2017年6月20日 (火)

西山谷を登り下りする。(サークルHMA講習会)

今年は空梅雨なんでしょうか、良いお天気が続いています。お蔭様で予定されている委員会事業も順調に消化する事が出来て有り難いです。

6月17日(土)はジュニアクライミング教室と並行して保護者の皆さんにもスポーツクライミングでの安全な確保技術(ビレイ)を体験して頂く催しが開かれ神戸登山研修所は今日も賑わっておりました。

P6170035
強い日差しを避けるためブルーシートで日除けを張っております。多くの元うら若き乙女?の御婦人方がお見えになるので我々は何かと細かな心配りが必要なんですよ。

翌日の6月18日(日)はサークルHMAの6月例会が控えており連日のご出勤です。

P6170056

今日も綺麗な夕焼けが西空を染めています。明日の天気も問題なさそうだ。

「今日は早寝して明日に備えて少しでも体を休めます」

この歳になると疲労はそう簡単には抜けてくれないのです。

P6180039
08:00、JR住吉駅にサークルHMAのメンバー12名が集まりました。

 6月の例会は六甲西山谷での技術講習会です。

今日の目的は谷の下降を想定したものです。下山ルートに谷筋を下るコースを選択したり、谷に迷い込んでしまった場合や沢登りでの撤退もあります。パーティーを引率するリーダーはどう判断し行動するかを体験してもらいます。 

まず西山谷を最上部のチョックストーン滝(F18)まで登ります。

病弱な私ですから今回もトっちゃんに無理を頼んで助っ人に来てもらいました。

「いつも無理を頼んでごめんな、君はサークルHMAの名誉顧問ですわ」

P6180052
今日の西山谷は吹き渡る風も爽やかで日陰ではヒンヤリと感じる最高のコンディションです。

この谷は亡き私の父親が好んで登っていた谷でもある。若い頃、学生時代を富山の高岡で過ごし立山連峰に親しんだと云う父、よく昔話をよく聞かされたものです。

昔は六甲山に雪が積もった日はゴルフ場が開放されスキーが出来たのです。父はいい歳なのにスキーを担ぎアイゼン着けてゴルフ場まで西山谷を登ります。少々変わった行動をとる理解できない親父でした。私が高校生の頃、親父に誘われて何度か登山しましたが私の目的は下山後に親父が飲ませてくれるビールでした。未成年で煙草や酒です、親父は何も言いません。古き良き時代の話です。

私とはまるで正反対のパワフルでワイルドでアバウトな人でしたね。

P6180054
空梅雨模様で水量も少ないと思っていたのですが予想に反して水量は普段と変わりません。

P6180048
西山大滝(F7)です。何度も転落死亡事故が発生している要注意ポイントですから慎重にフィックスロープをセットしてセルフを取っています。

P6180057_2
F17の右岸サイドを下降します。支点は大きな立木を使っています。

12名が懸垂下降するのですから時間が掛かります。これが大変な作業なのだと、それを体感してもらうのも学習です。

P6180061001
急峻な第5堰堤の高巻きを懸垂下降して安全圏に抜けた面々です。大滝(F7)も懸垂下降したかったのですが滝を登るソロの沢屋が取り付いているので遠慮したのです。

P6180063001

陽が暮れてヘッドランプを点して下る事まで実践しようと考えていたのですが予定より早く終わってしまいました。(F7を懸垂下降していたらヘッドランプの出番だったでしょうね)

この時点で私の頭の中は無事に講習会が終えたことの安堵感よりビールの泡が支配しています。

「この時間から開けてる居酒屋を探せぇ~!







2017年6月12日 (月)

クラブ内オリエンテーション(数学の授業かいな?)

6月11日(日)は神戸登山研修所で読図とクライミングの基礎技術の講座が開かれました。

今年度に入会したメンバーを対象とした講習なんです。

 P6110016
最初の講義は読図の基礎学習です。 講師は市っちゃんが務めます。

地図上の北とコンパスの磁北は西にズレがあります。それを磁北偏角(西偏)と言い、場所によって磁気偏角は異なります(日本では6~10度位かな?)。そこで向う山域の偏角を事前に調べこの角度を地形図に記入する作業が必要となります。

Img
今回教材として使う山は氷ノ山にしました。流れ尾から山頂に登り東尾根を下るコースを想定して地図上に磁北線を引き、コース、進む方位、距離等の情報を記入したナビゲーションマップを作成するのです。

P6110018001

磁気偏角を7度30分としてナビゲーションマップを作成するのですが、ここで必要なのが三角関数です。タンゼントがどうのと前の黒板には何やら数式が書かれています。磁気偏角の分を10進数でラジアン単位に変えて地図の縦の長さを計ってタンゼント値を出します。講師の市っちゃんは大学では工学部専攻ですから数学は得意ですね。

「今は簡単ですわ、スマホに関数計算のアプリが入ってるんですわ」

便利な世の中ですね。

初めての参加者はコンパスを片手に磁北線の角度算出や進行方位の確定、距離と悪戦苦闘してます。

P6110024
地図の講義が終わり、次の講義はクライミング基礎技術です。今回はラッペルステーションのリングにロープを通してロアリングする「結び替え」の手順を学んでおります。この講義は大谷君とケンちゃんが担当してます。

P6110026

昼食後は場所を屋外のピラミッドウォールに移し実技講習です。リードクライミングやビレイの指導が続きました。昼頃に雨が降りましたが実技を始める頃には薄日が差してきました。

P6110029
終了点での「結び替え」を実地指導で行っております。

私は昨日のトっちゃんと夕方までやっていたマルチの疲労と登り過ぎで股関節が痛くてどうしようもなく、ディレクターチェアーに座って講習を眺めておりました。

日が陰り涼しくて、あまりに気持ち良く、ついウトウトしてしまいました。

「エライコッチャ、見てみ、クロダさん逝ってもとるぞ~!」

「生きとるわい!」

後輩の成長を見ながら幸せそうな顔で大往生してると思われたそうです。

「ホンマにそれやったら、幸せな終わり方やな」

P6110032

本日はお疲れ様でした。来週も次のカリキュラムが待ってるようです。

基礎的な技術の修得に励んで下さい。まだまだ学ぶ事も多いし経験の積み重ねも必要です。

見ているだけで楽しくて、皆がとても頼もしく感じられた嬉しい一日でした。

トっちゃんに言われていました。

「若いモンの講習ではオジンは口を出したらアカンぞ!黙って見とけよ」

2017年6月 4日 (日)

痛みを分かち合おう

P6040014
この集合写真をご覧下さい。全員が左腕を上げた同じポーズをとっております。市ッちゃんがゲレンデにやって来たから歓迎と敬意を表したんです。

P6040006
左肩腱板断裂の接合手術から2ヵ月、軽いリハビリ程度の動きしか許可が出てないのに何をトチ狂ったのか市ッちゃんがゲレンデにやって来た。見学位なら良いだろうと見ているとハーネスは着ける、シューズまで履くのです。

「オイ、オイ、無茶するな!何をすんねんな、接合個所がまた切れるぞ!」

P6040008
仕方ないので登らせる事になりました。トップロープをギンギンに張って墜落に備えます。

「アカンと思ったらすぐに止めて降りて来いよ」

なぜ大人しく回復するまで我慢をするという簡単な事が出来ないんですかね。強い意志と自制心が働けば耐えられるはずです。彼の行動は常識人たる私には全く理解出来ません。

私なんか退院から一ヶ月の検診で病院に行ってドクターに言いましたもん、

「どうですか?過度な運動は控えられてますよね?」

「ハイ、ヒマラヤ遠征も止め、登山は自重して静かな日々を過ごしております」

市ッちゃんにも見習って欲しいものです。

P6040012
それでは市ッちゃんと痛みを分かち合おうとトっちゃんが言い出した。

「左腕を使えん様にスリングでシッカリと固定してくれや」

全員がハンデを付けて右腕一本で登る気妙な遊びが始まりました。

「副ちゃん、片手で登る方が上手いやないか! これからずっと左腕は固定したままで登れ!」

登ってる私にも声が掛かります、

「オーイ黒ちゃん、心臓は動いてるか?」

「ハイ、何とか動いてますわ」

クラブ雲峰は変な連中の集まりですね、子供がそのまま大きくなったような、良い意味では天真爛漫かな、こんな事してるから嫁さんを筆頭にして家族から冷ややかな目で見られるんですわ。

 

2017年5月29日 (月)

今週末も真面目に動いております。

5月27日(土)は神戸登山研修所へ出掛けました。私も運営に参画しているジュニア委員会主催のクライミング講習会があるのです。

P5270014

集まったのは小学3年生から6年生の5名です。中でも3年生と6年生の姉妹が参加していましたがお姉ちゃんはかなりハイレベルなクライミングセンスを持っていました。言われた指示をしっかり理解してムーブを起しルートを攻略完登して行きます。登る前にオブザベもするし、一流選手並みです。厳しく指導する根津君が感心しておりましたね。妹ちゃんもかなり頑張ったのですがお姉ちゃんを超えられずお母さんに抱き付いて泣いてます、よほど悔しかったんでしょう。この姉妹はきっと強くなると思いますよ。

P5270017
この子は「サキちゃん」小学3年生の女の子です。毎週のように家族揃って神戸登山研修所へボルダーにやってくる研修所のアイドルです。私が初めてサキちゃんに会った頃は幼稚園児でしたから時が経つのは早いもんです。この親子3人を見ていると心が和みますね、仲よく明るくて良い家族です。今日も私は自分の息子、娘夫婦や孫達を見るお爺ちゃんの顔になっていたようです。

「サキ!偉い、偉い、よう頑張ったなぁ~」

P5270016
同じ日、遭難対策・技術委員会が主催するセルフレスキュー講習会も行われています。今年度から兵庫県山岳連盟理事に就任し遭対・技術の委員となった市っちゃんも来ていました。彼は左肩の腱板断裂接合手術を受けており動きも制限されているのですが、

「ビレイヤーは出来ます。登りたいんですが、我慢するしかありませんわ」

ジュニア講習には同じく常任理事の金谷君も来ています。彼も肩の腱を断裂して手術したのですが大人しくせず動き回り、結果は再手術となってしまいました。

「市っちゃん、我慢して安静にしとかんと金谷君の二の舞やぞ!」

ウンウンと横で金谷君が頷いています。故障者リスト入りメンバーが増えてますなぁ。

P5280022
人の事を言えませんね。翌日の日曜日はトっちゃんと2人でホームゲレンデに出掛けクライミング感覚を取り戻す基礎練習に励んでおりました。10:00から15:00頃まで2人だけですから休憩も少なく何度も何度も有るか無しかの細かいスタンス、ホールドを捉えて立ち込むバランス練習を繰り返しておりました。

「クライミング感覚が少し戻ってきたぞ!エエ感じやわ」

納得のVサインを出すトっちゃんでした。

「俺も岩の感触を手足の指先が思い出してきたわ」

未だ、私はこんな段階なのです。

珍しい事に今日は大勢のクライマーで賑わっていました。聞いてみると摩耶山友会のメンバーです。ここは大所帯のクラブやもんね。

P5280029
帰宅してベランダに出てみると夕焼けの西空に不穏な煙が立ち昇っています。かなり大きな火災が発生しているようだ。調べてみると播磨新島の工場が燃えているとの事です。我家から見ると播磨新島はこんな方向になるんだと初めて認識しましたね。

2017年5月21日 (日)

まだまだリハビリは続きます。

5月21日(日)はトっちゃんがセットしたリハビリ第2弾が私を待ってました。

今日はクライミングをさせてくれるらしいです。

「クライミングかぁ、ホームゲレンデは距離も近いし今日のリハビリは楽勝やね」

この考えは少々甘かったようです。

P5210001
アレレ?、岩場の前を素通りして石井ダムの300階段を下ってます。

「甘いのう、午前中は歩いて、昼からがクライミングや!」

だそうです。

「トホホ・・・やっぱりね、思った程、楽はさせてくれませんなぁ~」P5210002_2
ダムの300階段を登り返す程度で今日は堪忍してもらえると思ったんですけど、それも駄目でした。

今日の気温は真夏日近くまで上がるとの予報も出ています。汗が額から滴り落ち眼に入って痛い。小まめに水分補給をしなければ脱水症状を起しかねません。とにかく暑い!クソ暑い!

「この暑さの中を歩くの?今日こそ絶対に倒れるわ!」

トっちゃんのリハビリ恐るべし、耐えるしかありません。我慢、我慢。

P5210003
鵯越方面に進み、そこから送電線巡視路の急な登りでヒーヒー言わされました。ところで何処の送電線巡視路もそうですが何んであんなに急な道なのかね。クライミングと聞いたのでザックにはクライミングギヤー類、ロープも担ぎ、水も2.5リットルは入れてます。暑いし、虫はまとわりつくし、肩に食い込む重さにも思わず悪態をつく私でした。

P5210004
イヤガ谷東尾根に合流して一休み、

「暑いのう~、汗が止まらへん、もう堪らんわぁ~」

「トっちゃん、あんたがセットしたルートやんか!」

P5210005
イヤガ谷東尾根からの分岐点です。ここの木陰で一息つけました。やれやれもう一踏ん張りだ。

P5210006
中ノ壁の下降路には前ちゃんがセットした真新しいフィックスがありました。クラブで使った古い廃棄用ロープもここで有効再利用されています。

P5210007
太陽が山影に隠れるのを待ってクライミングを始めました。

気にはなっていましたが中ノ壁のブッシュ除去作業もここ何年はしていませんでした。

「ルートに木や草が茂ってスタンスもホールドも見えんがな、かなわんなぁ~」

近々にも整備作業をする事にしました。

これもアルパインクライミングやと言いながら楽しんでました。

P5210008

「ヨッシャ、もう一本登ったら今日は終わりにしようや」

その有り難いお言葉を待ってました。

P3130068

私がビレイ中に発作を起し手を離したら大変な事になります。今日は万が一に備えてビレイデバイスはオートストップの利くメガジュルを使っています。

「これで大丈夫や!安心して登ってくれ!」

使用するロープ径やクライミング内容でこの3種を使い分けています。

堡塁岩西稜で登攀中に心臓発作を起こして亡くなったクライマーも居ましたね。

こんな病み上がりにクライミングさせたり、テクテク歩きさせたり、トっちゃん、あんたは大した奴ですなぁ、別に深い意味は有りませんけどね。  ブツブツ・・・・・

本当に皆さんにはご心配をお掛けし、お見舞いのお言葉も多く頂戴し、感謝致しております。今のところはご覧の様に順調に回復しているようです。

体調を見ながら焦らず復帰を目指します。

有難う御座いました。

2017年5月16日 (火)

リハビリの日々(復帰を目指して)

5月合宿から帰った翌々日、5月7日(日)の23時頃の事でした。眠くなりリビングから自室へ戻ろうとした時、突然、胸にズッシンと痛みが走り、それが背中へ抜けた。痛みは両腕先にまで感じる激しさで私はその場にヘタリ込んでしまった。痛みに耐える私を見た家内は慌てて嫁いでいる元看護士の娘に電話したようです。娘も元プロですからこれは心筋梗塞、狭心症の症状だと判断して心臓循環器専門病院を探し出し状況を伝えたそうです。

時を置かず私は真夜中の病院へ運び込まれ心臓血管の専門医療チームによりテキパキとカテーテル挿入や血管拡張薬の投与などの緊急治療が施されました。健康診断でも何らの異常はなく健康面では圧倒的自信を持っていたのに、思いも寄らぬ6日間の入院生活を余儀なくされてしまいました。点滴やモニターなど多くの管や線を繋がれ身動きもならぬ我が身の惨めさ、心拍数を刻む電子音を聞きながら気力も完全に萎えていきました。

私とほぼ同時刻に搬送されてきた患者さんは隣りの集中治療室でしたが数時間後には顔に白いタオルが掛けられましたね。心臓病の緊急治療が一分一秒を争うものだと云うのを実感しました。

有り難い事に私の症状はバルーンやステントを使う程の重篤なものではなかったそうで治療は投薬と経過観察となるようです。しかし、心筋梗塞、狭心症の発作はいつ起こるか分かりません。血液検査でも心臓がダメージを受けた数値が出ています。今回はスパズム(血管の痙攣収縮)が起ったらしくて、冠状動脈の一部には狭窄があり動脈硬化もあって治療は長期化しそうな様相です。考えてみれば5月合宿の登山中に発症しなくて助かった、山中だったらそれも夜間だったら大事になるところでした。

これで遠征メンバーとして誘って頂いた来年のヒマラヤ登山も諦めざるを得ない状況となりました。計画を進める仲間には申し訳ないと云う気持ちで一杯です。我が人生で最後となったであろうヒマラヤは手の届かない遙か彼方へ夢と消えました。

5月12日退院する日、管理栄養士から食事制限に関する指導が行われましたが、殆んど右から左へ聞き流しでした。食べたい物を我慢するのが一番辛い、アルコールに関しては大酒は控えますと云う事で許可は出たがタバコは完全に止める事にしたのです。

やっと退院する事が出来ました。帰宅する途中で食った焼肉と生ビールが6日間に亘った味気ない病院食に耐えた我が胃袋に染み渡った。

止めるどころか家内も付き合ってジョッキで、

「カンパ~イ!」

馬鹿夫婦ですね。

P5140004
5月14日(日)クラブ雲峰の新会員を対象としたリードクライミングとリードビレイの研修会が神戸登山研修所で行われましたクラブ雲峰の次世代が行う講習をこの目で見たくて出掛けました。

P5140005
大谷、山下の両君の熱い指導が続き、参加者は熱心に聞き入っております。

トっちゃんと2人で後方から目を細めて眺めておりました。

「大谷君、バックアップのビレイでも何か手伝おうか?」

「結構です、ビレイ中にコロッと逝かれたら大変ですから・・・」

この日、私の出番はありませんでした。

やはり今の私は彼等から見れば、ただの老いぼれ病人なんですね。

P5160004
退院から4日目です。トっちゃんが私の復帰に向けてのリハビリメニューを用意したそうです。

「ザックのウェイトは5kg位にしとけ、その代わり水は2Lは持って来いよ」

私が行動中に摂取する水分量の少なさが今回の発症の誘因だと彼は指摘しているんです。

P5160005
リハビリとは修法ヶ原Pをスタート&ゴールとした周回コースを歩く事らしいです。

「これが君の言うリハビリかい!俺を殺す気かぁ、アカン、ブッ倒れる!ニトを用意しとかんと・・・」

P5160006

50年来の友情に感謝しつつ、涙してやって来たのに、トっちゃんは俺に止めを刺す気らしい。

修法ヶ原~分水嶺林道~森林植物園東門~桜谷~摩

耶山~天狗道~市ケ原~蛇谷~修法ヶ原

5時間のウォーキングでした。この日、無茶苦茶に調子が良かったんです。急登も楽々、足は軽い、息も上がらん、動悸も無く平地と変わらん、エンジンをオーバーホールした後みたいに快調なんです。キャブレターの詰まりを取ったから燃料がガンガンと流れたんかなぁ?次はゲレンデでクライミングをしてみよう、復帰に向けてマイペースでヒマラヤは夢と消えたが新たに目標を定め頑張りますわ。

2017年5月 7日 (日)

2017年5月合宿(立山連峰龍王岳)

2017年の5月合宿は5月3日~6日に掛けて立山連峰の龍王岳(2872m)で行われました。 

昨年(不帰、杓子)一昨年(西穂西尾根)と2年連続で雪不足でしたね。今年こそお願いしますわ!

Dscn1193

ご覧のように目指す龍王岳はタップリの雪で覆われておりました。

「良かったぁ~、これなら練習になりますわ」

Dscn1188
5月3日(水)03:00、立山駅に到着しました。何とか駐車場を確保しホンの少しだけ仮眠です。

GW真っ只中、立山ターミナルは人、人、・・・で溢れており06:00始発のケーブルなどにはとても乗れたもんじゃありません。乗車券を買うだけでも1時間の行列ですもんね。

何とか07:30の便にて室堂へと上がりました。いつもの事ながら外国人観光客が多く訪れ雪と戯れています。観光客を掻き分けるように雷鳥沢に向います。

予想通りテント場も多くの登山者が入っています。

Dscn1240_2
今回の参加者は8名、吉岡君をCLとして川畑君、芳村君、野村君、副島君、そして私、高ちゃん、トっちゃんがサポートで参加しています。今合宿は基本となる雪山の生活技術や雪上訓練、岩と雪のミックスルートを登攀するとメニュー豊富です。

雄大君は1日早く下山、副ちゃんは1日遅れて上がってきました。

高ちゃん、吉っしゃん、雄大君の3名はテント設営を終えると急ぎ龍王岳東稜へと向います。敢えてツェルトだけで今夜はビバークを体験するんです。

テント場でも副ちゃんと芳ッさんにはツェルトで寝てもらいました。これも経験です。

「高ちゃん、体が虚弱やのにアホな事したら風邪引くでぇ~」

「そやねん、俺は嫌や嫌やと云うたのにアイツ等がビバーク訓練すると言いやがんねん」

こうして本当に、着の身着のままでのビバーク訓練が行われたのです。

「一晩、震えながら耐えてな!明日は龍王のテッペンまで迎えに行ったるから」

Dscn1229

雪上訓練を雷鳥沢の側面で行っています。

スノーリング、スノービケットを使っての支点構築やビレイを反復して練習です。

Dscn1232_2

気温が上昇して雪が腐ってきました。雨具を着込んで滑り落ちていますが全身が濡れるのは仕方ありませんね。雪上訓練とは濡れるものです。

P5030005

もっと斜面が急で練習に良い場所もあったのですが上部に雪庇が張り出していて危ないなと感じた。案の定、翌日には大きく崩壊し巨大なブロックが散乱してました。

「練習で事故起こしたら洒落にならん、安全第一やもんね」

P5040011P5040012001

10:00頃には龍王岳山頂に着くよう行動を開始しました。一ノ越には向かわず浄土山の裾を巻くように富山大測候所へ上がります。

S__11509807

稜線に上がると龍王岳が正面に見えてきます。東尾根ルートを目で追って3人を探します。

P5040013

「居った、居った、頂上部の雪稜直下や、あれは吉っしゃんかな?」

オープンにしていたインカムから声が聞こえた。

「髙木さん、抜けました。どうぞ登って下さい」

雄大君の声でした。

S__11509780登攀を終え、頂上へ上がってくる吉っしゃんです。

「昨夜のビバークは寒かったぁ~、二度と御免ですわ!」

「これからもビバーク訓練は雲峰の伝統として継承してもらわんとなぁ~」

「ヒエェ~・・・・」

S__11509771

雄大君、高ちゃんも上がってきました。神戸から車を運転、そして昨夜のビバークと2日間は不眠不休で行動しています。実にタフな連中です。

「高ちゃんは私と同い年で古稀超えなんです。彼は化け物、怪物やね」

P5040024

カメラが故障してしまいました。龍王岳山頂での記念撮影、これが最後の1枚となり長年の愛用機は廃棄処分となりました。発色も異常なんでモノクロに変換しています。これも味が有って面白いよね。

東尾根パーティーの記録は「雲峰イズム」に掲示されていますのでご覧下さいね。

2017年5月 2日 (火)

悪友にシゴかれ続ける日々

5月2日から立山連峰の龍王岳での春山合宿が行われます。

7月にはトっちゃんと2人で剣岳6峰から八つ峰上部縦走を考えています。

滝谷や北岳バットレスも予定に上っており、オチオチして居れませんねん。

4月27日(木)平日の通勤ラッシュ時を外して、

「10時頃に阪急芦屋川に来いや、ザックは本番想定で15kg以上を担ぐで!」

鬼から連絡がありました。

Dscn4931_2

週末はハイカーで賑わうロックガーデンも人影まばらで静かです。風吹岩、雨ヶ峠、東おたふく山とハイキングコースを辿ります。風薫る五月、新緑が目に眩しい良い季節ですなぁ。

鬼は快調に歩を進めております。

「オーイ、待ってくれぇ~!」

Dscn4933_2

土樋割峠に下りて、最高峰へのルートを考えました。

「ダラダラ登りの七曲りは今回は止める、蛇谷北山を登ろうや」

「待てよ、黒岩谷の右岸の尾根に踏み跡が有ったぞ、あれ登ろうや、何処に抜けるか面白いやんか、行ってみよ!」

決定しました。

Dscn4934

この尾根は直登の連続です。痩せ尾根で所々に露岩があってシンドイ登りですが変化があり面白いルートです。

Dscn4936_2
尾根上にガレが堆積した場所があった、何処かが崩壊しているなと登って行くと、上部はこんな状況でした。崩れ続けていますが大きな崩壊は起らないようだ。尾根を登り笹薮の小道をトラバースすると一軒茶屋でした。

どうやら正式名は「黒岩谷西尾根」というらしいです。偶然出会った六摩会の肝っ玉母さんは

「クロちゃんが登って来た尾根は六摩ではドラゴンリッヂと言うてるで」

らしいですよ、それにしても久し振りに会ったお母さんはお元気でした。傘寿にして矍鑠としておられますわ。

Dscn4939_2
減った水を補給し、再び重くなったザックを背に全山縦走路をテクテク西に向います。

陽が西に傾き腹が減ったら今日の行動を切ってツェルトを被って寝るとしてました。杣谷峠近くに伐採後の適地を見つけストックをポール代わりにして張りました。

狭いツェルトに2人だと内蒸れが凄くてベタベタに濡れてしまいました。ユニクロのダウンとインナーシュラフだけで寝てましたが問題なし。

今回はモンベルが出しているドライ食料(リゾッタ)を喰ってみましたが良かったですよ。特に白飯はアルファー米より美味かったですよ。

Dscn4942

徳川道を下り、二十渉を布引へと向います。

「トっちゃん、ここはミニ上高地やで!河童橋と書いてあるわ」

よく見るとダム湖に大正池を思わせる立ち枯れ木まであるではないか!感性豊かな御仁が居られるようですね。

「オーイ、待ってくれ~!」

鬼は今日も元気です。

Dscn4944
4月30日(日)は菊水ルンゼで春山合宿に向けてのアイゼントレでした。

Dscn4946Dscn4948
午前中はルンゼにフィックスをセットしてガリガリとやっておりました。

「アカン!2000円分位は爪がチビてしもたがな!」

Dscn4949_2

菊水山西尾根を下降して場所を妙号岩に移し、4時頃まで登っておりました。今日の参加者は17名と大勢でワイワイガヤガヤと賑やかな事です。

「さて、明日からは休養して合宿に備えるわ、体が持つやろかなぁ」



























2017年4月18日 (火)

神戸市少年団六甲全山ミニ縦走&兵庫県山岳連盟定時総会

4月15日(土)08:00要請のあった須磨浦公園に向いました。今日は神戸市スポーツ少年団六甲全山ミニ縦走が行われます。私達はそのサポートメンバーとして参加するのです。

P4150012
早朝から保護者に連れられた子供達(小学校4年~5年生位)が集まってきました。その数83名と今まで私がサポートで参加した過去数回で最も多くの子供達です。

「今日は天気も怪しいし、時間と神経を使うぞ」

と覚悟しました。

P4150011
兵庫県山岳連盟(神戸登山研修所)からは大西ジュニア委員長と私そして声を掛けたらトっちゃんも快くサポートを引き受けてくれました。トっちゃんはボーイスカウトの隊長も務めていたし心強い援軍です。

今日の天候は不安定で雨に遭う公算が大です。雨になれば須磨アルプスは滑り、登山道も荒れますから助っ人は多い程有り難いんです。

P4150020
子供達がおらが茶屋の階段を下ってきました。この先、高倉台でトイレ休憩となりましたが私とトっちゃんはノンストップで300階段を登り先行して危ないと思われる地点で全員が通過するまでサポートします。栂尾山~横尾山~須磨アルプス間は雨の中の通過となりました。

「よりによって一番雨の降って欲しくない場所で雨かぁ~!」

P4150024
妙法寺小学校での休憩の間に高取山頂部に先行しました。最後の登りを頑張る子供達を叱咤激励するためです。

「疲れたぁ~、後どの位有るんですかぁ~」

「よう頑張ったなぁ~エライ、エライ!ここがゴールやぞ!」

全ての力を出し切ったような表情でしょ。

この子は副ちゃんの息子なんですよ

P4150028

高取山頂から2KM程の下り道です。また降り出した雨の中、ゴール地点の長田神社に15:30到着しました。行動時間は昼食休憩を含め7時間でした。

子供達は何名かが滑って擦り傷を負った程度で全員が大したトラブルも無くゴールしました。

P4150029

スタートとゴール地点には副ちゃんが来ておりました。息子の送迎をしているんです。良いお父さんをしていますなぁ。

「次回からサポート要請があったら副ちゃんを指名したるわな」

親子で歩けば楽しいぞ。

P4170042

神戸市スポーツ少年団六甲ミニ全山縦走は春と秋の年2回行われています。

Aコース 須磨浦公園~須磨アルプス~長田神社

Bコース  湊川公園~菊水山・鍋蓋山~新神戸駅

Cコース 新神戸駅~天狗道~摩耶山

この3コースに分かれて子供達は六甲全山縦走を行なうのです。

各コースを踏破すれば写真のバッヂが貰えABCと揃えば山並みが繋がります。

面白い企画ですよね。

サポートは神経を使いますが頑張る孫の様な子供達を見ていると楽しいですよ。

トっちゃんが言ってます。

「次も手伝うわ、俺もバッヂを3個貰うでぇ」

P4160034

翌4月16日(日)は兵庫県山岳連盟2017年度定時総会です。総会には連盟理事や加盟山岳会代表が出席しております。

P4160036
クラブ雲峰より役員改選で兵庫県山岳連盟理事に新たに加わった市川君です。市川君が所属する委員会は遭難対策・技術委員会です。

私は遭対技術、指導、ジュニア、サークルHMA, 自然保護(環境省委嘱の活動)と僅かこれだけの担当委員です。たったこれだけですわ!これだけ!

「市っちゃん、頼むよ、期待してるでぇ!」
P4160037

総会後の懇親会で下地のアルコールを入れて暖気運転、新年度初めての理事会を終え、それからが本番、延々と飲んでおりました。来週はサークルHMAの総会が待っております。それが終わったら春山合宿やし、この先も忙しい日々が続く。

2017年4月11日 (火)

確保(ビレイ)技術講習会

4月8日(土)神戸登山研修所で須磨労山主催のビレイ講習会が開催されました。

P4080057
サークルHMAからも10名が参加しています。ビレイ技術がクライミングで如何に大切なものであるかをシッカリと学んでもらえる貴重な講習会なんです。

P4080038

この日の講習会はクライミング理論の座学と実技が行われました。講師は西村指導員が務めています。登山で使用するロープの強度、落下係数、衝撃荷重を数値で示しながら講義は進んでいます。初めて聞く人には難解な内容ですが要するに墜落すれば如何に大きな力が支点、ロープ、人体に掛かるかを説明しているんですね。何百キロの衝撃が発生するのです。

クライマーは落ちないように壁を登って行きます。それでも墜落は起ります。そして落ちるクライマーは落下を自らの力で止める事は出来ません。止める事が出来るのはロープを握るビレイヤーだけです。クライミングが危険と背中合わせのスポーツであり、絶対に墜落を止める事がビレイヤーは求められます。ビレイ技術をシッカリと理解し修得してもらうために今日の講習会が開催されているんです。

P4080046
座学が終わり講習は実技へと移りましたが予報より早く雨が降り出してしまいました。ヤル気満々、屋外のウォールを使って雨中での講義です。クライミングで重要な支点の構築を学んでいる皆さんです。
2点間の角度差でアンカーに掛かる荷重が変化する、流動分散、固定分散のセット法も行われています。

P4080048

これが今日の講習のハイライトであるビレイ実技です。登っているのは墜ち役を務める根津さんです。彼の体重は77kgですから2~3m落下すると衝撃荷重は400kgを超えますね。講師が実際に墜ちて講習生にビレイしてもらいましたが体重差があればビレイヤーの身体は宙に引っ張り上げられます。

用意されたデバイスはATC、メガジュル、グリグリ、クリックアップ、アルパインアップなどです。これを全て使用して機能を検証しています。講習生は各デバイスを使用してビレイし特性を体感していました。

「何度も、墜ち役が大変やわ」

P4080050

この墜落は4mはあります。墜ち役を務められた講師はベテランクライマーです。素人なら下手すれば壁に激突します。

「俺なんか、恐ろしくて、よう飛ばんわ!

ビレイヤーは数百キロの衝撃に耐えて体を持ち上げられながらもシッカリと止めました。

P4080051_2
屋外ウォールでの実技講習は雨足が強くなったので中止し、3階の会議室に場所を移しました。コンクリートの梁にはハンガーボルトが打ち込まれていて雨の場合でも室内で実技が行えるようになっているんです。

P4080054
講習会は16時頃まで続けられました。本当に今日は有難う御座いました。須磨労山の皆様、そして講師の皆様、兵庫県山岳連盟サークルHMAを代表して、心より御礼申し上げます。

「本日の講習で学んだ事を肝に銘じて今後の活動に生かします」

P4090058
4月9日(日)須磨浦公園にやって来ました。今週末に神戸市少年団の小学生達のサポートで須磨浦公園から六甲縦走路を辿って長田神社迄のコースを歩く予定が入っています。その下見を兼ねて同ルートをトライアルで歩いて見る事にしたのです。須磨浦公園は桜満開で大勢の花見客で賑わっておりました。

P4090059
この日は桜も満開の日曜日ですから花の下は宴会場と化しています。宴の盛り上がりを横目で見ながら鉢伏山への階段を黙々と上がります。

P4090061
旗振山まで30分で到着、満開の梅の向こう眼下には根津さん達と渡って釣りを楽しむ須磨沖一文字防波堤が並んでいます。最近、須磨海岸の養浜遠浅工事が進んでおり埋め立てられいるのが、ここから良く見えます。

「この工事の影響で釣果が下がったんやわ」

P4090062

この日、多くのハイカーが須磨アルプスを訪れていました。私は環境省の委嘱国立公園レンジャーですのでこうして登山道を歩くのも職務みたいなもんです。登山道の点検、ゴミ拾い、食事中のハイカーにもゴミや残飯持ち帰りをお願いしたりします。

高取山の登りは結構応える、高取神社までの30分で一気に汗が噴き出したね。

表参道の長い階段をトコトコ下り、長田神社へ向いました。

「神社の辺りにエエ飲み屋は有ったかなぁ?ビール飲みた~い!」

«2017年クラブ雲峰総会(ムラソイ釣りもね)

フォト

ブログリンク

  • クラブ雲峰ホームページ
    神戸を拠点として活動する創立50年を超えるクラブ雲峰のホームページです。
  • 遠征プロジェクト
    海外遠征を目指し頑張っているナベちゃんの活動が掲載されています。
  • 雲峰イズム
    クラブ雲峰の未来を担う現役組が運営するブログの開設です。ぜひ一読下さいね。
  • 会員掲示板
    クラブ雲峰の会員用掲示版です。 山行計画、連絡事項、ご意見、ボヤキを自由に 書き込んで下さい。
  • クラブ雲峰
    2007年にブログを開設して2012年までの記事を掲載しております。
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック