きて来たんやで!」
「こう見えても人並みの苦労と辛酸は舐めて来とる!」
私もやはり変なオジンなんでしょうか。
「ここは股座がスースーする位スッパリ切れとるなぁ、この高度感が堪らんのや!」
やはり変なオジンでした。
P1020612_4
岩陰に一輪だけヒッソリと咲く春蘭です。
「社会の片隅で慎ましく生きる私の姿そのものや!」
可憐な花に我が身を映し、涙する私なのです。

« 荒島岳に登ってきました。 | トップページ | スキーシーズンは終わったね。(愛車のデビューだ!) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールドクライマー集合せよ!:

« 荒島岳に登ってきました。 | トップページ | スキーシーズンは終わったね。(愛車のデビューだ!) »

フォト

ブログリンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック